独楽蔵(こまぐら)の考える「家づくり」

家づくりとは

独楽蔵(こまぐら)の考える「家づくり」

私たちの考える「家づくり」とは、「家族が幸せになるために、未来の暮らしをつくること」

建築のデザインは、その暮らしの骨格となる部分です。
決して、デザイン的に洗練された建物をつくることが目的ではありません。

着た人が格好良く、美しく見えるようなオーダーメイドの服や・・・、ホテルのコンシェルジュが宿泊される方のご要望に応えて、旅が楽しくなるような・・・、お手伝い。そういう感覚に似ている気がします。ショップで見たときに気に入った靴が、実際に履いてみるとバランスや履き心地が悪かったり、雑誌で見ていいなぁ〜と思ったレストランが、実際にはピンとこなかったりすることがあると思いますが、「家づくり」も同じように、雑誌に掲載されているような生活感のない、かっこいいだけの家は不要です。

なぜって、素敵に見せたいのは暮らしている「人」であって、建物ではないですし、住み手が、その空間に入ってはじめて、美しくて格好のいい、かつ幸せに見えるような空間がいいのではないかと思うからです。

言うなれば、家族を含めた暮らしが、「いい風景」になっている空間です。

そんな「いい風景」をつくるためには、「家族にとって何が大事なのか?」「将来的にどういう生活が理想なのか?」「今、困っていることを解決するためには、どうしたらいいか?」・・・、生活の要素をすくい上げて、新しい暮らしを細かいトコロまで掘り下げていく必要があります。それは、料理や洗濯、掃除などのこまごまとした軽作業や食事や団らんなど、「未来の日々の暮らしのシーン」を想像して、理想に向かって生活を整理する作業です。

本来はそうやって暮らしを掘り下げたその先に、設計の計画があるべきなのです。

ですから「家づくり」とは、決して部屋の間取りをあれこれと考えることではなく、未来の「暮らし」を考えていくことなのです。

そして、その幸せな家族の風景は、魅力的な街の要素の一つですから、その風景をつくることは大きな意味で「街づくり」だと思っています。デザインの力で、小さな住まいや空間でも、街がより良く変わって行くように心がけながら、空間をつくっていきたいと思います。