【あれから10年】お客様からの便り


10年前に独楽蔵で「家づくり」をされたお客様から近況のお便りとお写真が届きました。
とっても嬉しかったので、ご紹介・・・。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
こんにちは。Kです。

ご無沙汰しております。皆さまお元気で過ごされていますか?子供達含めこちらは皆元気に過ごしております。

2007年11月に我が家が完成して、気がつけばちょうど10年となりました。
あっという間の10年で、振り返ればいろんなことが凝縮していました。
当時は子供二人とも保育園児でしたが、小学校に上がり上の子は中学校に入って今年は受験生となり、
「勉強、勉強」とお尻を叩かれています。

身長も随分と伸びて、お兄ちゃんはすでにお母さんを追い越して、お父さんを追い越すのも時間の問題です。
一番大きな出来事は2013年の東日本大震災でしょうか?

職場での避難が解除されてからすぐに飛んで帰りましたが、子供達にも何事もなく安堵しました。
弟は余震でガタガタするのが怖く、その日は車中で過ごしました。
家の方は食器が少し落ちたのと外の物置がずれ、薪だなの薪が崩れた位でした。

後日、ストーブの煙突掃除で気付いたのですが、あの重たいストーブが2cmほどずれていました。
(煙突のセンターがずれていて気付きました)

子供の成長と共に家も年季が入ってきました。次の10年後はどうなっているでしょうかね。
子供達は巣立って寂しくなるか、逆にもっと賑やかになっているか?家は静かに見守っていることでしょう。

冬は薪ストーブだけで過ごしています。
色んなところに声を掛けたりしていますので、薪自体は切らすことはありません。
造園屋さんが大量に原木を持ってきてくれることもあります。

鉄骨を買ってきて切断、溶接して薪だなも作成しました。
サラリーマンですので、休日にコツコツと色んな作業をしています。
山にも行きたいので、作業は思うよにはかどりませんが、時間短縮のため、3年ほど前に薪割り機(トラクター)を購入、
一気に薪割がはかどりました。

裏の山林の整備で伐木する事もあるので、「大径木の伐木作業等特別教育」の資格も取りました。

広い敷地ですので、草刈りや樋の掃除(裏が山林なので)、薪ストーブを使うのは、薪集め、薪割、棚への運搬や薪くべなど、
生活するにはいろんな苦労が必要ですが、楽しくできています。ですので、休日はTVを見ながらダラダラ過ごすことはありません。

あれもこれもしたい、という具合に毎日を過ごしています。

それでは!




わたしの返信

その後の暮らし TOP

HOME