google-site-verification=RB_w4ef3SXJJEi-9-k0M8x7-c_pO4fsLtCJ6THkgXI8

【ムカデには切なさがある】

【ムカデには切なさがある】

今朝、久しぶりに家でムカデを捕まえた。家族が見つけると大騒ぎになるので、隠れて静かに火ばさみで掴みました。かなり大きなムカデで、全身黒光りしています。

1週間くらい前に、やはり黒くて大きなムカデが、玄関扉に挟まって死んでいました。なんとなく、つがいのかたわれが探しに来るかも・・・と思っていたので、やっぱり来たね。

雄雌の区別がわかるような知識もないので、こっちのほうが少し大きいから、勝手に旦那を捕まえたような気になっています。

経験上、ムカデは一度遭遇すると、数日中に複数見ることが多いので、昔からよく聴く「ムカデのつがい伝説」を信じてしまいますが、実際はそんなことはないらしい。

他の虫には、あまり感じませんが、そういう俗説みたいなモノが意識に擦り込まれてなのか、カタチや動きからなのか、やっぱりムカデをみるとちょっと切ない気持ちになってしまいます。なんで切なくなるのかは、わからないけど・・・。

もちろん、ムカデ自身に感情や家族意識などないだろうけれども、ムカデの気持ちになって、勝手に感情移入してしまう日本人って不思議ですね。

ですから、彼は庭に逃がしてあげました。「奥さん死んじゃってごめんね。」火ばさみで掴んで安心なので、近くでマジマジとみると、配色も色艶も、そしてフォルムもキレイな身体だなぁと思います。戦国時代に兜や甲冑にデザインしたくなる気持ちもよくわかります。強そうだし・・・。