行水:失われたボールを求めて

高麗川で行水:失われたボールを求めて

前日の雨があがって、気持ちよく晴れた日曜の午後遅く、たくさんの自転車軍団が現れました。クラブ活動終わりの中学生男子です。今日は暑くてくたびれたので、川遊びをすることにしたそうです。

「家の中で着替えれば…」と言っているのに、外のデッキで、裸&ふりちんになって、着替え終わるとそのまま川へ。みんな着替えを持っているみたいで、用意周到です。

高麗川は、昨日の大雨で、今日は増水気味。水温もかなり低くて、暑いのに寒そうですが、水鉄砲やボール(友達の)で遊んだり楽しそうです。

「もっと上流で、ボール投げないと流されちゃうよ・・・」と教えようと思ったら、案の定、目の前をボールが流れていきました。今日は水が多いので流れるのも早いなぁ・・・。そういえば、我が家にあったボールも、これまでにたくさん流れてるのを見送ってきました。

みんな下流に向かって探しにいこうと走り出しましたが、「今日は、危ないからダメ!」と止めて、わたしだけ自転車に乗って、上から下流に探しに行きました。

自転車で少し下流に下るとボールは運良く、大きな岩の手前の淵で、クルクル回って留まっています。いろいろと試してみましたが、水量が多くてたどり着けません。翌日に持ち越しです。次の日まで、ボールあるかな・・・。

今朝、ボールがあることを確認して、水量も平気そうなので、放課後、川をまたいで、息子に取りに行くように託しました。

無事にGETできたようです〜。あ〜よかった。よかった。こういうことが結構、楽しい。