埼玉県日高市の新築木造住宅/リフォームは建築設計事務所/独楽蔵へ

【高麗川で川遊び(行水)】 流れていったボールを探しに

前日の雨があがって、気持ちよく晴れた日曜の午後遅く、たくさんの自転車軍団が現れました。自転車、計8台。我が家の長男とクラブ活動終わりの中学生男子たちです。今日は暑くて部活でくたびれたので、みんなで高麗川で川遊びをすることにしたそうです。

高麗川に面した庭のデッキで着替え

「家の中で着替えれば…」と言っているのに、庭のデッキで、裸&ふりちん(死語かなぁ)になって、着替えています。みんな着替えを持っているみたいで、さすがに用意周到です。

今まで、我が家のサッカーボールは、たくさん高麗川を流れていきました

高麗川は、昨日の大雨で、今日はちょっぴり増水気味。水温もかなり低くて、暑いのに寒そうですが、川底の泥や藻が洗い流されて、水はきれいになりました。水鉄砲やボール(友達の)で遊んだり楽しそうです。サッカーボールで遊んでいるので、「もっと上流で、ボール投げないと流されちゃうよ・・・」と教えようと思ったら、案の定、目の前をボールが流れていきました。今日は水が多いので、普段より流れるのも早いです。そういえば、我が家にあったボールも、これまでにたくさん流れてるのを見送ってきました。

みんな下流に向かって、川の中を歩いて探しにいこうと走り出しましたが、「今日は、危ないからダメ!」と辞めさせました。わたしだけ川からあがって自転車に乗って、川の脇の道から下流に探しに行きました。自転車で少し下流に下ると、ボールは運良く、大きな岩の手前の淵で、クルクル回って留まっています。いろいろと試してみましたが、水量が多くてたどり着けません。翌日に持ち越しです。

次の日の朝、同じ場所にボールが留まっていました。前日から水量も少し減って、渡っていけそうです。その日の放課後、川をまたいで、息子に取りに行くように託しました。無事にGETできたようです。あ〜よかった。よかった。こういうハプニングが結構、楽しい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、庭づくりや古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

この家の紹介ページはこちら↓
WORKS:川と共に暮らす 高麗川沿いの木造一戸建て(埼玉県日高市)

関連ブログ:【高麗川からお風呂に直行できる家】設計事務所の愉しい家づくり

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なりの画像

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

完成した新居を引き渡す日は、お客さまはもちろん、私にとっても感慨深い瞬間です。なかでも小さなお子さんが、家中を走り回ったり、無垢材の床に寝転がったりと、五感をフルに使って家を楽しんでいる様は、見ているこちらまで心が躍ります。

【10月の暮らしの相談デスク】は『暖(薪ストーブ)のつどい』

【10月の暮らしの相談デスク】は『暖(薪ストーブ)のつどい』の画像

【10月の暮らしの相談デスク】は『暖(薪ストーブ)のつどい』

11月の暮らし相談デスクは、11/12(土)です。少し、肌寒くなって、暖房が恋しくなる時期です。「暮らし相談デスク」のテーマは「暖のつどい」。火にまつわるお話をメインに、建築のご相談に対応させていただきます。実際に店内にも、薪ストーブや火のツールなどがあったほうが、いいのではないかと思って、アイテムをお借りできないか薪ストーブの専門店「東京ストーブ(下高井戸)」のショールームに先日、ご相談に行ってきました。「東京ストーブ」さんには、設計した住宅や施設に薪ストーブを導入する際に、いつもお世話になっています。

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』の画像

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』

次回の「暮らし相談デスク」は、9/3(土)。今回のテーマは「ものを飾りたくなる壁の仕上げ」についてです。インテリアを考える上で、壁の素材や色は、空間の印象を決める大切なアイテムのひとつです。一般的な住宅の壁は、クロス(壁紙)で仕上げる場合が多いのですが、その他にも、板や合板(ごうはん)、漆喰(しっくい)やタイルにペンキ仕上げなど、さまざまな選択肢があります。今ある壁を少し見直してあげると、より心地よく、自分らしい暮らしの風景が見えてくるかもしれません。