【民家の改造】 (以前の間取りと用途を残しながら・・・)

【民家の改造】 (以前の間取りと用途を残しながら・・・)

以前にリフォームした家族のLDKやプライベートルーム、通用口が別にある住宅なので、続き間の和室は、客間、仏間として間取りと構造材はそのままで(もちろん構造補強と断熱材は施工)、建具や仕上げの部分をリニューアル。

仕上げが新しくなると、差し鴨居や大黒柱、梁、上がり框など昔からの構造材が、より立派に見えます。