埼玉県入間市の新築木造住宅/リフォームは建築設計事務所・独楽蔵へ

夜から雨です。湿度ってインフルエンザの感染力に関係あるの?

雨に濡れるアトリエのエントランスポーチの中古枕木のデッキ

加湿はインフルエンザの予防に重要!

夜になって久しぶりに雨。ずーっと埃ぽかった事務所も、ちょっと、しっとりしました。冬の平均湿度は約30%前後らしいですが、空気が乾燥していると、ウイルスはホコリと共に舞い上がり、人に感染しやすくなるそうです。加湿し水分量が多いと、ウイルスは浮遊することができず活性も低下。

インフルエンザウイルスの生存率は、温度22℃、湿度20%では60%以上が生存しているらしいです。 雨で、湿度が上がってインフルエンザの感染力や火事などが弱まれば・・・、といいなぁ・・・。

関連記事:【中古枕木のデッキテラス】アトリエ エントランスポーチ

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

今年の落ち葉を片づけるために、昨年作った「落ち葉堆肥(落ち葉)」を搬出。

今年の落ち葉を片づけるために、昨年作った「落ち葉堆肥(落ち葉)」を搬出。の画像

今年の落ち葉を片づけるために、昨年作った「落ち葉堆肥(落ち葉)」を搬出。

埼玉県入間市にアトリエを構える建築設計事務所 独楽蔵 KOMAGURAのページです。アトリエの庭の雑木から毎年、大量の落ち葉が落ちます。落ち葉は、捨てるのも忍びがないですし、袋詰めするのにも手間がかかるので、毎年、一ヶ所に集めて、落ち葉堆肥を作っています。今年も落ち葉の季節がやってきて、落ち葉を集める場所が必要になったので、去年の「落ち葉堆肥」を搬出します。

【屋上(人工地盤)の芝庭にあるヒノキの露天風呂】建築設計事務所のアトリエ

【屋上(人工地盤)の芝庭にあるヒノキの露天風呂】建築設計事務所のアトリエの画像

屋上(人工地盤)の芝庭にあるヒノキの露天風呂

アトリエの屋上の芝庭は、庭の雑木に囲まれていたり、周囲は市役所やオフィスの建物なので、あまり人目につかない、周りから見えない空間です。

アトリエの木々の蒸散作用(埼玉県入間市の設計事務所の環境)

アトリエの木々の蒸散作用(埼玉県入間市の設計事務所の環境)の画像

アトリエの木々の蒸散作用(埼玉県入間市の設計事務所の環境)

連休の中日の土曜日。アトリエの前の通りは、車も少なく、とても静かです。ちょっとした打ち合わせがあったので、事務所にやってきました。外は長袖のシャツ一枚でちょうどいい陽気ですが、事務所の室内に入ると、ひんやりしてもう一枚上着を羽織りたくなります。