東京都東村山市の新築木造住宅のデザイン

【東村山市の木造住宅】i さんの木製玄関ドアを製作

東京都東村山市の閑静な住宅街。敷地の北側には、なだらかに広がる狭山丘陵の東端の八国山緑地や北山公園が広がる自然豊かな場立地です。元々、親世帯が住んでいた住宅を、建て替えて、新築木造2階建ての2世帯住宅にする計画でした。

玄関ドアの劣化や汚れを考慮する

限られた敷地の面積を有効に活用するために、玄関スペースは少しコンパクトに計画してあります。ポーチの軒下もあまり大きく取れませんでしたので、雨の吹き込み降りの際は、玄関扉が濡れてしまいます。ドアの汚れや劣化を考慮して、当初は既製品のアルミ玄関ドアを計画していましたが、奥さんの要望で、木製ドアを製作することになりました。

施主のイニシャルをドアにデザイン

玄関の採光は脇の窓から得られるので、住宅街の中のプライバシー/防犯を考慮して、ガラス面の小さな片開き木製ドアに・・・。材料はラワン材です。ガラス窓は、飯塚邸のイニシャルをあしらって「i」を小さくデザインしました。施主の飯塚さんの奥ゆかしい雰囲気にぴったりなドアな気がします。2世帯住宅の飯塚邸はご両親のことを考慮して、玄関ポーチをスロープにしました。限られたポーチの幅を有効に生かすために手すりは、スチール製で、薄く製作して、落下を防止します。

この家の紹介ページはこちら
玄関ドアいろいろの TOPページ

独楽蔵ホームページ TOP
WORKS TOP