住宅設計を通して『家づくり』や、店舗やクリニック、こども園などの有機的な建築をデザインしている設計事務所です。

住宅設計を通して『家づくり』や、店舗やクリニック、こども園などの建築をデザインしている設計事務所です。ケヤキやエゴ、ソロなど、奥武蔵野の緑豊かなアトリエの中で、有機的な暮らしを実際に体験しながら、お客さんと一緒に、それぞれの家族にあった「暮らし」を考え、新たな空間を提案しています。アトリエは、埼玉県入間市にありますが、創立1970年以来、全国にたくさんの設計した空間を造っています。お問い合わせは、こちら

独楽蔵について もっと見る

独楽蔵(こまぐら)の考える「家づくり」の画像

家づくりとは

建築のデザインは、その暮らしの骨格となる部分です。決して、デザイン的に洗練された建物をつくることが目的ではありません。着た人が格好良く、美しく見えるようなオーダーメイドの服や・・・、ホテルのコンシェルジュが宿泊される方のご要望に応えて、旅が楽しくなるような・・・、お手伝い。そういう感覚に似ている気がします。ショップで見たときに気に入った靴が、実際に履いてみるとバランスや履き心地が悪かったり、雑誌で見ていいなぁ〜と思ったレストランが、実際にはピンとこなかったりすることがあると思いますが、「家づくり」も同じように、雑誌に掲載されているような生活感のない、かっこいいだけの家は不要です。
独楽蔵のアトリエの画像

独楽蔵のアトリエ

独楽蔵のアトリエは、庭の整備や芝刈り、建物のメンテナンス、薪作りや落ち葉掃き、落ち葉焚き、落ち葉堆肥、イベント、展覧会など・・・、日々の生活の一コマを実体験を通して五感で感じながら、暮らしをカタチとして見つめ直す実験の場です。

WORKS

イラスト計画案&その後の暮らし

計画時のイメージ&コンセプトのイラスト 完成した後の暮らしや建物の様子です

住宅(新築) もっと見る

『住み継ぎ』のための住宅建て替え(入間市)設計事務所の家づくりの画像

『住み継ぎ』のための住宅建て替え(入間市)

何世代にも渡って、住み継がれてきた土地に、これからも住み継いでいくための住宅の建て替え計画です。広い敷地の中に点在する蔵や納屋、別棟。そして、敷地の中心は築50年の大きな母屋ですが、家族や近隣の環境
【川越南大塚 T字路突き当たりの家】設計事務所の家づくりの画像

【川越南大塚 T字路突き当たりの家】設計事務所の家づくり

この住宅は、敷地が一方通行のT字路の突き当たりに位置しています。ちょうど車が路地から出てくる方向と重なりますし、意外と交通量も多いので、道路面(東面)の外壁は、小ぶりな突き出し窓をいつもより少し高い位置に配置しました。車の騒音や夜のヘッドライドを考慮した結果です。住宅の道路面(東面)の外壁は、いわば堅牢な防壁です。

住宅(リフォーム/リノベーション) もっと見る

蔵に住む!【築120年 蔵のリノベーション】坂戸市の画像

蔵に住む!【築120年 蔵のリノベーション】坂戸市

今回、敷地の整備の一環として、この蔵の空間を、『モノの保管空間』から、人が住むことの出来る最小限の『居住空間』にリノベーションすることになりました。
築30年 鉄骨3階建てオフィス兼用住宅 3階部分『オフィス→住宅』リノベーション(入間市)の画像

築30年 鉄骨3階建てオフィス兼用住宅 3階部分『オフィス→住宅』リノベーション

『築30年 重量鉄骨3階建てオフィス併用住宅』の3階部分、これまでオフィスとして使われていたスペースです。この空間を、住居として使用するためのリノベーション計画です。

お問い合わせは、こちら

ブログ(設計事務所の日常) もっと見る

薪が少なくなると不安で悲しいの画像

薪が少なくなると不安で悲しい

今年の冬は、ステイホームで家にいることも多かったり、寒かったり、お正月もどこにもお出かけしなかったりで、薪ストーブがフル稼働!気づけば、ずっとつけっぱなしの状態が続いています。 ですから、使う薪の量も半端なく・・・、例年以上に庭の薪棚から、薪がドンドン無くなっていきます。薪棚の薪が少なくなってくるとなんだか貧乏になってしまったような気がして、悲しくなるので、早速、薪づくりをして、薪棚を補充〜。
独楽蔵アトリエ 冬の枝おろし 2021(入間市 設計事務所)の画像

独楽蔵アトリエ 冬の枝おろし 2021(入間市 設計事務所)

今日は朝から、植木屋さん2人に、事務所に来てもらっています。冬の葉が落ちて、枝に水を吸い上げていない時期に庭の雑木の枝おろしをお願いしました。アトリエはたくさんの木々で囲まれていいるので、毎年、少しづつ何本かに分けながらの作業です。今年は、道路側のケヤキ、コナラ、ソロ、エゴなど電線に引っかかりそうな部分を中心に・・・。

その後の暮らし(引き渡し後の暮らしの様子) もっと見る

「蔵で暮らす」築120年目のリノベーション(坂戸市)竣工から約半月の画像

「蔵で暮らす」築120年目のリノベーション(坂戸市)竣工から約半月

昨年末に引き渡しを終えた「蔵」のリノベーションのプロジェクト。モノの保管場所だけの機能だった蔵を、新しく人が最小限暮らすことのできるようにする改造でした。この「蔵」だけで生活が完結するように、新たにミニキッチン、シャワーブース、トイレ、洗面スペースを増築しました。その後の様子を確認するために、先日、お伺いしました。夕方、お邪魔すると蔵の内部の明かりが綺麗に漏れて、昼間とはまた違った雰囲気です。今回の正月のご様子をお伺いすると、里帰りされたお嬢さんが、ここで寝泊りしてお使いになったという嬉しいお話がお聴きでしました。
「入間市文化創造アトリエ AMIGO!」の2020年クリスマスイブ(リノベーションから19年経過)の画像

「入間市文化創造アトリエ AMIGO!」の2020年クリスマスイブ

我が家の次男は、ただいま小学6年生。今年は12月に入ってもサンタさんの話を言わなくなっていたので、さすがに今年はさようならかと思っていましたが、今日になって俄然、張り切り出して「サンタさんが今何処にいるか、アプリで調べて!」というので、「ニュージーランド通過中!」というと、いそいそと早目にベットに入っていきました。

住宅以外(店舗・クリニック・幼稚園・施設など) もっと見る

かぴら幼稚園 第2園舎 ディテール(坂戸市)の画像

かぴら幼稚園 第2園舎 ディテール(坂戸市)

坂戸市の西端に位置する丘陵のニュータウン『西坂戸団地』に中にある幼稚園の増築計画です。
かぴら幼稚園 第2園舎(保育棟&厨房棟)坂戸市の画像

かぴら幼稚園 第2園舎(保育棟&厨房棟)坂戸市

坂戸市の西端に位置する丘陵のニュータウン『西坂戸団地』に中にある幼稚園の増築計画です。

リノベーション(非住宅:店舗・クリニック・幼稚園・施設など) もっと見る

【キッチン HAMA 2号店(飯能市山手町)】レストラン/リノベーションの画像

【キッチン HAMA 2号店(飯能市山手町)】レストラン/リノベーション

飯能市山手町の一軒家レストラン(旧フィオレット)の建物をリノベーションして、新しいレストランをつくる計画です。飯能市赤沢にある老舗レストラン『キッチン HAMA』さんの2号店です
レストラン/リノベーション『キッチン HAMA 2号店』(飯能市山手町)の画像

レストラン/リノベーション『キッチン HAMA 2号店』(飯能市山手町)

飯能市山手町の一軒家レストラン(旧フィオレット)の建物をリノベーションして、新しいレストランをつくる計画です。飯能市赤沢にある老舗レストラン『キッチン HAMA』さんの2号店です。厨房機器の搬入や照明器具の取付も終了。建物のクリーニングや床のワックス掛けも完了して、建物はいよいよ完成!夜には本設の照明も灯りました。あとは、引き渡しを待つばかりです。3月上旬OPEN予定です。

コラム もっと見る

【薪ストーブ&ダッチオーブンで『ナン』を焼く】埼玉の設計事務所の画像

薪ストーブ&ダッチオーブンで『ナン』を焼く

掃除・洗濯・食事とお母さんが休む暇がないので、今日のお昼は子供たちがつくることになりました。・・・といっても、無印で買った『ナン』の粉を水と混ぜて、こねて、伸ばして、焼くだけですが・・・。フライパンで焼いても美味しいらしいですが、折角なので、ダッチオーブン(フライパンとして使える蓋)と薪ストーブで、キャンプに出かけたような雰囲気で・・・。
「西川材」の製材所&ショールーム(飯能市吾野)を見学しましたの画像

「西川材」の製材所&ショールーム(飯能市吾野)を見学しました

埼玉県の南西部、荒川支流の入間川・高麗川・越辺川の流域の木材は、江戸時代、この地方から木材を筏により江戸へ流送していたので、「江戸の西の方の川から来る材」という意味から、「西川材」と呼ばれています。古くは江戸の大火のときの復興用材として広く活用されていた「西川材」ですが、現在は他の産地の「林業」と同様に、低迷期にあるといえます。

それぞれの家の顔(玄関ドア)いろいろ もっと見る

【木下さんちの玄関ドア(引き戸です)】埼玉県 設計事務所の家づくりの画像

木下さんちの玄関ドア(引き戸です)

ロードバイクを玄関土間に仕舞うために、ちょっと幅広の玄関引き戸。名字を格子にデザイン。
i さんの木製玄関ドアの画像

i さんの木製玄関ドア

玄関の採光は脇の窓から得られるので、住宅街の中のプライバシー/防犯を考慮して、ガラス面の小さな木製ドアに・・・。

お問い合わせは、こちら