『俳句の海に潜る:中沢新一・小沢實』&『NHK:人類誕生』

『俳句の海に潜る:中沢新一・小沢實』&『NHK:人類誕生』

先日、NHKスペシャルで「人類誕生」の放送がありました。

第2回目は、身体能力や頭脳など大きな違いはなかったのに、

絶滅してしまったネアンデルタールと生き残ったホモ・サピエンス。
どちらかというと身体能力的にはネアンデルタール人のほうが優れていたらしいのですが
生き残ったのは、ホモ・サピエンス。

弱いがゆえに身につけた、集団性(社会性)よって、生き方が進化したからというお話でした。

かたや「俳句の海に潜る:中沢新一・小沢實」

俳句についての対談本なのですが、
俳句の成り立ちや文化的側面をアースダイバー的に掘り下げていくお話で
とてもおもしろい解釈です。

本の中で、宗教学者の中沢新一さんは、
新人(ホモ・サピエンス)が生き残った理由として、
宗教や芸術を作り出すことが出来たからだと語っています。

実際はネアンデルタール人も言葉を話していたらしいのですが、
彼らにはできなくて、ホモ・サピエンスには、なぜできたのか・・・。

論理的な言語から、詩や歌、宗教への飛躍。

考え出すと、とても興味深いお話です。

社会性(宗教・芸術)によって生き残った人類が、
現代においても宗教戦争をしたり、殺人を犯してしまうというのも、かなり逆説的な感じがします。

独楽蔵(設計事務所)ホームページ TOP
コラム TOP