太宰府の住宅
(福岡県太宰府市 松尾+永井邸)

祖父母+両親+娘夫婦+孫二人 4世代家族のための住宅です。
祖父母が暮らしていた母屋の解体に伴い、既存の住宅(10年前独楽蔵で設計)に祖父母のスペースや仏間を増改築
家の中心に薪ストーブのある大きな土間+デッキテラス(共用・パブリックスペース)を配置し既存部分と増築部分をつなげました。


太宰府の家
10年前に作った「家族の場」(リビング) +お父さんのワークスペース
4世代の家

「家族の場」上がり座敷    冬はこたつスペース
庭とデッキテラス

独楽蔵

薪ストーブ
既存の住宅と増築部分をつなぐ土間スペース(共用スペース)

新規アプローチ 姉と弟 既存アプローチ
独楽蔵
既存玄関ポーチ 既存玄関


台所のカウンター:勝手口(奥)食器庫(右)神棚(手前)

親子3世代 棚造り付けの食器庫 食器棚の乾物
親子3世代 10年前新築した住宅と今回増築の床(同材)パッチワーク
お父さんのワークスペース(奥は土間スペース) お母さんのワークスペース


4世代 テラスでバーベキュウ  

建物リストに戻る

10年前の松尾邸 イラスト計画案はこちら

HOME