住宅 (完成後10年以下)

住宅 (完成後10年以下)

【家づくりの計画を実践!土間空間にロードバイク2台を収納】

【家づくりの計画を実践!土間空間にロードバイク2台を収納】の画像

【家づくりの計画を実践!土間空間にロードバイク2台を収納】

家の完成から約1年。久しぶりにお邪魔しました。玄関の扉を開けると細長い土間玄関が奥へと続いています。奥のガラス戸の向こうはキッチンスペース。リビングを経由せずに、直接キッチンに行くことが出来る工夫です。その奥行きのある土間の長い壁面は扉のある収納スペース。奥行き400mmの内部は、靴はもちろん、日常の小物や買い物のストックはここに収納できるようになっています。

竣工から約1年半の庭(川越市)

竣工から約1年半の庭(川越市)の画像

竣工から約1年半の庭(川越市)

【リビングは子どもたちの遊び場!】子育て世代の家

【リビングは子どもたちの遊び場!】子育て世代の家の画像

【リビングは子どもたちの遊び場!】子育て世代の家

数年前の家づくりの際には、まだ小さかったお子さんたちも、小2と年中さん。少し会わない間に大きくなりました。これからしばらくの間はリビングは大活躍。子どもたちの独壇場です。そんな子育ての暮らしを考えて、リビングにはあらかじめ、たくさんの収納(扉付き)と「本&オモチャ」棚、ランドセルの収納場所や小さなデスクが置けるスペースを作りました。

【1年後の庭の】狭山市の家づくり・庭づくり

【1年後の庭の】狭山市の家づくり・庭づくりの画像

【1年後の庭】狭山市の家づくり・庭づくり

昨年、お庭をリフォームした住宅に打ち合わせで、久しぶりにお邪魔しました。約一年ぶりのお庭は、山獲りの山取りのコハウチワカエデ、アオダモ、アオハダ、クロモジなどの中木の新緑もキレイでしたが、下草の宿根草の勢いが増して、一年前の庭とはかなり印象が変わってきました。

【築100年の古民家:リノベーション後の家族の食卓】埼玉 設計事務所の『家づくり』

【築100年の古民家:リノベーション後の家族の食卓】埼玉 設計事務所の『家づくり』の画像

築100年の古民家:リノベーション後の家族の食卓

少し前にご結婚された長女と旦那さん、都内でひとり暮らし中の長男(大学生)、受験勉強中の次女・・・、家族がみんな集まって食事会

【プライバシーを確保する工業地帯の2階リビング(埼玉県川口市)】設計事務所の家づくり

【プライバシーを確保する工業地帯の2階リビング(埼玉県川口市)】設計事務所の家づくりの画像

【プライバシーを確保する工業地帯の2階リビング(埼玉県川口市)】設計事務所の家づくり

竣工後 約3ヶ月 薪棚も一杯になっています

【家づくり完成後8年経過】 成長した木々と玄関廻りの風情

【家づくり完成後8年経過】 成長した木々と玄関廻りの風情の画像

【家づくり完成後8年経過】 成長した木々と玄関廻りの風情

8年前に完成した入間市内の住宅地に建つ住宅に久しぶりにお邪魔しました。住宅完成時に植えた小さかった樹木もずいぶん大きくなりました。玄関廻りも弧の字状のエントランスポーチの廻りに沿って、木々がいい雰囲気です。そいぶん大きな幹の切り株がありますが、オリーブが大きく成長しすぎて、根元から切ったものだそうです。南天も植えたものではなくて、鳥が種を運んできたのか?自然に生えて、成長したものだそうです。縁起物ですし、ずいぶん立派で風情をつくっています。

築100年の古民家を改造した住宅に、薪ストーブの取扱説明に・・・(引っ越し後、約3ヶ月)

築100年の古民家を改造した住宅に、薪ストーブの取扱説明に・・・(引っ越し後、約3ヶ月)の画像

築100年の古民家を改造した住宅に、薪ストーブの取扱説明に・・・(引っ越し後、約3ヶ月)

築100年の古民家の改造が終了して、引っ越しされてから約3ヶ月。少し寒くなってきたので、リビングに設置した薪ストーブの取り扱い説明にお邪魔しました。

【加治丘陵 麓の家(入間市)】設計事務所の家づくり

【加治丘陵 麓の家(入間市)】設計事務所の家づくりの画像

加治丘陵 麓の家(入間市)引っ越し直後

ご主人の退職に伴い、勤務先の北海道から移動して、埼玉県入間市にご新居を計画されました。新しい暮らしの候補地は、いろいろな場所を検討されたらしいですが、30年前に数年暮らして、土地勘もあった入間市に家を建てることに・・・。以前、住まわれていて、借家として人に貸していた中古住宅を解体して、新しい家を建てることを決めたそうです。

【民家の改造】 完成から約半年経過(埼玉県入間市)

【民家の改造】 完成から約半年経過(埼玉県入間市)の画像

【民家の改造】 完成から約半年経過(埼玉県入間市)

西武池袋線 仏子駅の近く。民家の改造です。リビングやダイニングにキッチン、水回りや寝室などは、すでに別棟にありますので、土間と客間スペースをそのままの間取りで現代に合うようにリフォームする計画です。建物の耐震性、耐久性、断熱性も同時に上げていきます。

吾野(飯能市)高麗川沿いの暮らし アンティーク&ブロカント(竣工後3年)②

吾野(飯能市)高麗川沿いの暮らし アンティーク&ブロカント(竣工後3年)②の画像

高麗川沿いの暮らし アンティーク&ブロカント(竣工後3年)②

雑誌(チルチンびと)の取材で、久しぶりにお邪魔しました。室内の様子です。おいしいお料理も頂きました・・・。「アンティーク」は100年以上たった工芸品、美術品とことで、「ブロカント」はもうちょっと新しい古道具や家具のこと。明確な線引きはないようですが、ちょっと高級なイメージとガラクタ的なイメージの違いはあるようです。(飯能市吾野)

吾野(飯能市)高麗川沿いの暮らし (竣工後3年)①

吾野(飯能市)高麗川沿いの暮らし (竣工後3年)①の画像

吾野(飯能市)高麗川沿いの暮らし (竣工後3年)①

雑誌(チルチンびと)の取材で、久しぶりにお邪魔しました。ご主人のDIYで、竣工時とは変化も・・・。まずは外観廻りから・・・。