『三体』劉慈欣 読了

『三体』劉慈欣 読了

話題の『三体』読みました。SFを読むのは、かなり久しぶりな気がします。ちょうどNHKの「100分 de 名著」で小松左京さんが紹介されていて、何となくSFを欲していたので、とってもタイムリーでした。

先週末に買って、読み出したら止まんなくなった。物理の話とか登場人物の中国名とか、ちょっとややこしくて疲れたけど・・・、や〜おもしろかった。

中国で2008年に刊行されてから、2015年に英訳がヒューゴー賞を受賞。それからまた数年後の、2019年の7月に日本版がやっと刊行されるというこのタイムタグ自体も、現在の世界の流れや日本のスピード感をよく表しているような気もしました。

バラク・オバマ前大統領が在任中のインタビューで「とにかくスケールがものすごく大きくて、読むのが楽しい。これに比べたら、議会との日々の軋轢なんかちっぽけなことで、くよくよする必要はないと思えてくる。」と語ったらしい。

ちなみに、購入した本は、初版から発行3日目の2019年7月18日で、すでに4版でした。