アサギマダラ(蝶)の南下

【ラジオドラマの主人公と一緒に長距離ドライブの旅】帰省とアサギマダラ(蝶)

お盆休みは、子どもたちを連れて、埼玉から鳥取の米子に帰省しました。片道約750km、車でドライブの旅です。出かけた日は、午前中が仕事だったため、昼過ぎ夕方近くの出発になりました。子どもたちが、もう少し小さかった頃は、車中で数分おきに「あとどれくらい?」と何度も聞いてきたり、しりとりなどを強制されたり、とてもうるさいので・・・、家で夕食とお風呂を済ませてから、夜遅く出発していました。子どもたちは、後ろの座席をフラットにして、寝袋で静かにお休みタイムです。

でも、運転はやっぱり昼のほうが走りやすいですね。最近は、小学生になった子どもたちは、後部座席で静かにマンガを読んでいます。出発の時間も中途半端だったせいか?高速道路もスムーズで快適です。今回の旅は、NEXCOの渋滞予測ガイドが割と正確で、とても役に立ちました。

長距離のドライブには、落語のCDやラジオドラマが、いい気分転換になります。ラジオはその土地土地で、周波数の合う地元の放送局を。ちょうど、新名神の鈴鹿あたりを走っているときに、チューニングしていた地元のFMからラジオドラマが流れてきました。

ラジオドラマの主人公と一緒に長距離ドライブの旅

雑誌のライターの主人公(女性)が、日本から台湾あたりまで、「渡り」をするという「アサギマダラ(蝶)」を追いかけて、バイクで、道路を南下しながら一人旅をするというようなストーリーです。なんだか気分は、その主人公と一緒に「アサギマダラ」を追いかけて旅をしている気持ちになります。ラジオのおかけでスムーズに宝塚まで・・・。

姫島(大分)のフジバカマの花とアサギマダラ

アサギマダラは、姫島(大分)に自生するスナビキソウの蜜をもとめて、5月上旬頃から6月上旬、南の地から飛来し、姫島で休息したのち、涼しい北の地に向かって飛び立ちます。10月中旬頃、その世代を交代した蝶が、北から暖かい南へ向かう途中で、姫島に生えているフジバカマの花の蜜をもとめて、再び姫島で休息するそうです。

以前から姫島には、一度行ってみたいと思っていましたが、こんな楽しみもあるんですね。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、オフィスや古民家、中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なりの画像

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

完成した新居を引き渡す日は、お客さまはもちろん、私にとっても感慨深い瞬間です。なかでも小さなお子さんが、家中を走り回ったり、無垢材の床に寝転がったりと、五感をフルに使って家を楽しんでいる様は、見ているこちらまで心が躍ります。

【10月の暮らしの相談デスク】は『暖(薪ストーブ)のつどい』

【10月の暮らしの相談デスク】は『暖(薪ストーブ)のつどい』の画像

【10月の暮らしの相談デスク】は『暖(薪ストーブ)のつどい』

11月の暮らし相談デスクは、11/12(土)です。少し、肌寒くなって、暖房が恋しくなる時期です。「暮らし相談デスク」のテーマは「暖のつどい」。火にまつわるお話をメインに、建築のご相談に対応させていただきます。実際に店内にも、薪ストーブや火のツールなどがあったほうが、いいのではないかと思って、アイテムをお借りできないか薪ストーブの専門店「東京ストーブ(下高井戸)」のショールームに先日、ご相談に行ってきました。「東京ストーブ」さんには、設計した住宅や施設に薪ストーブを導入する際に、いつもお世話になっています。

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』の画像

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』

次回の「暮らし相談デスク」は、9/3(土)。今回のテーマは「ものを飾りたくなる壁の仕上げ」についてです。インテリアを考える上で、壁の素材や色は、空間の印象を決める大切なアイテムのひとつです。一般的な住宅の壁は、クロス(壁紙)で仕上げる場合が多いのですが、その他にも、板や合板(ごうはん)、漆喰(しっくい)やタイルにペンキ仕上げなど、さまざまな選択肢があります。今ある壁を少し見直してあげると、より心地よく、自分らしい暮らしの風景が見えてくるかもしれません。