入間市の設計事務所 独楽蔵 トップページ(木造新築/リフォーム/リノベーション)

住宅を中心とする建築と、その周辺の環境をデザインしている設計事務所です。奥武蔵野の緑豊かなアトリエで、五感をフルに使い、有機的な暮らしを実体験しながら、それぞれのお客さまにあった「暮らし」を考え、新たな空間をご提案しています。住まう方、一人ひとりが持つ心地良さや、ライフスタイル、これからの暮らしのイメージなどをお伺いしながら、その未来にふさわしい家づくりを考えていきます。

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造を問わず、新築、リノベーション、リフォーム、外構工事など対応可能ですので、お気軽にご相談ください。アトリエは、埼玉県入間市にありますが、創立1970年以来、川越市、所沢市、飯能市など、埼玉県西部地区を中心に、全国にたくさんの設計した空間を造っています。WORKSはこちら

設計事務所 独楽蔵 KOMAGURA について more

【はじめて家を建てるあなたへ】建築設計事務所 独楽蔵の家づくりの画像

はじめて家を建てるあなたへ

家を建てたい。そのきっかけは、実にさまざまだと思います。以前であれば、結婚や出産を機に、ひとつの〝節目”として、家をかまえるというイメージがありました。でも今は、もっと自由に、多様な生き方を選択するように、自分らしい住まいの在り方を見つける時代。家の中で過ごす時間が増えた今だからこそ、家づくりは、自分の今とこれからを描く、自由でかけがえのない物語です。
建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)の考える「家づくり」の画像

KOMAGURA が考える家づくり

「建築設計」とは、デザイン的に洗練された、見栄えの良い建物をつくることではありません。デザインするのは新築やリフォーム、リノベーションした先にひろがる、新たな暮らしや人生であって、建築そのものではないと考えているからです。住まう方がご自分らしい幸せのカタチを叶えるために、未来の暮らしをデザインしていった結果、その風景や空間を美しく、愛おしく、心地良く感じるのではないか。つまり“おしゃれな家”や“かっこいい家”がゴールではなく、“自分の人生っていいな”とか“毎日の暮らしが楽しくなったな”と思っていただけることが、家づくりのゴールと考えています。素敵に見せたいのは暮らしている「人」であって、建物ではないということ。着た方の魅力を引き出すようなオーダーメイドの服や、ホテルのコンシェルジュが宿泊される方のご要望に応えて、旅が楽しくなるようなお手伝いをする。そういう感覚に似ているかもしれません。「家づくり」もまた、視覚だけで判断できる単純なものではなく、実際に五感で体感するものだと思います。あなたの好きなことや、寛げる時間。イメージする未来だとか、ちょっと迷っていることなど。一見家づくりとは関係ないことをシェアしながら、あなたらしい家づくりの物語を、共に紡いでいけたらと思っています。

WORKS(設計事務所の仕事)

木造新築住宅、住宅のリフォーム/リノベーション、店舗設計やこども園、クリニックなどの施設建築など、過去の事例集です

イラスト計画案&その後の暮らし

住宅や店舗などが完成する前(計画の段階)のイメージ&コンセプトのイラスト。建物が完成した後の暮らしや佇まいの様子です

ブログ(設計事務所の仕事や日常) more

家づくりのために、現地で物件を見ながら購入のためのアドバイスの画像

家づくりのために、現地で実際に物件を見ながら購入のためのアドバイス

メールで、土地のご購入を検討されているご家族から連絡がありました。現在、家づくりのための敷地を探している段階で、ちょっと気になっているという物件があるということで、一緒にその物件を見てくれないかというご相談でした。プロの視点から、実際の物件(土地や建物)を見て、客観的にどう感じるかアドバイスがほしいとのことです。

完成後の暮らしの様子 more

完成から21年経過した日本瓦の住宅の佇まいの画像

完成から21年経過した日本瓦の住宅の佇まい

入間市内の敷地の調査に行った帰りに、その場所のご近所にあるMさんのお宅に久しぶりに寄り道することにしました。アポイントを取らずに、お邪魔すると、タイミング良くご夫婦が在宅されていました。
【特集 伝統工法と和モダン】築120年の米倉を「暮らす蔵」に改修の画像

【特集 伝統工法と和モダン】築120年の米倉を「暮らす蔵」に改修(完成から1年経過)

坂戸市の明治期に建てられた築120年の米倉を「暮らせる蔵」に改修した事例が、「雑誌 チルチンびと」特集 【伝統工法と和モダン】
のページで、掲載されています。

暮らしnote:KOMAGURAが設計した新築木造住宅に住む生活者から見える暮らし more

【設計事務所が建てた家に暮らすひとの日常】家族を見守る玄関ポーチのウッドデッキの画像

【設計事務所が建てた家に暮らすひとの日常】家族を見守る玄関ポーチのウッドデッキ

私にとって日常は、軽やかに前進するというより、ささやかな「行ったり来たり」の積み重ねだ。いくつもの「行ったり来たり」を、いかに大切に、いかに心地よく過ごせるかどうかは、人生の「色合い」を決めていく。我が家の「行ったり来たり」を、おおらかに見守ってくれるもの。それは、玄関ポーチのウッドデッキ。
【設計事務所が建てた家に暮らすひとの日常】春も活躍する薪ストーブの画像

【設計事務所が建てた家に暮らすひとの日常】春も活躍する薪ストーブ

4月。柔らかな光と、花と緑に包まれながらも、急に冬が戻ってきたような寒い日があったり、かと思えば、せっかちな初夏が顔を見せたり。ころころと変わる寒暖差に、体も心も、振り回される。そんな時、我が家に、穏やかさをくれるのが、薪ストーブだ。濃く深く、芯までぐっと暖まるような「冬ストーブ」とは違って、「春ストーブ」は、もう少しゆるく、ラフな付き合い方になる。

建築や住宅、暮らしに関するコラム more

夏の室内空間を快適に過ごすための日差しのコントロール『スダレ』の画像

夏の室内空間を快適に過ごすための日差しのコントロール『スダレ』

温度が上がりがちな、夏の室内空間を快適に過ごすためには、直射日光による熱線をコントロールすることがなにより重要です。近年は、太陽光の熱線を反射させて室内に入れないlow-Eガラスの普及があったり、カーテンやブラインドで直射日光を遮ったりすることも有効です。しかし、一番、効率的なのは、室内に光が入る前に、建物の外で、光をさえぎってしまうことです。
設計事務所のアトリエの30年使用した薪ストーブを交換(入間市)の画像

設計事務所のアトリエの30年使用した薪ストーブを交換

独楽蔵のアトリエの半地下ホールにある薪ストーブは、事務所の完成時から約30年使い続けています。その薪ストーブ(SCAN)は、煙突が直径150mmのシングル煙突でしたので、熱効率も悪く、ストーブ本体のすぐ上で90度折れ曲がっていたので、薄くなって穴が開くこともあり、その都度、新しい煙突に交換していました。また、本体には天板に大きなヒビが入ったり、扉の耐熱ガラスは割れたりして、かなり劣化した状態でした。