【来所されるお客様のおもてなしの道具として】設計事務所の薪ストーブ

【来所されるお客様のおもてなしの道具として】設計事務所の薪ストーブ

今日は、午後からお客さんと店舗内装の打ち合わせがあるので、午前中から薪ストーブの火をつけて、半地下ホールを暖かくしています。独楽蔵のアトリエの薪ストーブは、デンマークのスキャン製。事務所と同じ年月、使用していますので約30年選手です。

煙突も今ではめずらしくシングルですし、扉の耐熱ガラスも何度も割れてしまったので、今ではガラスの部分に鉄板を入れて使用しています。ずいぶんくたびれてきましたが、まだまだ現役です。部屋も少し暖かくなってきて、天気も良くなり、気持ちのいい日になってきました。