マリア・アルゲリッチとステファニー・アルゲリッチ

マリア・アルゲリッチのドキュメンタリー映画『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』を見ました。

『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』はマリア・アルゲリッチのドキュメンタリー映画。久しぶりに、煙草をかっこよく吸う女性を見た。映像の中の彼女は、70歳。肩まで伸ばしたロングのシルバーヘアーの、たっぷりとした老婦人だが、びっくりするぐらいキュートで、少女のよう・・・。真剣にそう思って言っているのか、本当のところはよくわからないが、詩的で美しい。

「音楽」は恋人であり、パートナーであり、同士

は、それぞれの結婚でもうけた3人の娘と、彼女。付かず離れずの微妙な距離感の暮らしは、これまた不安定な「音楽」を基盤として成立している。彼女にとって、「音楽」は恋人であり、パートナーであり、同士でもあるが、その関係性に安らぎがあったり、共感できたり、到達できるものでもないらしい。

邦題は「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」。まさに映画の内容を表している題名ですが、元々の原題は「Bloody Daughter(いまいましい娘)」。この映画の監督である三女が、父親から呼ばれている愛称だそうだ。彼曰く2人の複雑な関係性を愛情を込めて、そう呼んでいるらしい。母親のドキュメンタリーにその題名を使うところもちょっとひねくれた家族の関係性をよく表しているなぁと思いました。

先日の水戸の旅は、一応ここで着地。

関連ブログ:久しぶりに水戸芸術館に行って思ったこと
関連ブログ:『マチネの終わりに』とステファニー・アルゲリッチ(水戸芸術館にて)

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

「大嘗宮」から「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」に変更

「大嘗宮」から「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」に変更の画像

「大嘗宮」から「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」に変更

今日は、雨の中、皇居で一般参観になっている『大嘗祭』の舞台の大嘗宮を見に出かけたのですが、入場は15:00までだったようで、残念ながら入れませんでした。ちゃんと調べておけばよかったです。予定では、皇居を通り抜けた後に、竹橋まで歩いて見に行こうと思っていた東京国立近代美術館に、直接行くことにしました。

今日のランチは、acht8で、堀道広さんのイラストや漆の作品、「パンの漫画」を見ながら、ハンバーガー

今日のランチは、acht8で、堀道広さんのイラストや漆の作品、「パンの漫画」を見ながら、ハンバーガーの画像

近所のacht8(アハト)で、堀道広さんのEXHIBITION FORM

今日のランチは、近所のacht8(アハト)で、堀道広さんのイラストや漆の作品、「パンの漫画」を見ながら、ハンバーガーをいただきました。堀道広さんの「パンの漫画」。初めて読みましたが、堀道広さんのパンへの、変態的なものすごい愛を感じて笑います。2種類あったハンバーガーもおいしかったです。

おすすめのSF小説『三体』劉慈欣 読了

おすすめのSF小説『三体』劉慈欣 読了の画像

おすすめのSF小説『三体』劉慈欣 読了

話題の『三体』読みました。SFを読むのは、かなり久しぶりな気がします。ちょうどNHKの「100分 de 名著」で小松左京さんが紹介されていて、何となくSFが読みたくなっていたので、とってもタイムリーでした。