はじめて家を建てるあなたへ

生き方が多様なように、家を建てる理由もさまざま

家を建てたい。そのきっかけは、実にさまざまだと思います。以前であれば、結婚や出産を機に、ひとつの〝節目”として、家をかまえるというイメージがありました。でも今は、もっと自由に、多様な生き方を選択するように、自分らしい住まいの在り方を見つける時代。

ひとりで好きなものに囲まれて。大勢で賑やかに。緑溢れる庭と共に。ずっとペットと一緒に。料理しながら、そのまま飲んだり食べたりできるキッチンを。星を眺めながらお風呂に入りたい。楽しい家庭内別居がしたい。部屋をスポーツジムみたいに。やっぱり新築。リフォームでこだわりの空間を。広くおおらかに。愛おしく、こじんまりと。

家の中で過ごす時間が増えた今だからこそ、家づくりは、自分の今とこれからを描く、自由でかけがえのない物語です。だから、どんなジャンルでもいい。どんな理由でもいい。こんなこと言ったら変かな?なんて心配も無用です。いろいろなことをお話しているうちに、あなたらしい暮らし、あなたらしい住まいが見えてくるのです。

真っ白なページを開いた時の、ワクワクする感覚を大切に。 いっぱいお話をして、いろんなアイディアを分かち合って。歩いたり。走ったり、立ち止まったり、少し休んだり、戻ってみたり。そうやってじっくりと出来上がっていく家はどれも、不思議なくらい、住む方に似ています。 さあ、次はあなたの家づくりのお話を聞かせてください。

writing:maiko izumi

独楽蔵 KOMAGURA が考える家づくり

「家づくり」とは、住まう人が幸せになるために、未来の暮らしをつくること。

「建築設計」とは、デザイン的に洗練された、見栄えの良い建物をつくることではありません。デザインするのは新築やリフォーム、リノベーションした先にひろがる、新たな暮らしや人生であって、建築そのものではないと考えているからです。住まう方がご自分らしい幸せのカタチを叶えるために、未来の暮らしをデザインしていった結果、その風景や空間を美しく、愛おしく、心地良く感じるのではないか。つまり“おしゃれな家”や“かっこいい家”がゴールではなく、“自分の人生っていいな”とか“毎日の暮らしが楽しくなったな”と思っていただけることが、家づくりのゴールと考えています。素敵に見せたいのは暮らしている「人」であって、建物ではないということ。着た方の魅力を引き出すようなオーダーメイドの服や、ホテルのコンシェルジュが宿泊される方のご要望に応えて、旅が楽しくなるようなお手伝いをする。そういう感覚に似ているかもしれません。「家づくり」もまた、視覚だけで判断できる単純なものではなく、実際に五感で体感するものだと思います。あなたの好きなことや、寛げる時間。イメージする未来だとか、ちょっと迷っていることなど。一見家づくりとは関係ないことをシェアしながら、あなたらしい家づくりの物語を、共に紡いでいけたらと思っています。

思い描くライフスタイルから、日々の掃除やゴミ捨てまで。すべてが“家づくり”の大切な要素になる。

「住まう人にとっての、いい暮らしや風景」をつくるためには「ご自身にとって何が大事なのか?」「将来的にどういう生活が理想なのか?」「今、困っていることを解決するためには、どうしたらいいか?」そういった生活の要素をすくい上げて、新しい暮らしを細かいトコロまで掘り下げていく必要があります。それは、料理や洗濯、掃除などのこまごまとした軽作業から、食事や団らんなど「未来の日々の暮らしのシーン」を想像し、思い描く理想にむけて、生活を整理する作業です。ライフスタイルといった概念的なことを尊重しつつ、日常に溢れる雑多なこともしっかり見つめ直す。このバランスこそが、家づくりのポイントとなります。

そうやって暮らしを掘り下げて、はじめて設計の計画が可能になります。ですから「家づくり」とは、決して部屋の間取りをあれこれ考えることではなく、未来の「暮らし」を考えていくことなのです。

そして、その“しあわせな暮らし”の風景は、魅力的な街の要素にもなります。つまり、その風景をつくることは、大きな意味での“街づくり”なのだと考えています。KOMAGURAが設計する小さな住まいや空間デザインの力が、そのまわりの世界とゆるやかに繋がり、相互作用を繰り返していく。誰もが自分らしく、気持ち良く生きられる、多様な街づくりへと繋げていけたらと願っています。

独楽蔵 KOMAGURA のアトリエについて

建築設計事務所 独楽蔵KOMAGURAが、埼玉県入間市の現在の場所に誕生してから、すでに40年以上が経ちました。以前は茶畑に囲まれたのどかな地域でしたが、現在では市街化が進み、ずいぶんとにぎやかになりました。そんな街中に、木々の覆い茂る雑木林がポッカリと浮かんでいます。そこが独楽蔵のアトリエです。

建築の側面から、街のコミュニティを考える

建物自体は約30年前に建て替えたモノですが、樹木のほとんどは最初の頃に植えたままです。それらが大きく育ち、枝葉を伸ばして、次第に雑木林のようになり、今では街中のオアシスとなりました。見た目だけではなく、実際、学校帰りの子どもたちが独楽蔵の前で立ち止まり、木陰で休んだり、遊んだりしています。「学校終わったの?」「今日は早いね」子どもたちに声がけしたり、庭の落ち葉で焚き火をしたり。ここには地域とのゆるやかなコミュニケーションが息づいています。


人がたくさん集まるアトリエ(建築設計事務所)設計事務所 独楽蔵(入間市)の画像

人の集まるアトリエ

設計事務所 独楽蔵(KOMAGURA)のアトリエ(事務所)には、「家づくり」の打ち合わせのお客さん、学校帰りの小学生、ボクシングのジム生
各イベントのお客さんなどなど・・・、いろんなお客さんがいらっしゃいます。
【アトリエ 半地下ホール(鉄筋コンクリート)】設計事務所 独楽蔵(入間市)の画像

アトリエの内部

アトリエのホールです。約1m掘り下げた半地下の空間は鉄筋コンクリート製。廻りに広がる武蔵野の緑や地面を身近に感じることができます。家づくりの打ち合わせや相談、各種イベントを行います。
【独楽蔵のアトリエ全景】入間市 設計事務所の画像

アトリエの環境

ホームページを見てから事務所を訪れる人は、以外にアトリエが街中にあるので、ちょっとびっくりするみたいです。それも、そのはず、駅からは徒歩6分ですし、目の前には入間市役所があります。敷地は、ケヤキやコナラ、ソロ、エゴ、イロハモミジなどの武蔵野を代表する木々に囲まれているので、廻りとはちょっと違った雰囲気があるかもしれません。
【建築設計事務所アトリエのメンテナンス】埼玉の建築家の画像

庭掃除・メンテナンス・SDGs作業

庭掃き、昔の屋敷では庭の掃除や家の手入れなど、労働が当たり前に行われていた。独楽蔵のアトリエではそれが日常です。落ち葉で「落ち葉堆肥」づくり【落ち葉で堆肥づくり】独楽蔵 設計事務所 埼玉冬の準

気づけば人が自然と集まる場所〜まずは自分たちが楽しむ空間づくりを〜

独楽蔵は今も昔も、街や人に開かれたアトリエですが、設計当初は、特にそのことを意識していませんでした。「空の下で、太陽にあたりながら図面を引いてもいいじゃないか」と思い、まずは自分たちが気持ちよく仕事ができる、自由な事務所にしようと考えました。

30年前にアトリエの建て替えをした際には、半地下のホールを設けました。普段はお客さんとの打ち合わせの場所になっていますが、時には子どもたちを集めてお話をしたり、小さなコンサートをしたり、スケッチや住宅の模型を並べて、展覧会を開いたりするイベント空間としても活用されています。

もともと人がよく集まる事務所でしたが「まず自分たちから楽しもう」という想いから生まれたさまざまな仕掛けが、自然と人を集めることに繋がっているのかもしれません。

【アトリエのモノたち① 】設計事務所 独楽蔵(埼玉県入間市)の画像

アトリエ点景

設計事務所 独楽蔵のアトリエの点景
【光のある空間】設計事務所 独楽蔵のアトリエの画像

光のあるアトリエ空間

いい建築の要素は、採光と通風だと思います
【アトリエ 春の風景】家づくり 設計事務所 独楽蔵 入間市の画像

アトリエの四季

アトリエの春は、新緑の季節、向かいの市役所の桜や、ケヤキ、ソロ、エゴ、コナラ、イロハモミジなど庭の木々の緑が日々、色濃くなっていきます。ユキヤナギやスミレ、エゴなどの花々も色を添えます。

アトリエは、暮らしの中で実践的なデザインを考える実験の場〜図面の前だけでは、良い設計は生まれない〜

部屋の中で、図面と向き合うだけでは、良い設計は生まれません。外に飛び出し、庭づくりや建物のメンテナンス、薪作り、落ち葉の管理も、すべて自分たちの手で行います。イベントや展覧会を通して、人とつながりながら、設計事務所をもっと開かれた空間にしていきます。日々の生活におけるさまざまなシーンを実際に体験しながら、五感をフルに使って、暮らしの本質を見つめ直す実験の場です。

プロフィール

会社名株式会社 独楽蔵
KOMAGURA
所在地〒358-0003
埼玉県入間市豊岡 5-1-7
電話番号04-2964-1296
FAX04-2965-1534
E-mailkomagura@komagura.jp
URLhttp://www.komagura.jp
営業時間平日・土曜日
9:00~18:00
休業日日・祝祭日

代表取締役 星野厚雄(ほしのあつお)

1943年 埼玉県入間市生まれ 明治大学 建築学科卒 INA新建築研究所入所 1971年空間デザインチーム「独楽蔵」設立 入間市にアトリエを構え、暮らしの中から地域・住まい・社会にわたる環境の蘇生を目指す。


代表取締役 長崎昭人(ながさきあきひと)

1970年 鳥取県米子市生まれ 名古屋工業大学 社会開発工学科卒 ゼネコン勤務で設計・施工実務を経験したのち、独楽蔵入所 一級建築士・歴史的建造物の保全・活用専門家(ヘリテイジ マネジャー)古民家鑑定士・一級住宅診断士(ホームインスペクター)・合気道 初段

アクセスMAP

設計事務所 独楽蔵(komagura)アトリエ

独楽蔵 建築デザイン 〒358-0003 埼玉県入間市豊岡5-1-7
KOMAGURA WEST(サテライトオフィス) 〒350-1251 埼玉県日高市高麗本郷702-15

営業時間 月〜土 9:00~18:00 日曜・祝日はお休みです。