オススメの小説

「椿宿の辺りに 梨木香歩」 読了

梨木香歩さんの五年ぶりの長編らしい。帯を読むと、神様や風土、民俗学的な雰囲気がしたので、「うみうそ」的な感じの本かと思って買ったのですが、かなりコミカルな感じのお話でした。「家守綺譚」や「冬虫夏草」のほうに近い感じがします。

梨木香歩さんの本の中では「うみうそ」が一番好きなのですが、こういう感じも大好きです。なんとなく梨木香歩板「千と千尋の神隠し」って感じがしました。お話の内容が、まだ、読んでなかった以前の小説「f植物園の巣穴」とリンクしていて、こっちも続けて読んでしまいました。こちらも読後感がすっきりで、気持ちがいいです。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top