入間市、川越市を中心に、木造新築、リフォームなど建築設計を通して『家づくり』や、住宅設計

WORKS

新築住宅

【シンプルだけどホンモノに囲まれた上質な暮らし】(狭山市の新築木造住宅)

【シンプルだけどホンモノに囲まれた上質な暮らし】(狭山市の新築木造住宅)の画像

【シンプルだけどホンモノに囲まれた上質な暮らし】

施主は若いご夫婦です。建て主さんの祖父の代から暮らしている敷地には、ご両親の住宅に連結して祖父母の住宅が建っていましたが、現在、空き家になって使われていませんでした。その家をリノベーションするのか、新たに建て直すのか・・・、「家づくり」は、まずはその方向性を決めることから始まりました。

【住宅街の中の木造平家】modern & traditional(入間市)

【住宅街の中の木造平家】modern & traditional(入間市)の画像

【住宅街の中の木造平家】modern & traditional

施主はシニア世代のお客様。新しく木造の住宅は同一平面で暮らしが完結する平屋建て。外観は寄棟と切妻の屋根、軒のラインが長く続くオーソドックスなスタイル。屋根材は、いぶし銀の日本瓦を採用しました。外壁などの材料でアピールするような住宅ではなく、軒の長い屋根が外壁に影を落として、陰影でフォルムを見せる造形になっています。

【日常の暮らしがキャンプのような新築住宅】(入間市)設計事務所の家づくり

【日常の暮らしがキャンプのような新築住宅】(入間市)設計事務所の家づくりの画像

暮らしがキャンプ! 入間市の新築住宅

敷地は、入間市の古くからある住宅街。ちょうど台地の北側端部に位置して、南に向かって緩やかに勾配がついています。元々、建っていた住宅を解体して、ご夫婦のための伸び伸びとした住宅です。2階のホールや階段と一体になる吹き抜けのあるリビングに、薪ストーブ。玄関ポーチの役割を果たすデッキテラスは、間口3間(5460mm)、出幅2500mmの大きなオーニング(電動テント)付き。天気に応じて、リビングに入る直射日光を防ぎます。南側一面に張り出したデッキテラスの一部分は、リビングにくい込む入り江状のインナーテラスとして、利便性の高い外部と内部の中間領域を作っています。

子育て世代の新築住宅でシンプルな暮らしを実現する(飯能市)

子育て世代の新築住宅でシンプルな暮らしを実現する(飯能市)の画像

子育て世代の新築住宅でシンプルな暮らし(飯能市)

絵本やぬいぐるみ、アンパンマンにポケモン、セーラームーン、クレヨンにスケッチブックや粘土などなど。ご夫婦があまりモノを置かないようなシンプルな暮らしを目指そうと思っても、子どもたちの道具やおもちゃなどがどうしても溢れてしまいがちな子育て世代のご家族。汚したり、散らかす子どもたちもパワフルなので、室内を毎日、綺麗にキープしておくのは難しいですよね。家全体を整理整頓するのは、かなり難しいので、散らかっても気にならない場所と綺麗にしておく場所を分けて考えておくと、気持ちも片付けも楽になります。

『住み継ぎ』のための木造新築住宅への(入間市)設計事務所の家づくり

『住み継ぎ』のための木造新築住宅への(入間市)設計事務所の家づくりの画像

『住み継ぎ』のための木造新築住宅への建て替え(入間市)

西武池袋線 入間市駅からほど近い住宅地。古くからある細い道を奥に入っていくと、突然、空が開けて、広い敷地が現れます。敷地の中には、母屋とは別に、蔵や以前、お茶屋さんとして使われていた建物が点在しています。何世代にも渡って、住み継がれてきたこの土地に、これからも住み継いでいくための住宅の建て替え計画です。

【新築住宅:人とクルマを分離する】設計事務所の木造家づくり(川越市)

【新築住宅:人とクルマを分離する】設計事務所の木造家づくり(川越市)の画像

【新築住宅:人とクルマを分離する】設計事務所の木造家づくり(川越市)

この住宅は、敷地が一方通行のT字路の突き当たりに位置しています。ちょうど車が路地から出てくる方向と重なりますし、意外と交通量も多いので、道路面(東面)の外壁は、小ぶりな突き出し窓をいつもより少し高い位置に配置しました。車の騒音や夜のヘッドライドを考慮した結果です。住宅の道路面(東面)の外壁は、いわば堅牢な防壁です。

リフォーム・リノベ住宅

築35年入母屋の日本家屋を現代の住宅にリノベーション(所沢市)

築35年入母屋の日本家屋を現代の住宅にリノベーション(所沢市)の画像

築35年入母屋の日本家屋を現代の住宅にリノベーション

家の建っている場所は周囲より少し小高くなっていて、時より気持ちのいい風が吹き抜けます。先人がいい場所を探してここに場所を決めたのだろうと、自然に納得してしまいます。現在の家は、先代のお父さんが35年前に建てた日本家屋。今は住む人はいない状態でしたが、社務所のような役割で使われていました。今回はその住宅を現代の家族の暮らしにあった住宅に大規模リノベーション(改修)する計画です。

蔵に住む!【築120年 蔵のリノベーション】坂戸市

蔵に住む!【築120年 蔵のリノベーション】坂戸市の画像

蔵に住む!【築120年 蔵リノベーション】坂戸市

今回、敷地の整備の一環として、この蔵の空間を、『モノの保管空間』から、人が住むことの出来る最小限の『居住空間』にリノベーションすることになりました。

築30年 鉄骨3階建てオフィス兼用住宅 3階部分『オフィス→住宅』リノベーション(入間市)

築30年 鉄骨3階建てオフィス兼用住宅 3階部分『オフィス→住宅』リノベーション(入間市)の画像

築30年 鉄骨3階建てオフィス兼用住宅 3階部分『オフィス→住宅』リノベーション

『築30年 重量鉄骨3階建てオフィス併用住宅』の3階部分、これまでオフィスとして使われていたスペースです。この空間を、住居として使用するためのリノベーション計画です。

築50年の一戸建て住宅のフルリノベーション(入間市高倉)

築50年の一戸建て住宅のフルリノベーション(入間市高倉)の画像

築50年の一戸建て住宅のフルリノベーション(入間市高倉)

この住宅の住所は「入間市高倉」ですが、その「加治丘陵」の東の端と台地部分の間の谷に位置しています。敷地の東面はその高い台地が壁のように覆いかぶさり、西側は手付かずの「加治丘陵」の雑木林が迫っています。約50年に建てられた家は、増築で作られたダイニングキッチンによって、各部屋の採光、通風が遮られていました。元々、敷地の西側には、手つかずの雑木林の風景が広がっていましたので、それを借景として取り入れ、かつ家全体の採光、通風を確保するために、リビングやダイニング、キッチンの位置を移動しました。リビングの上部は広いバルコニーに・・・。

築32年の一戸建て住宅をリフォーム(柏市)

築32年の一戸建て住宅をリフォーム(柏市)の画像

築32年の木造一戸建て住宅をリフォーム(柏市)

千葉県柏市に建つ住宅のリフォームです。32年前に建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)で設計監理した住宅です。近年は、おばあちゃんが一人で暮らしていた住宅でしたが、住み手が変わって、新しく子育て世代の4人家族の家になることになりました。ご家族の住み替えにあたって、今回、建物の持ち主が変わるタイミングで、新しいオーナーさんから建物の状態の確認やリフォームのご相談がありました。

築100年 切り妻平屋の日本家屋 リノベーション

築100年 切り妻平屋の日本家屋 リノベーションの画像

【築100年 切り妻平屋の日本家屋】 リノベーション

狭山市に建つ民家のリノベーションです。オーソドックスな「土間+和室(8畳+8畳)の間取り」を現在の生活に合わせて、再考します。建物の骨格だけを残して、新しくリノベーションするためには、まずは足下の基礎部分から・・・。約100年前の建物なので、基礎もありませんので、建物の外周に新たにコンクリートの基礎を増設。建物全体を基礎や新しい柱、梁、壁で包むことによって、耐震性・耐久性の向上を目指します。

新築店舗・施設

東松山市の木造新築デイサービス施設(外部空間)

東松山市の木造新築デイサービス施設(外部空間)の画像

東松山市の木造新築デイサービス施設(外部空間)

施主の「医療法人社団 保順会」さんは、法人の理念として、人が人としてかけがえのない人生を豊かに過ごすためには、Cure(治療)のための医療だけでなく、Care(介護、福祉)のチカラ、プラス自己実現のためのCulture(文化)が必要だというお考えをお持ちでした。患者さん・ご利用者に寄り添い、医療・福祉/介護・文化をつなぐこと。新しい施設は、老人福祉施設ではありますが、「老人福祉」に、「+地域+文化」の活動、情報発信の場にしたい。そして、その理念の具現化したカタチとして、地域のコミュニケーションの場となるような空間をご希望されていました。

東松山市の木造新築デイサービス施設(内部)

東松山市の木造新築デイサービス施設(内部)の画像

東松山市の木造新築デイサービス施設(内部)

以前から東松山市で運営されていたデイサービス施設を移転して、木造新築で新たな老人福祉施設をつくるプロジェクトです。

飯能の街並みに馴染む木造の小室クリニック

飯能の街並みに馴染む木造の小室クリニックの画像

小室クリニック(埼玉県飯能市八幡町)

患者さんやご家族の方々が気楽にご相談できる「開かれた施設」を目指すと同時に、その先の『地域の皆さんが安心して住みなれた場所で最後まで過ごすことができる』医療・介護システムの構築をめざして・・・。

新築木造平屋建て かぴら幼稚園 第2園舎(保育棟&厨房棟)坂戸市

新築木造平屋建て かぴら幼稚園 第2園舎(保育棟&厨房棟)坂戸市の画像

新築木造平屋建て かぴら幼稚園 第2園舎(保育棟&厨房棟)坂戸市

坂戸市の西端に位置する丘陵のニュータウン『西坂戸団地』に中にある幼稚園の増築計画です。

木造新築平屋建て かぴら幼稚園 第2園舎 ディテール(坂戸市)

木造新築平屋建て かぴら幼稚園 第2園舎 ディテール(坂戸市)の画像

木造新築平屋建て かぴら幼稚園 第2園舎 ディテール(坂戸市)

坂戸市の西端に位置する丘陵のニュータウン『西坂戸団地』に中にある幼稚園の増築計画です。

シティホール飯能(セレモニーホール)

シティホール飯能(セレモニーホール)の画像

シティホール飯能(セレモニーホール)

JR八高線 東飯能駅東口から徒歩7分。飯能市役所からもほど近い、飯能市双柳のホテル「マロウドイン飯能」の南側に、セレモニーホール『シティホール飯能』があります。最大35人程度の家族葬をメインにした小規模な施設です。周囲の環境や地域性を考えながら木造の平屋建てをデザインしていきました。「故人とそのご家族、また普段会うことの少ないご親戚の方々と最後の夜をゆっくり過ごせる場所(家)」について、スタッフの方といろいろ協議を重ねながら、計画を進めていきました。

リノベ店舗・施設

AMIGO! 入間市文化創造アトリエ 設計・リノベーション

AMIGO! 入間市文化創造アトリエ 設計・リノベーションの画像

【入間市文化創造アトリエ AMIGO! 】歴史的建造物をコミュニティ施設へ

[文化創造アトリエ AMIGO]は、閉鎖された繊維工業試験場の建物群を、市民が利用するコミュニティ空間にリノベーションした施設です。敷地に元々あった管理棟、工場棟、研究棟、宿直室、倉庫などの建築群は、 それぞれの建物の特徴や、たくさんの人々が集まれる空間づくりのために一部、解体を含む再生を行いました。平成13年のオープン以来、自由で創造的な文化活動や、文化的なまちづくりの原動力を担う市民の活動の場として活動されています。

飯能市銀座通り商店街の古民家(商店)を改修

飯能市銀座通り商店街の古民家(商店)を改修の画像

飯能市銀座通り商店街の古民家をオフィスにリノベーション

築100年の店舗兼住宅を一部解体、減築して、新しいオフィス空間にリノベーションする計画

【キッチン HAMA 2号店(飯能市山手町)】レストラン/リノベーション

【キッチン HAMA 2号店(飯能市山手町)】レストラン/リノベーションの画像

【キッチン HAMA 2号店(飯能市山手町)】レストラン/リノベーション

飯能市山手町の一軒家レストラン(旧フィオレット)の建物をリノベーションして、新しいレストランをつくる計画です。飯能市赤沢にある老舗レストラン『キッチン HAMA』さんの2号店です

レストラン/リノベーション『キッチン HAMA 2号店』(飯能市山手町)

レストラン/リノベーション『キッチン HAMA 2号店』(飯能市山手町)の画像

レストラン/リノベーション『キッチン HAMA 2号店』(飯能市山手町)

飯能市山手町の一軒家レストラン(旧フィオレット)の建物をリノベーションして、新しいレストランをつくる計画です。飯能市赤沢にある老舗レストラン『キッチン HAMA』さんの2号店です。厨房機器の搬入や照明器具の取付も終了。建物のクリーニングや床のワックス掛けも完了して、建物はいよいよ完成!夜には本設の照明も灯りました。あとは、引き渡しを待つばかりです。3月上旬OPEN予定です。

繁田醤油(株)大規模リノベーション [ 西山荘 STREET ]

繁田醤油(株)大規模リノベーション [ 西山荘 STREET ]の画像

繁田醤油(株)大規模リノベーション [ 西山荘 STREET ]

江戸中期より200年の間、地元のみならず関東近県で親しまれていた「キッコーブ醤油」。そのお醤油を造り続けていた繁田醤油さんのリノベーションです。近年、都市化が進み、この地域での醤油造りは、困難となり地方での生産となりました。そしてこの地には、長い歴史と数々の物語の宿る工場、蔵、日本家屋などの建築群が残りました。今回、この建築群に、もう一度新しい息吹を宿らせるために、思考を積み重ねながら、多様な顔を持つ「西山荘STREET」が誕生しました。

和食 しらい

和食 しらいの画像

和食 しらい

西武新宿線 新所沢駅の駅前中層マンションの1階部分。短冊状に軒を連ねる約15坪のテナントスペースの内装工事です。約4.6mの細長い間口の中で、テーブル席とカウンター、厨房部分を配置しました。少し高めの料理単価を意識して、内装の素材、色とも落ち着いた色調でコーディネートしました。

少し前の仕事

2つの棟に3つの外部空間を楽しむ家(神奈川県中郡の木造住宅)

2つの棟に3つの外部空間を楽しむ家(神奈川県中郡の木造住宅)の画像

2つの棟に3つの外部空間を楽しむ家(神奈川県中郡の木造住宅)

神奈川県中郡二の宮町の住宅街。双頭の屋根の間にデッキテラスの中庭、その隣の軒下ガレージスペース、表のオープンガーデンと3種類の外部空間に彩られた豊かな暮らしです。

【坂の途中のスキップフロアの家】入間市の新築木造住宅

【坂の途中のスキップフロアの家】入間市の新築木造住宅の画像

【坂の途中のスキップフロアの家】入間市の新築木造住宅

埼玉県入間市は関東平野の西側の際にあたり、西武池袋線 入間市駅を過ぎて、飯能秩父方面に向かうと、急に起伏のある台地や丘陵が現れてきます。計画地は入間市駅から徒歩10分の住宅街。坂道の途中にある住宅です。敷地の高低差を利用してスキップフロアの住宅を計画しました。

【雑木林に囲まれた丘陵地の別荘】(伊東市)設計事務所の家づくり

【雑木林に囲まれた丘陵地の別荘】(伊東市)設計事務所の家づくりの画像

【雑木林に囲まれた丘陵地の別荘】(伊東市)設計事務所の家づくり

静岡県伊東市の別荘分譲地の中、雑木林に囲まれた丘陵の傾斜地に建つ別荘です

【空と稜線の間で:顔振峠の週末住宅】埼玉 設計事務所の家づくり

【空と稜線の間で:顔振峠の週末住宅】埼玉 設計事務所の家づくりの画像

【空と稜線の間で:顔振峠の週末住宅】埼玉 設計事務所の家づくり

山頂のパノラマと暮らしに寄り添う自然に囲まれて、ちょっと贅沢な週末住宅。ボクの好きな顔振峠。重なる山並みを数えたら大波小波が百八つ。一番向こうにかすみ冨士。

【雑木林の中の回遊空間:スキップフロア&屋上庭園&アトリエ】埼玉の設計事務所:『ふじみ野市』の家づくり

【雑木林の中の回遊空間:スキップフロア&屋上庭園&アトリエ】埼玉の設計事務所:『ふじみ野市』の家づくりの画像

【雑木林の中の回遊空間:スキップフロア&屋上庭園&アトリエ】

武蔵野の雑木林の中に建つ住宅兼アトリエです。敷地の高低差を生かしながら、木々に囲まれた林間の暮らしを楽しむ空間です。同一の建物でありながら、2つのアトリエと3つの個室空間(子ども部屋を含む)が、緩やかなつながりと独立性を持って配置されていて、それぞれに林間の風景を楽しめる計画になっています。(1990年 竣工)

囲炉裏テーブルと露天風呂のある別荘(茨城県日立)

囲炉裏テーブルと露天風呂のある別荘(茨城県日立)の画像

囲炉裏テーブルと露天風呂のある別荘(茨城県日立)

【太平洋に向かって】崖っふちは、”抜け”の快感、鹿島灘の遠景に入道雲よ湧け 。朝焼けの歯ブラシ、潮風のランチ、座していっぷく、薄暮れのぬるま湯。素足と裸が潮風にあきて、街の灯りが眠りについたら、星あかりに海がこたえていた。

小規模改造

社屋の倉庫を6mの大テーブルのある会議室に小改造

社屋の倉庫を6mの大テーブルのある会議室に小改造の画像

社屋の倉庫を6mの大テーブルのある会議室に小改造

飯能市の社屋の3階、倉庫として使用されていたスペースを会議室にリノベーションしました。部屋の中央には、約20名が一堂に会することの可能な長さ6mの大テーブルを造り付けで製作しました。

【車庫を改造して小さな洋菓子屋さんをつくる】青梅市

【車庫を改造して小さな洋菓子屋さんをつくる】青梅市の画像

【車庫を改造して小さな洋菓子屋さんをつくる】青梅市

青梅市北部、住宅と田んぼが点在する昔ながらの牧歌的な地域の小さな洋菓子屋さんのプロジェクトです。広い敷地の中、母屋の脇に建っていた鉄骨造の車庫の一部を改修して、店舗と厨房を作っていきます。

築30年の木造住宅 リビングのリフォームと耐震補強(入間市)

築30年の木造住宅 リビングのリフォームと耐震補強(入間市)の画像

築30年の木造住宅 リビングのリフォームと耐震補強(入間市)

入間市の加治丘陵の麓、閑静な住宅街に建つ築30年の木造住宅。家族4人から始まったこの家も、現在はご夫婦の2人の暮らし。この家と共に育ったお子さんたちも、それぞれの家族を持って、独立されていきました。2階は、かつて、ご夫婦の寝室と子供部屋がありました。使わなくなった子供部屋は、現在、ご夫婦それぞれの趣味の部屋になって活用されています。1階はリビングに6畳の和室が続き間になっている30年前の完成当時のままでした。

築35年の和室を寝室にリフォーム(所沢市)

築35年の和室を寝室にリフォーム(所沢市)の画像

築35年の和室を寝室にリフォーム

所沢市の築35年の木造日本家屋のリフォームです。元々、真壁で長押のついた8畳の和室とその南側にある広縁スペースでした。新たにご夫婦のための寝室にリフォームすることになりました。2階にあった和室や個室もお子さん達の子ども部屋にリニューアルです。

【築30年の木造住宅の小規模リフォーム】2階の「和室+個室」を3人の子供部屋に改造(入間市)

【築30年の木造住宅の小規模リフォーム】2階の「和室+個室」を3人の子供部屋に改造(入間市)の画像

【築30年の木造住宅の小規模リフォーム】2階の「和室+個室」を3人の子供部屋に改造(入間市)

入間市の住宅街に建つ築30年の住宅の小規模リフォームです。3人のお子さんの成長に伴って、子供部屋が必要な年頃になってきました。2階の和室(8畳)+個室(6畳)を組み替えて、こどものスペースを作っていきます。中学生のお姉ちゃん(長女)は個室が必要なので、奥の部屋を4.5畳+収納の個室にしました。小学生の次女と長男くんは、まだ、個室に区切らずに、とりあえず約9畳+収納スペースを2人で使います。

[外構工事] 塀&門周りの改修 (門前に溜まりをつくる&車のスムーズな出入りのために)

[外構工事] 塀&門周りの改修 (門前に溜まりをつくる&車のスムーズな出入りのために)の画像

[外構工事] 塀&門周りの改修 (門前に溜まりをつくる&車のスムーズな出入りのために)

狭山市の古くからある住宅街。昔ながらの蛇行した細い路地に沿って住宅が密集しています。道沿いの塀の一部に住宅の出入り口となる門扉がありましたが、庭との段差が500mm程度あったり、門前がなく、道に面していたため、狭く、使い勝手が良くありませんでした。また、隣地の駐車スペースからの出入りの際に、見通しも悪く、駐車しにくさもありましたので、これらを解決するために「塀&門扉廻り」の改造を行いました。

玄関ドアいろいろ

【木下さんちの玄関ドア(引き戸です)】埼玉県 設計事務所の家づくり

【木下さんちの玄関ドア(引き戸です)】埼玉県 設計事務所の家づくりの画像

木下さんちの玄関ドア(引き戸です)

ロードバイクを玄関土間に仕舞うために、ちょっと幅広の玄関引き戸。名字を格子にデザイン。

i さんの木製玄関ドア

i さんの木製玄関ドアの画像

i さんの木製玄関ドア

玄関の採光は脇の窓から得られるので、住宅街の中のプライバシー/防犯を考慮して、ガラス面の小さな木製ドアに・・・。

太陽の扉

太陽の扉の画像

太陽の扉

太陽光発電のショールーム。大きな太陽をデザインして、ポップなガラス引き戸に・・・。

カフェのエントランスドア

カフェのエントランスドアの画像

カフェのエントランスドア

川越のカフェMONO MOONのドア

アンティークドアを使った玄関

アンティークドアを使った玄関の画像

アンティークドアを使った玄関

ブルーのペンキがキレイな親子ドアです。昔の建具は高さが低い場合が多いので、建具の下端を200mm程度付け足して約2000mmの高さを確保。ドアのサイズに合わせて、大工さんに枠も作ってもらいました。建具を調整して、あたらしく鍵を取り付けて完成です。

田代さんちの玄関ドア

田代さんちの玄関ドアの画像

田代さんちの玄関ドア

直球勝負!田代の「田」をデザイン!