住宅設計を通して『家づくり』や、店舗やクリニック、こども園などの有機的な建築をデザインしている設計事務所です。

住宅設計を通して『家づくり』や、店舗やクリニック、こども園などの建築をデザインしている設計事務所です。ケヤキやエゴ、ソロなど、奥武蔵野の緑豊かなアトリエの中で、有機的な暮らしを実際に体験しながら、お客さんと一緒に、それぞれの家族にあった「暮らし」を考え、新たな空間を提案しています。アトリエは、埼玉県入間市にありますが、創立1970年以来、全国にたくさんの設計した空間を造っています。お問い合わせは、こちら

独楽蔵について もっと見る

独楽蔵(こまぐら)の考える「家づくり」の画像

家づくりとは

建築のデザインは、その暮らしの骨格となる部分です。決して、デザイン的に洗練された建物をつくることが目的ではありません。着た人が格好良く、美しく見えるようなオーダーメイドの服や・・・、ホテルのコンシェルジュが宿泊される方のご要望に応えて、旅が楽しくなるような・・・、お手伝い。そういう感覚に似ている気がします。ショップで見たときに気に入った靴が、実際に履いてみるとバランスや履き心地が悪かったり、雑誌で見ていいなぁ〜と思ったレストランが、実際にはピンとこなかったりすることがあると思いますが、「家づくり」も同じように、雑誌に掲載されているような生活感のない、かっこいいだけの家は不要です。
独楽蔵のアトリエの画像

独楽蔵のアトリエ

独楽蔵のアトリエは、庭の整備や芝刈り、建物のメンテナンス、薪作りや落ち葉掃き、落ち葉焚き、落ち葉堆肥、イベント、展覧会など・・・、日々の生活の一コマを実体験を通して五感で感じながら、暮らしをカタチとして見つめ直す実験の場です。

住宅(新築) もっと見る

【川越南大塚 T字路突き当たりの家】設計事務所の家づくりの画像

【川越南大塚 T字路突き当たりの家】設計事務所の家づくり

この住宅は、敷地が一方通行のT字路の突き当たりに位置しています。ちょうど車が路地から出てくる方向と重なりますし、意外と交通量も多いので、道路面(東面)の外壁は、小ぶりな突き出し窓をいつもより少し高い位置に配置しました。車の騒音や夜のヘッドライドを考慮した結果です。住宅の道路面(東面)の外壁は、いわば堅牢な防壁です。
【アンティーク部材と塗装仕上げの家】埼玉の設計事務所 飯能市の家づくりの画像

アンティーク部材と塗装仕上げの家

中古の柱、梁材、アンティーク建具や照明を中心にペンキ仕上げの壁と杉板の無垢フローリングで仕上げたシンプルな住宅
【クライミングウォールのある家】設計事務所の自由設計 自然素材の家づくりの画像

【クライミングウォールのある家】自然素材の家づくり

宇都宮市の郊外に自宅林、自然に囲まれた環境で、家族との暮らしを実現。国産材「チルチンびと仕様の家」
【川と共に暮らす 高麗川沿いの家】埼玉の設計事務所 住宅デザインの画像

川と共に暮らす 高麗川沿いの家(埼玉県日高市)

高麗川沿いの敷地に建つ住宅です。将来にわたって残存する川と緑を借景にするために、リビングの東南に大開口を配置。生活の全体に川を感じることのできる暮らし。
【遊び心に満ちた90㎡の玉手箱】花小金井の家(東京都西東京市)の画像

【遊び心に満ちた90㎡の玉手箱】花小金井の家(東京都西東京市)

住宅地のなかの広々2階リビング
花小金井の家(チルチンびと仕様:国産自然素材の家)
【吹き抜けリビングの暮らし】入間市の『家づくり』の画像

吹き抜けリビングで、ペット(犬)との暮らし

大きな吹き抜けのあるリビングを中心に薪ストーブ・露天風呂(2階バルコニー部分)・DOGスペースなど、家で愉しく過ごすための装備も充実しています。

住宅(リフォーム/リノベーション) もっと見る

築100年 切り妻平屋の日本家屋 リノベーションの画像

築100年 切り妻平屋の日本家屋 リノベーション

狭山市に建つ民家のリノベーションです。オーソドックスな「土間+和室(8畳+8畳)の間取り」を現在の生活に合わせて、再考します。建物の骨格だけを残して、新しくリノベーションするためには、まずは足下の基礎部分から・・・。約100年前の建物なので、基礎もありませんので、建物の外周に新たにコンクリートの基礎を増設。建物全体を基礎や新しい柱、梁、壁で包むことによって、耐震性・耐久性の向上を目指します。
【築40年 入母屋 日本家屋】建築家のリノベーション(埼玉県 富士見市)の画像

【築40年 入母屋 日本家屋】建築家のリノベーション(埼玉県 富士見市)

その一番居心地のいい場所:「客間スペース」にリビングを移動。家の構造体を丸裸にして、現行の耐震基準に見合うように耐震補強、また、断熱材やサッシも新しくして、居住性もUP(埼玉県 富士見市 E邸)

お問い合わせは、こちら

ブログ(設計事務所の日常) もっと見る

散歩で採取したマルベリー(桑の実)のジャムで、モヒートをアレンジの画像

散歩で採取したマルベリー(桑の実)のジャムで、モヒートをアレンジ

先日、散歩の途中で採ったマルベリー(桑の実)のジャムをモヒートに加えてちょっとアレンジ。これは、めちゃうまい!色もキレイだし・・・。もちろん、ミントも、夕食前に庭から採ってきたものなので、かなり自己採取率の高いお酒だなぁ・・・。
うちで過ごそう!【マルベリーでジャムをつくる】の画像

うちで過ごそう!【マルベリーでジャムをつくる】

今日、犬の散歩をしているとマルベリーがキレイに色づいているのをみつけました。地面には実がたくさん落ちていて誰も採っていなさそうだったので手の届く範囲で収穫。
【古民家のリフォーム・リノベーションのための現状調査&現況図の作成】設計事務所の仕事の画像

古民家のリフォーム・リノベーションのための現状調査&現況図の作成

古い日本家屋や古民家をリノベーションやリフォームで再生する時に、まず行うのは現状の建物の把握。小屋裏に登ったり、床下を覗いたりして実際に建物の柱や梁の位置、寸法、形状などを実測して、現況の図面を起こしていきます。基本的には『平面図』と『矩計(かなばかり)図』です。

住宅以外(店舗・クリニック・幼稚園・施設など) もっと見る

かぴら幼稚園 第2園舎 ディテール(坂戸市)の画像

かぴら幼稚園 第2園舎 ディテール(坂戸市)

坂戸市の西端に位置する丘陵のニュータウン『西坂戸団地』に中にある幼稚園の増築計画です。
かぴら幼稚園 第2園舎(保育棟&厨房棟)坂戸市の画像

かぴら幼稚園 第2園舎(保育棟&厨房棟)坂戸市

坂戸市の西端に位置する丘陵のニュータウン『西坂戸団地』に中にある幼稚園の増築計画です。
シティホール飯能(セレモニーホール)の画像

シティホール飯能(セレモニーホール)

JR八高線 東飯能駅東口から徒歩7分。飯能市役所からもほど近い、飯能市双柳のホテル「マロウドイン飯能」の南側に、セレモニーホール『シティホール飯能』があります。最大35人程度の家族葬をメインにした小規模な施設です。周囲の環境や地域性を考えながら木造の平屋建てをデザインしていきました。「故人とそのご家族、また普段会うことの少ないご親戚の方々と最後の夜をゆっくり過ごせる場所(家)」について、スタッフの方といろいろ協議を重ねながら、計画を進めていきました。
小室クリニックの画像

小室クリニック(埼玉県飯能市八幡町)

患者さんやご家族の方々が気楽にご相談できる「開かれた施設」を目指すと同時に、その先の『地域の皆さんが安心して住みなれた場所で最後まで過ごすことができる』医療・介護システムの構築をめざして・・・。

リノベーション(非住宅:店舗・クリニック・幼稚園・施設など) もっと見る

【キッチン HAMA 2号店(飯能市山手町)】レストラン/リノベーションの画像

【キッチン HAMA 2号店(飯能市山手町)】レストラン/リノベーション

既存のレストランを改造して、新しいレストランをリノベーション工事前の建物(レストラン・フィオレット)関連記事:【家で過ごそう!】『キッチンHAMA 2nd』で、テイクアウト(飯能市) 2020/05/
レストラン/リノベーション『キッチン HAMA 2号店』(飯能市山手町)の画像

レストラン/リノベーション『キッチン HAMA 2号店』(飯能市山手町)

飯能市山手町の一軒家レストラン(旧フィオレット)の建物をリノベーションして、新しいレストランをつくる計画です。飯能市赤沢にある老舗レストラン『キッチン HAMA』さんの2号店です。厨房機器の搬入や照明器具の取付も終了。建物のクリーニングや床のワックス掛けも完了して、建物はいよいよ完成!夜には本設の照明も灯りました。あとは、引き渡しを待つばかりです。3月上旬OPEN予定です。
飯能市銀座通り商店街のオフィスリノベーションの画像

飯能市銀座通り商店街のオフィスリノベーション

築100年の店舗兼住宅を一部解体、減築して、新しいオフィス空間にリノベーションする計画
AMIGO! 入間市文化創造アトリエ 設計デザインの画像

AMIGO! 入間市文化創造アトリエ

[文化創造アトリエ AMIGO]は、閉鎖された繊維工業試験場の建物群を、市民が利用するコミュニティ空間にリノベーションした施設です。敷地に元々あった管理棟、工場棟、研究棟、宿直室、倉庫などの建築群は、 それぞれの建物の特徴や、たくさんの人々が集まれる空間づくりのために一部、解体を含む再生を行いました。平成13年のオープン以来、自由で創造的な文化活動や、文化的なまちづくりの原動力を担う市民の活動の場として活動されています。

コラム もっと見る

【自分の敷地内で窓から見える風景をつくる】設計事務所の住宅設計(日高市)の画像

【自分の敷地内で窓から見える風景をつくる】設計事務所の住宅設計(日高市)

自分の敷地から外の余計なモノが見えないように、隣地との間に、塀兼用の薪置き場を設けることは、自分の敷地の中で風景を作るのにとても有効です。視線の先の高さを調整して、薪棚の高さを決めます。自分が割って積んだ薪を見ながら暮らすのも気持ちがいいですし…。植樹の際は、木が数年経った頃の大きさを想像しながら、窓からは植えた樹木の枝が見えるように木を配置するのもポイントです。
【建物の普遍性や時代性について】28年前の建物ですが、なにか・・・?の画像

【建物の普遍性や時代性について】28年前の建物ですが、なにか・・・?

建物の外壁によく使われるサイディングや建具などの既製品、建築の新素材やデザイン、新しい工法など・・・、建築の定番や常識などが時代によって変わっていきます。建築も、音楽やファッションと同様に、その時代の雰囲気や流行というものもあり、すぐに作った時代がわかってしまう場合があります。時代を感じるということは、イコール古く感じてしまうことでもあります。そのときどきに消費されてしまう流行のようなものでなく、本質的なモノなのか・・・。長く住み続けるスパンの長い家は、そういうスタンスで考える必要があると思います。
ダウンライトのタイプ【LED ユニバーサルダウンライト】住宅デザイン 埼玉の設計事務所の画像

ダウンライトのタイプ【LED ユニバーサルダウンライト】

ダウンライトとは、天井に埋め込む形で取り付ける照明器具のことです。天井がすっきりするので、住宅でもメインの照明として用いています。最近はほとんどの商品がLEDになり、以前に比べて器具自体もかなり小さくなりました。消費電力が少なくなるのはよく知られていますが、

お問い合わせは、こちら