住宅設計を通して『家づくり』や、店舗やクリニック、こども園などの有機的な建築をデザインしている設計事務所です。

住宅設計を通して『家づくり』や、店舗やクリニック、こども園などの建築をデザインしている設計事務所です。ケヤキやエゴ、ソロなど、奥武蔵野の緑豊かなアトリエの中で、有機的な暮らしを実際に体験しながら、お客さんと一緒に、それぞれの家族にあった「暮らし」を考え、新たな空間を提案しています。アトリエは、埼玉県入間市にありますが、創立1970年以来、全国にたくさんの設計した空間を造っています。お問い合わせは、こちら

独楽蔵について もっと見る

独楽蔵(こまぐら)の考える「家づくり」の画像

家づくりとは

建築のデザインは、その暮らしの骨格となる部分です。決して、デザイン的に洗練された建物をつくることが目的ではありません。着た人が格好良く、美しく見えるようなオーダーメイドの服や・・・、ホテルのコンシェルジュが宿泊される方のご要望に応えて、旅が楽しくなるような・・・、お手伝い。そういう感覚に似ている気がします。ショップで見たときに気に入った靴が、実際に履いてみるとバランスや履き心地が悪かったり、雑誌で見ていいなぁ〜と思ったレストランが、実際にはピンとこなかったりすることがあると思いますが、「家づくり」も同じように、雑誌に掲載されているような生活感のない、かっこいいだけの家は不要です。
独楽蔵のアトリエの画像

独楽蔵のアトリエ

独楽蔵のアトリエは、庭の整備や芝刈り、建物のメンテナンス、薪作りや落ち葉掃き、落ち葉焚き、落ち葉堆肥、イベント、展覧会など・・・、日々の生活の一コマを実体験を通して五感で感じながら、暮らしをカタチとして見つめ直す実験の場です。

住宅(新築) もっと見る

室内と外部空間の一体化の三角形プラン 広い敷地を有効に活用の画像

室内+庭空間 広い敷地(100坪)を一体化で楽しむ暮らし

川越市の郊外。約100坪の広い敷地を内外で楽しめるように、敷地の対角線方向に庭に向かって大きな開口部を配置。リビングとデッキテラス、庭を一体化して敷地全体をアクティブに楽しむプランです。ご夫婦とお子さん(2名)4人の若いご家族のための住宅です。
クライミングウォールのある家の画像

クライミングウォールのある家

宇都宮市の郊外に自宅林、自然に囲まれた環境で、家族との暮らしを実現。国産材「チルチンびと仕様の家」
川越市新宿町 街中の家(土間路地のある家)の画像

川越市新宿町 街中の家(土間路地のある家)

今回のプロジェクトは、JR川越駅から徒歩6分の3つ並びの敷地にテラスハウスのような形態で、それぞれ独立して一戸建てを建てるということ。それぞれ3件の住宅は、個別の建物ですが、三軒両隣として、緑やデッキテラス、空地などの環境は、緩やかに共有しようというものです。三軒並び右端の家。
吹き抜けリビングの暮らしの画像

吹き抜けリビングで、ペット(犬)との暮らし

大きな吹き抜けのあるリビングを中心に薪ストーブ・露天風呂(2階バルコニー部分)・DOGスペースなど、家で愉しく過ごすための装備も充実しています。
【遊び心に満ちた90㎡の玉手箱】花小金井の家(東京都西東京市)の画像

【遊び心に満ちた90㎡の玉手箱】花小金井の家(東京都西東京市)

住宅地のなかの広々2階リビング
花小金井の家(チルチンびと仕様:国産自然素材の家)
外で音楽を聴いてもいいよね 屋根のあるアウトドアリビングの画像

【外で音楽を聴いてもいいよね】 屋根のあるアウトドアリビング

室内面積が24坪のコンパクトな住宅。ポーチを含めた本屋根付きのデッキテラス(4.5坪)を、袴のような下屋部分に配置して、庭と一体化した広がりのある建築空間(埼玉県飯能市 T邸)

住宅(リフォーム/リノベーション) もっと見る

築100年 切り妻平屋の日本家屋 リノベーションの画像

築100年 切り妻平屋の日本家屋 リノベーション

狭山市に建つ民家のリノベーションです。オーソドックスな「土間+和室(8畳+8畳)の間取り」を現在の生活に合わせて、再考します。建物の骨格だけを残して、新しくリノベーションするためには、まずは足下の基礎部分から・・・。約100年前の建物なので、基礎もありませんので、建物の外周に新たにコンクリートの基礎を増設。建物全体を基礎や新しい柱、梁、壁で包むことによって、耐震性・耐久性の向上を目指します。
築40年 入母屋 日本家屋のリノベーションの画像

築40年 入母屋 日本家屋のリノベーション

その一番居心地のいい場所:「客間スペース」にリビングを移動。家の構造体を丸裸にして、現行の耐震基準に見合うように耐震補強、また、断熱材やサッシも新しくして、居住性もUP(埼玉県 富士見市 E邸)

お問い合わせは、こちら

ブログ(設計事務所の日常) もっと見る

川越市南大塚の住宅工事現場 上棟の画像

川越市南大塚の住宅工事現場 上棟

川越市南大塚の住宅の工事現場です。今日は、上棟でした。天気は快晴だったのですが、風が強くて寒い中の作業になりました。夕方には無事に作業終了。上棟式をして、これからの作業の安全を祈ります。
【レストラン HAMA 2号店】改装工事中の画像

【レストラン HAMA 2号店】改装工事中

飯能市山手町のレストランの改装工事現場です。飯能市赤沢の『キッチン HAMA』さんの2号店が、3月にOPENする予定です。現在、既存の家具や厨房器具の排出、解体作業中です。お店のフロントにあった赤いテントや看板がなくなって、室内もずいぶん、片付きました。先日は、厨房器具の配置レイアウトの確認とそれに伴う、電気、給排水工事の仕様について打ち合わせをしました。
かぴら幼稚園 第2園舎新築工事 上棟約1週間後の画像

かぴら幼稚園 第2園舎新築工事 上棟約1週間後

左側の小さな屋根は、厨房棟。既存の園舎に合わせて、床面を園庭から1500mm上げているので、少し高い建物になっています。こちらは、屋根下地が終了して、ルーフィング(黒い防水シート)まで、作業完了です、右側の大きな屋根は保育棟。現在、大工さんが、屋根の下地の野地板を張っている作業中です。打ち合わせが終わることには、野地板の作業も終了しました。

住宅以外(店舗・クリニック・幼稚園・施設など) もっと見る

シティホール飯能(セレモニーホール)の画像

シティホール飯能(セレモニーホール)

JR八高線 東飯能駅東口から徒歩7分。飯能市役所からもほど近い、飯能市双柳のホテル「マロウドイン飯能」の南側に、セレモニーホール『シティホール飯能』があります。最大35人程度の家族葬をメインにした小規模な施設です。周囲の環境や地域性を考えながら木造の平屋建てをデザインしていきました。「故人とそのご家族、また普段会うことの少ないご親戚の方々と最後の夜をゆっくり過ごせる場所(家)」について、スタッフの方といろいろ協議を重ねながら、計画を進めていきました。
小室クリニックの画像

小室クリニック(埼玉県飯能市八幡町)

患者さんやご家族の方々が気楽にご相談できる「開かれた施設」を目指すと同時に、その先の『地域の皆さんが安心して住みなれた場所で最後まで過ごすことができる』医療・介護システムの構築をめざして・・・。
テナントハウス 【祇園スクエア】の画像

テナントハウス 【祇園スクエア】

西武新宿線 狭山市駅東口駅前に建つ木造2階建てのテナントビルです。中央の屋外階段の上下左右に約10坪のテナントが4軒並びます。
テナントハウス area-T-one (入間市豊岡)の画像

テナントハウス area-T-one (入間市豊岡)

木造平屋の賃貸物件の建物です。15坪+15坪、計30坪のA棟と15坪独立のB棟があります。敷地内には、カースペース、既存の蔵や住宅が並び、点在する植栽スペースがこのエリアを繋いでいます。

リノベーション(非住宅:店舗・クリニック・幼稚園・施設など) もっと見る

飯能市銀座通り商店街のオフィスリノベーションの画像

飯能市銀座通り商店街のオフィスリノベーション

築100年の店舗兼住宅を一部解体、減築して、新しいオフィス空間にリノベーションする計画
AMIGO! 入間市文化創造アトリエ 設計デザインの画像

AMIGO! 入間市文化創造アトリエ

[文化創造アトリエ AMIGO]は、閉鎖された繊維工業試験場の建物群を、市民が利用するコミュニティ空間にリノベーションした施設です。敷地に元々あった管理棟、工場棟、研究棟、宿直室、倉庫などの建築群は、 それぞれの建物の特徴や、たくさんの人々が集まれる空間づくりのために一部、解体を含む再生を行いました。平成13年のオープン以来、自由で創造的な文化活動や、文化的なまちづくりの原動力を担う市民の活動の場として活動されています。
繁田醤油(株)大規模リノベーション [ 西山荘 STREET ]の画像

繁田醤油(株)大規模リノベーション [ 西山荘 STREET ]

江戸中期より200年の間、地元のみならず関東近県で親しまれていた「キッコーブ醤油」。そのお醤油を造り続けていた繁田醤油さんのリノベーションです。近年、都市化が進み、この地域での醤油造りは、困難となり地方での生産となりました。そしてこの地には、長い歴史と数々の物語の宿る工場、蔵、日本家屋などの建築群が残りました。今回、この建築群に、もう一度新しい息吹を宿らせるために、思考を積み重ねながら、多様な顔を持つ「西山荘STREET」が誕生しました。
和食 しらいの画像

和食 しらい

西武新宿線 新所沢駅の駅前中層マンションの1階部分。短冊状に軒を連ねる約15坪のテナントスペースの内装工事です。約4.6mの細長い間口の中で、テーブル席とカウンター、厨房部分を配置しました。少し高めの料理単価を意識して、内装の素材、色とも落ち着いた色調でコーディネートしました。

コラム もっと見る

【遮断機(手動)のある家】塀&ゲートについて考えるの画像

【遮断機(手動)のある家】塀&ゲートについて考える

住宅の車庫部分や、道と敷地の境界、道路境界線をどう取り扱うかは、いつも頭を悩ませるところです。やっぱり、車のイタズラや盗難なども、心配です・・・。車庫をシャッターや引き戸、伸縮門扉などを使用して、物理的にガッチリ区切る場合や、ロープやカラーコーン、ステンレスの車止めなどで、境界を簡易的に明示するだけの場合、はたまた、何もしない場合など、家によって様々な選択肢があります。
【玄関ポーチの役割について細かく考えてみる】設計事務所の家づくりの画像

【玄関ポーチの役割について細かく考えてみる】設計プラン

今日は雨の日なので、住宅を設計する際の「玄関ポーチ」の役割について、普段考えてることを少し・・・。その家に暮らしている家族の世代や人数、構成によって、ポーチの大きさや設備、必要性もずいぶん変わってきます。
NHK連続テレビ小説『スカーレット』の川原家を設計者目線で観察。の画像

NHK連続テレビ小説『スカーレット』の川原家を設計者目線で観察。

ドラマの中で、戦後から、信楽の古い古民家(納屋?)に暮らし続けている川原家。時代の変化と共に日常の暮らしぶりも変わっています。その変化に対応するように、建物自体も、使い方や備品なども細かく変えてあります。セットの設定や動線計画などのディテールが細かくて、とっても興味深いです。

お問い合わせは、こちら