暮らし

暮らし

【家の明かり】電球色(白熱色)について 「設計事務所の家づくり」

【家の明かり】電球色(白熱色)について 「設計事務所の家づくり」の画像

【家の明かり】電球色(白熱色)について 「設計事務所の家づくり」

帰宅した際に、家の明かりが見えるとホッとしますよね。この暖色系の明かりは、「電球色」。昔の電球や古くはロウソクに近い色ですが、現在は、もちろんLEDで再現されています。落ちついた雰囲気を演出する温かな光色で、リビングや寝室に「やすらぎ」や「くつろぎ」を演出してくれます。

【昭和30年代の暮らしから考える視線の高さ】松戸市立博物館「常盤平団地」

【昭和30年代の暮らしから考える視線の高さ】松戸市立博物館「常盤平団地」の画像

【昭和30年代の暮らしから考える視線の高さ】松戸市立博物館「常盤平団地」

実は、この建物は実物ではなくで、松戸市立博物館に再現された2DKの実物大モデルなんです。住人の人物設定も細かく設定されていて昭和30年代の暮らしが再現されています。世代的に実際に昭和30年代を体験していないのですが、かなりリアルに感じます。(展示設計は乃村工藝社さん)

【我が家の自転車置き場問題】DIY:家の空きスペースに「自転車置き場(屋根)」&薪置き場をつくってみる

【我が家の自転車置き場問題】DIY:家の空きスペースに「自転車置き場(屋根)」&薪置き場をつくってみるの画像

【我が家の自転車置き場問題】

子どもたちが大きくなるにつれ、自転車も大きくなって、台数も増えてきました。玄関前のポーチが軒下なので、今まではここに置いていたのですが、ポーチが雑然として片付かないことや、段差の上り下りが不評だったので、建物の北側に屋根を作って自転車置き場を作ることに・・・。

NHK連続テレビ小説『スカーレット』の川原家 土間空間を設計者目線で観察。

NHK連続テレビ小説『スカーレット』の川原家 土間空間を設計者目線で観察。の画像

NHK連続テレビ小説『スカーレット』の川原家 土間空間を設計者目線で観察。

ドラマの中で、戦後から、信楽の古い古民家(納屋?)に暮らし続けている川原家。時代の変化と共に日常の暮らしぶりも変わっています。その変化に対応するように、建物自体も、使い方や備品なども細かく変えてあります。セットの設定や動線計画などのディテールが細かくて、とっても興味深いです。

【日本の夜は明るすぎる?】灯りのある暮らしのご提案

【日本の夜は明るすぎる?】灯りのある暮らしのご提案の画像

【日本の夜は明るすぎる?】灯りのある暮らしのご提案

雰囲気のある空間は、光の明暗、バランスなどがいい場合が多いですね。昼間は日差しの扱い方ですし、夜であれば、照明の使い方です。日本では、どうしても夜は、部屋全体の明るさ重視の傾向がありますので、日常的に天井付けのシーリングライトの均一的な明かりに慣れてしまっています。

【冷蔵庫の消費電力について】住宅の省エネについて考えてみる

【冷蔵庫の消費電力について】住宅の省エネについて考えてみるの画像

【冷蔵庫の消費電力について】住宅の省エネについて考えてみる

オール電化の家は、エネルギー源が100%電力ですが、家庭で使うエネルギー源の割合は、電力が約50%、ガスが約30%、灯油約19%です。この比率は、20年くらい大きく変化していません。結構、意外です。エネルギー源の中で大きな割合を占める電力ですが、その内訳の中で、一番電気使用量が大きいのが、『冷蔵庫』と『照明器具』です。『冷蔵庫』というのも、これまた意外。確かに365日ずーっと電気をつけっぱなしですね・・・。

【陰で風を感じる】ロールカーテンあれこれ

【陰で風を感じる】ロールカーテンあれこれの画像

【陰で風を感じる】ロールカーテンあれこれ

今日はすっきりしたいい天気になりました。ロールカーテンに映る木々の陰が揺れて、光が不規則に動くので、ロールカーテンを閉めずに、庭が見えているときよりも、心地よい風を感じるから不思議です。

ダイソンの見せる収納もかっこいいけど、箒(アナログ)の見せる収納も悪くないよ

ダイソンの見せる収納もかっこいいけど、箒(アナログ)の見せる収納も悪くないよの画像

ダイソンの見せる収納もかっこいいけど、箒(アナログ)の見せる収納も悪くないよ

ダイソンのコードレスクリーナーの収納用ブラケットは、まさに見せる収納。壁にキッチリ掛けて収まりもいいですし (ちょっとかさばるけど・・・)、充電も出来てしまうので、とっても便利で使いやすいですね。掃除も気軽でとても楽しくなります。

【洗濯物のある風景 (屋根)No.4】日高市の家 設計事務所の住宅設計

【洗濯物のある風景 (屋根)No.4】日高市の家 設計事務所の住宅設計の画像

【洗濯物のある風景 (屋根)No.4】日高市の家 設計事務所の住宅設計

梅雨の長雨や川遊びなど、生乾きのくつが、溜まっていく今日この頃です。干し場難民になっている洗濯物たちは、梅雨の晴れ間、たっぷりの陽射しを求めて、最終的にはここに流れ着きました・・・。たくさん貯まったウォーターシューズや運動靴は、陽当たりの大変よろしい屋根の上、その他の洗濯物たちは、2階のバルコニーの上です。

シューズボックスの下は、空けておくと便利です②

シューズボックスの下は、空けておくと便利です②の画像

シューズボックスの下は、空けておくと便利です②

玄関は、外からお客さまを迎える場所でもあるので、できれば、いつも綺麗に保っておきたいところです。

元祖「見せる収納」

元祖「見せる収納」の画像

元祖「見せる収納」収納をデザインする

風景としても、いいですし・・・。

オトナも外で、ごはんが食べたい

オトナも外で、ごはんが食べたいの画像

オトナも外で、ごはんが食べたい

「外で、朝ご飯を食べたい」今日はそういう気分