【28年ぶり 誌面上の再会】
文楽人形の家
(大阪府大阪市 M邸)
先日、週刊誌の「私のすまい」というコーナーで、家に関するコラムを見つけました。
その号(125回目)の家は、文楽人形遣いの桐竹勘十郎さんのすまい。
桐竹勘十郎さんのお宅は、今から28年前の1987年に独楽蔵で設計した住宅でしたので
28年間の暮らしの様子を教えていただいたような気がして、とてもうれしい気持ちになりました。
(下の写真は、竣工当時のものです。)




稽古場:襖を開けると、左側の壁はカガミになっています。
 
稽古場





家族の場

家族の場
小屋裏こどもゾーン
籠もり部屋へのハシゴ

玄関
籠もり部屋

   


HOME