【『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ読了】 埼玉の有機的な家づくり

【『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ読了】 埼玉の有機的な家づくり

前々から気になっていた本でしたが、中1の息子と本屋に行ったときに、めずらしく息子が、「これ読んでみたい」と言ったので、息子が先に読みました。本を読み終わった息子に「どうだった?」と聞くと、ネタバレのストーリーを話しそうな勢いだったので、「言わないでね」と言って、続けて私も読みました。

ちょうど、イギリスの7年生(中1)の主人公のお話なので、ピッタリだったかもしれません。イギリスの学校や社会のいいトコロや問題、格差など、中学生自身や親の目線から見ることができて、よくわかりました。書いてあることはイギリスの暮らしですが、同じようなことが日本でもたくさんあります。

中学生にとてもオススメですが、大人が読んでも、とってもたのしい本です。親子で同じ本を読んで、語り合うことができるって、とっても幸せなことだなぁと思いました。

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
コラム TOP