住宅設計を通して『家づくり』や、店舗やクリニック、こども園などの有機的な建築をデザインしている設計事務所です。

住宅設計を通して『家づくり』や、店舗やクリニック、こども園などの建築をデザインしている設計事務所です。ケヤキやエゴ、ソロなど、奥武蔵野の緑豊かなアトリエの中で、有機的な暮らしを実際に体験しながら、お客さんと一緒に、それぞれの家族にあった「暮らし」を考え、新たな空間を提案しています。アトリエは、埼玉県入間市にありますが、創立1970年以来、全国にたくさんの設計した空間を造っています。お問い合わせは、こちら

独楽蔵について もっと見る

独楽蔵(こまぐら)の考える「家づくり」の画像

家づくりとは

建築のデザインは、その暮らしの骨格となる部分です。決して、デザイン的に洗練された建物をつくることが目的ではありません。着た人が格好良く、美しく見えるようなオーダーメイドの服や・・・、ホテルのコンシェルジュが宿泊される方のご要望に応えて、旅が楽しくなるような・・・、お手伝い。そういう感覚に似ている気がします。ショップで見たときに気に入った靴が、実際に履いてみるとバランスや履き心地が悪かったり、雑誌で見ていいなぁ〜と思ったレストランが、実際にはピンとこなかったりすることがあると思いますが、「家づくり」も同じように、雑誌に掲載されているような生活感のない、かっこいいだけの家は不要です。
独楽蔵のアトリエの画像

独楽蔵のアトリエ

独楽蔵のアトリエは、庭の整備や芝刈り、建物のメンテナンス、薪作りや落ち葉掃き、落ち葉焚き、落ち葉堆肥、イベント、展覧会など・・・、日々の生活の一コマを実体験を通して五感で感じながら、暮らしをカタチとして見つめ直す実験の場です。

WORKS

イラスト計画案&その後の暮らし

計画時のイメージ&コンセプトのイラスト 完成した後の暮らしや建物の様子です

住宅(新築) もっと見る

子育て世代でシンプルな暮らしを実現する(飯能市)の画像

子育て世代でシンプルな暮らしを実現する(飯能市)

絵本やぬいぐるみ、アンパンマンにポケモン、セーラームーン、クレヨンにスケッチブックや粘土などなど。ご夫婦があまりモノを置かないようなシンプルな暮らしを目指そうと思っても、子どもたちの道具やおもちゃなどがどうしても溢れてしまいがちな子育て世代のご家族。汚したり、散らかす子どもたちもパワフルなので、室内を毎日、綺麗にキープしておくのは難しいですよね。家全体を整理整頓するのは、かなり難しいので、散らかっても気にならない場所と綺麗にしておく場所を分けて考えておくと、気持ちも片付けも楽になります。
『住み継ぎ』のための住宅建て替え(入間市)設計事務所の家づくりの画像

『住み継ぎ』のための住宅建て替え(入間市)

西武池袋線 入間市駅からほど近い住宅地。古くからある細い道を奥に入っていくと、突然、空が開けて、広い敷地が現れます。敷地の中には、母屋とは別に、蔵や以前、お茶屋さんとして使われていた建物が点在しています。何世代にも渡って、住み継がれてきたこの土地に、これからも住み継いでいくための住宅の建て替え計画です。

住宅(リフォーム/リノベーション) もっと見る

築32年の一戸建て住宅をリフォーム(柏市)の画像

築32年の木造一戸建て住宅をリフォーム(柏市)

葉県柏市に建つ住宅のリフォームです。32年前に建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)で設計監理した住宅です。近年は、おばあちゃんが一人で暮らしていた住宅でしたが、住み手が変わって、新しく子育て世代の4人家族の家になることになりました。ご家族の住み替えにあたって、今回、建物の持ち主が変わるタイミングで、新しいオーナーさんから建物の状態の確認やリフォームのご相談がありました。
蔵に住む!【築120年 蔵のリノベーション】坂戸市の画像

蔵に住む!【築120年 蔵のリノベーション】坂戸市

今回、敷地の整備の一環として、この蔵の空間を、『モノの保管空間』から、人が住むことの出来る最小限の『居住空間』にリノベーションすることになりました。

お問い合わせは、こちら

ブログ(設計事務所の日常) もっと見る

シーズンの終わり。薪ストーブ周りの片付けの画像

シーズンの終わり。薪ストーブ周りの片付け

ゴールデンウィークまでは、急に寒くなる日もあるので、薪ストーブの周りは冬のままなのですが、さすがに連休が終わると燃やす機会は無くなりますので、キレイにしてしまいます。周りの薪を薪棚に戻して、火の道具を片付けて、炉内の灰を掻き出し・・・、ガラスの汚れをクリーナーで落とすとおしまい。これで、シーズンが終了した気持ちになります。薪ストーブ周りの床は、灰や薪の屑、たまには火の粉も溢してしまって汚れるので、石やタイルなど、箒で簡単に掃けたり、雑巾でふける素材がいいと思います。濡れた靴などもそのまま干せますし・・・。
ゴールデンウィークは、せっせと薪づくりの画像

ゴールデンウィークは、せっせと薪づくり

夕方、わんこの散歩をしているとチェンソーの音が聞こえてきます。どこだろうと、耳をすますと近所のYさんの家からのようです。庭を覗くと、ご主人がひとり黙々と薪割りをしていました。「今日もがんばってますね。」と声をかけます。気づけば、3日連続で同じような声をかけています。前回の冬シーズンは、娘さんの学校がオンライン授業だったので、ずっと家にいて、毎日薪ストーブを使っていたので、薪が無くなってしまったらしい。次のシーズンのために慌てて、薪づくりをしているそうです。

その後の暮らし(引き渡し後の暮らしの様子) もっと見る

【家づくりから15年目の春】子どもの巣立ち(宇都宮市)の画像

【家づくりから15年目の春】子どもの巣立ち(宇都宮市)

15年前に住宅の設計をした宇都宮のKさんから、久しぶりに近況のメールがありました。家を計画していた当時、小さかったお子さんたちも成長して、上のお子さんが今年から東京の大学に進学されたとのこと。メールには、今のKさんのお気持ちが綴られていて、ご両親よりも身長が大きくなったお二人の息子さんと写した4人家族の写真も添付してありました。
築30年 3階建てオフィス部分→住宅にリノベーション(完成から半年経過)の画像

【働く・遊ぶ・勉強するリビング】「築30年 3階建てオフィス部分→住宅にリノベーション」

『築30年 重量鉄骨3階建てオフィス併用住宅』の3階部分、これまでオフィスとして使われていたスペースを住居として使用するためのリノベーション計画でした。リノベーション完了後から、約6ヶ月経過した暮らしの様子です。リノベーション完了後から、約6ヶ月経過した暮らしの様子。久しぶりにお伺いした室内は、以前の家にあったモノや新しくご夫婦がチョイスした調度に囲まれていましたが、シンプルな雰囲気もあり、完成時の記憶以上に空間が広く感じます。

住宅以外(店舗・クリニック・幼稚園・施設など) もっと見る

かぴら幼稚園 第2園舎 ディテール(坂戸市)の画像

かぴら幼稚園 第2園舎 ディテール(坂戸市)

坂戸市の西端に位置する丘陵のニュータウン『西坂戸団地』に中にある幼稚園の増築計画です。
かぴら幼稚園 第2園舎(保育棟&厨房棟)坂戸市の画像

かぴら幼稚園 第2園舎(保育棟&厨房棟)坂戸市

坂戸市の西端に位置する丘陵のニュータウン『西坂戸団地』に中にある幼稚園の増築計画です。

リノベーション(非住宅:店舗・クリニック・幼稚園・施設など) もっと見る

【キッチン HAMA 2号店(飯能市山手町)】レストラン/リノベーションの画像

【キッチン HAMA 2号店(飯能市山手町)】レストラン/リノベーション

飯能市山手町の一軒家レストラン(旧フィオレット)の建物をリノベーションして、新しいレストランをつくる計画です。飯能市赤沢にある老舗レストラン『キッチン HAMA』さんの2号店です
レストラン/リノベーション『キッチン HAMA 2号店』(飯能市山手町)の画像

レストラン/リノベーション『キッチン HAMA 2号店』(飯能市山手町)

飯能市山手町の一軒家レストラン(旧フィオレット)の建物をリノベーションして、新しいレストランをつくる計画です。飯能市赤沢にある老舗レストラン『キッチン HAMA』さんの2号店です。厨房機器の搬入や照明器具の取付も終了。建物のクリーニングや床のワックス掛けも完了して、建物はいよいよ完成!夜には本設の照明も灯りました。あとは、引き渡しを待つばかりです。3月上旬OPEN予定です。

コラム もっと見る

家をデザインするということ(設計事務所の仕事)の画像

家をデザインするということ(設計事務所の仕事)

友人や知人などお会いするいろんな方々に「自分が思い通りの建物をつくることが出来ていいですね・・・。」というようなことを、よくいわれます。それは、決して間違っているわけではありませんが、家を設計したり、デザインしているときは、自分の好きなようにデザインをしているという感覚ではないんです。
我が家の子供部屋 問題(それぞれの個室に)の画像

我が家の子供部屋 問題(それぞれの個室に)

我が家の2階には、続き間になった子供部屋が2部屋あります。今まで、子どもたちがまだ小さくて、一人で寝るのも怖かったり、空調の問題などもあって、一つの部屋に2段ベッドを置いて寝ていました。この春から長男は中三、次男は中一になって、よく喧嘩もしますし、ベットが狭かったり、それぞれ一人の時間が欲しくなってきたようで、我が家も2つの子供部屋に分離することになりました。

それぞれの家の顔(玄関ドア)いろいろ もっと見る

【木下さんちの玄関ドア(引き戸です)】埼玉県 設計事務所の家づくりの画像

木下さんちの玄関ドア(引き戸です)

ロードバイクを玄関土間に仕舞うために、ちょっと幅広の玄関引き戸。名字を格子にデザイン。
i さんの木製玄関ドアの画像

i さんの木製玄関ドア

玄関の採光は脇の窓から得られるので、住宅街の中のプライバシー/防犯を考慮して、ガラス面の小さな木製ドアに・・・。

お問い合わせは、こちら