双柳の家(埼玉県飯能市)

飯能市
リビングには掘りごたつと薪ストーブ 賑やかな二世帯住宅です。

二世帯住宅
長さ約1800mmの掘りごたつ 家族全員がゆったり集まることができます。こたつの櫓は夏でもスッキリと使用できるようにオリジナルの制作で、掘りごたつ内部は側面、床面とも床暖房付。
上がり座敷の奥は、お仏壇の収納スペースになっています。


無垢材
床は杉の無垢材、150mm×15mm。無塗装品なので現場でワックスをかけました。

掘りごたつ

造り付け
軽い食事や家事などをするためのミニテーブル。いっぽん足の造り付け。

西川材
薪ストーブは火の粉が飛んで床が焦げたり、薪や灰で床が汚れたりします。
ですから耐久性や汚れを考えて、石(玄昌石:げんしょうせき)の張り方をデザインしています。


工事途中で床材の打ち合わせ
お客さんのご希望が国産の無垢材でしたので、いろいろ検討中。
同じ材種でも、幅、厚み、節の有無、塗装などで表情が変わってきます。

杉の上小(小さい節があるもの)と節有りのサンプル


杉無垢材

自然素材
南側外観 外構の工事途中ですいません。


おばあちゃんのための小リビングと寝室  物入れの上部は神棚になっています


さわりたくなる床
家族全員でパチリ!
ちなみに工事途中のためガラスが入っていません。あしからず・・・。





HOME