デザインや使い勝手の耐久性について考える

デザインや使い勝手の耐久性について考える

材料は、「木・土・砂・草・紙」、すべてが自然素材の空間です。「ガラスは違うじゃないか!」という声も聞こえて着きそうですが、原料が珪砂・ソーダ灰・石灰ということで、大目に見て下さい。

建てられてから、すでに100年経過した建物です。「耐久性」というと、材料の「丈夫さ」や「劣化しにくさ」などの物理的な側面で語られることが多いですが、デザインや使い心地などで、普遍性があることも、ある意味「耐久性」がある材料だといえると思います。

日本では千年単位で使用している材料なので、すごい「耐久性」です。(ガラスは違うけど・・・)

現在では、それに加えて「サステナビリティ」、環境・社会・経済の観点に対して、持続可能な材料かどうかも、大きな意味での、地球環境の「耐久性」の観点から検討する必要があるかもしれません。