家は故郷


崖を下ると家が途切れ、浅瀬を渡るとレンゲの原っぱと畑が段々になり、
畦道がくねりながら丘を登っていった。
清水が滲み出る赤い砂利場を掘ると沢ガニがよく捕れたっけ・・・。

ボクはずっと同じ場所に住んでいて、町内の皆さんもそうだから、
子供の頃、優しくしてくれたおじさんやおばさんも、まだ、健在だったし、
お嫁に行ったお姉さんや、一家を構えて出て行ったお兄さんたちも、
たまに帰ってくると、塀越しに顔を覗かせてくれた。

人は誰でもふるさとがあって、それが風景だったり、
味覚だったり、幼友達との思い出だったりするが、
その糸をたぐっていくと、いつのまにか、ひとつ屋根の下で暮らす家族や、
我が家の佇まいにたどりついていく。

日本全国津々浦々、
さまざさま暮らしを掘り起こして、家というカタチにしてきたけれど、
まだまだ、ふるさとの素は無限だ。

家族愛、子供大好き、春夏秋冬。
ペットにスポーツ、食べる、飲む。
学ぶ、働く、朝昼晩。
行事、作法に道理、道楽。
空や星や夕焼けだって・・・。

自分サイズで創るふるさとって、どんなだろう・・・。

その豊潤な世界を巡ってみよう。
きっと、素材や性能だけで終わらない、より悠々とした
住まいのカタチが見えてくるだろう・・・。




HOME