【家の明かり】電球色(白熱色)について 「設計事務所の家づくり」

【家の明かり】電球色(白熱色)について 「設計事務所の家づくり」

帰宅した際に、我が家の明かりが見えるとホッとしますよね。

この暖色系の明かりは、「電球色」。昔の電球や古くはロウソクに近い色ですが、現在は、もちろんLEDで再現されています。落ちついた雰囲気を演出する温かな光色で、リビングや寝室に「やすらぎ」や「くつろぎ」を演出してくれます。

材質や立体感、輝きを強調し、料理などをおいしく見せる効果もありますので、ダイニングテーブルのペンダントライトにもピッタリです。

谷崎潤一郎も「陰翳礼讃」の中で、ロウソクの灯りで見る女性の肌は、透き通るように白く感じると語っていますが、確かに家族も美しく見える気がします。

と、いうことは「しあわせ」を感じる色だということですね。

WORKS:この家の写真はこちら

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
コラム TOP