【礼儀・作法の観点から玄関を考える】

 

夕方、打水と盛塩の清めを済ませて、客を待つ料亭の玄関。テレビの時代劇などでは、十手持ちが切火に送られて出て行きます・・・。

玄関は家(ウチ)と社会(ソト)との境界部分。接点であるという意味合いから発生した験担ぎ(げんかつぎ)や厄除けの風習の一例です。また、社会の一員として必要な作法やけじめなど、境界で気持ちを切り替える役割を持っていたのが、玄関ともいえると思います。

最近では、心があらたまる場所や習慣がめっきり少なくなりました。自由に暮らし、生きることが度を過ぎてしまうと、社会や家庭などの親しき仲にも、多少の礼儀やけじめがあったほうが、豊かな日常を過ごせる気がします・・・。

昔の玄関は、今と比べると粗末なモノでしたが、誰来るとはなしでも、水盤に花が生けられたり、清潔な佇まいが行き届いていました。リビングやキッチンなど、他の動的な空間とは対照的に、明かりも抑えられ、佇まいも整頓されて音もない静かな空間・・・。

お客さんが来れば、両膝をついてご挨拶をしたり、子供は高い玄関框の上から手を伸ばして靴を揃えていました。また、何かのはずみで玄関框に傷をつけたり、泥足で室内に入ると、親からしぼられたモノです・・・。

いらっしゃるお客さんのほうも、自分の身だしなみが乱れていないか・・・、靴の裏の汚れは大丈夫か・・・自然と確認してしまう・・・。背筋がピッと伸び、身が引き締まる気がするような気持ち。玄関建具の開け方にしても、心情的にソロソロなってしまいそうです・・・。


川越|家づくり|独楽蔵
川越|家づくり|独楽蔵

川越|家づくり|独楽蔵 川越|家づくり|独楽蔵


独楽蔵ホームページ TOPページ



コラム TOP ページ