おすすめのドキュメンタリー映画

観察映画 『港町』を見ました

想田和弘監督のドキュメンタリー映画『港』を見ました。物語の舞台は、タイトル通り「港町」。岡山県の牛窓です。監督自身が「観察」をキーワードにした「観察映画」というドキュメンタリーの作法によって、画面には、町で暮らす何者でもない普通の人々の生活の様子が映し出されます。

腰の曲がって、陸では、歩くことも話すこともおぼつかない高齢の漁師が、小さな漁船の上で、艪(ろ)捌く滑らかさや、網のロープを素早く結んでいく、巧みさ。漁協で競り落としたその魚を、流れるようにおろしていく町の魚屋さんの美しさ。軽トラに乗せた魚を個別に売り歩くお母さんとお客さんの何気ない会話。

映画の中で、何度も登場する老婆との、かみ合わない会話や、繰り返される同じ内容の話。一見、田舎によくいるタイプの、噂話好きで、意地悪そうな印象の女性ですが、彼女の話を繰り返し聞いているうちに、彼女が心細そうな少女のように見える瞬間があって、不思議な感じがします。

美しいモノクロームの映像は、時代を飛び越えます。宮本常一の民俗学の本で、古代や中世、近世、近代の集落の話を読んでいるような錯覚に陥りますが、これは紛れもなく現在のお話。

掘り下げていくことで、社会全体や日本が見えてくるということは、まさにこういうことだなぁと感じました。そこにあるのは、過去から現在まで脈々と繋がってきた日本人や社会の姿だし、登場しているのは私の祖父母であり両親であると思いました。今まで、続いてきた風習や社会も、この世代の寿命と共にそのつながりが、失われてしまうことに、やはり寂しさがありますが、それを記録しておくことの重要性を改めて感じました。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、オフィスや古民家、中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

「大嘗宮」から「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」に変更

「大嘗宮」から「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」に変更の画像

「大嘗宮」から「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」に変更

今日は、雨の中、皇居で一般参観になっている『大嘗祭』の舞台の大嘗宮を見に出かけたのですが、入場は15:00までだったようで、残念ながら入れませんでした。ちゃんと調べておけばよかったです。予定では、皇居を通り抜けた後に、竹橋まで歩いて見に行こうと思っていた東京国立近代美術館に、直接行くことにしました。

今日のランチは、acht8で、堀道広さんのイラストや漆の作品、「パンの漫画」を見ながら、ハンバーガー

今日のランチは、acht8で、堀道広さんのイラストや漆の作品、「パンの漫画」を見ながら、ハンバーガーの画像

近所のacht8(アハト)で、堀道広さんのEXHIBITION FORM

今日のランチは、近所のacht8(アハト)で、堀道広さんのイラストや漆の作品、「パンの漫画」を見ながら、ハンバーガーをいただきました。堀道広さんの「パンの漫画」。初めて読みましたが、堀道広さんのパンへの、変態的なものすごい愛を感じて笑います。2種類あったハンバーガーもおいしかったです。

おすすめのSF小説『三体』劉慈欣 読了

おすすめのSF小説『三体』劉慈欣 読了の画像

おすすめのSF小説『三体』劉慈欣 読了

話題の『三体』読みました。SFを読むのは、かなり久しぶりな気がします。ちょうどNHKの「100分 de 名著」で小松左京さんが紹介されていて、何となくSFが読みたくなっていたので、とってもタイムリーでした。