町並み・街づくり

町並み・街づくり

昔の町の雰囲気がまだ残っています。【旧山陰道:赤碕宿(鳥取県東伯郡琴浦町)】

昔の町の雰囲気がまだ残っています。【旧山陰道:赤碕宿(鳥取県東伯郡琴浦町)】の画像

旧山陰道:赤碕宿(鳥取県東伯郡琴浦町)

旧山陰道は、畿内と山陰道諸国の国府を結ぶ官道で、日本海側を京都から、周防国に至る街道です。現在では、国道9号線がこれを継承していますが、ルートは若干異なります。

太田市美術館・図書館 ①(図書館・カフェ部分)

太田市美術館・図書館 ①(図書館・カフェ部分)の画像

【太田市美術館・図書館 ①(図書館・カフェ部分)】まちづくりの拠点

回遊性のある内部空間と外部空間が、スロープや階段で、緩やかに高さを変えながら繋がっていて、気持ちのいい「居場所」や「たまり場」で溢れています。

「歴史のみち景観モデル地区」 深谷の街に区画整理は必要か?

「歴史のみち景観モデル地区」  深谷の街に区画整理は必要か?の画像

「歴史のみち景観モデル地区」 深谷の街に区画整理は必要か?

深谷市は埼玉県の「歴史のみち景観モデル地区」にも指定されているようで、住民の方々や地元のNPOの皆さんが協力して、旧街道や旧宿場町などに埋もれている歴史的建物の保全・活用や、「レトロモダンな深谷宿のまち歩き」など、いろいろな形でまちづくりに尽力されています。

ヘリテージマネージャー養成講座 歴史的建造物調査 AMIGO!

ヘリテージマネージャー養成講座 歴史的建造物調査 AMIGO!の画像

ヘリテージマネージャー養成講座 歴史的建造物調査 AMIGO!

平成29年度 歴史的建造物の保全・活用に係る専門家(ヘリテージマネージャー)養成講習(埼玉)

【水郷 佐原 利根川との合流地点 小野川水門】②

【水郷 佐原 利根川との合流地点 小野川水門】②の画像

【水郷 佐原 利根川との合流地点 小野川水門】②

「重要伝統的建造物群保存地区」から、利根川の合流地点までは、小野川に沿った道を進むことができます。合流地点の入り江には、水門と排水施設が・・・。

魅力的な街【水郷 佐原(千葉県)の街並み】①

魅力的な街【水郷 佐原(千葉県)の街並み】①の画像

【水郷 佐原(千葉県)の街並み】①

江戸時代に利根川水運の集散地として栄えた佐原。利根川の支流の小野川沿いには、蔵や商家など古い建物が立ち並びます。

【焼杉(縦羽目板 )の腰壁】倉吉白壁土蔵群(鳥取)

【焼杉(縦羽目板 )の腰壁】倉吉白壁土蔵群(鳥取)の画像

【焼杉(縦羽目板 )の腰壁】倉吉白壁土蔵群(鳥取)

白い漆喰壁と黒い板張りの腰壁が特徴的な倉吉白壁土蔵群 (2018/05)

「打吹玉川伝統的建造物群保護地区」倉吉白壁土蔵群(鳥取)

「打吹玉川伝統的建造物群保護地区」倉吉白壁土蔵群(鳥取)の画像

「打吹玉川伝統的建造物群保護地区」倉吉白壁土蔵群(鳥取)

倉吉の街は室町時代に打吹城の城下町として形成され、江戸時代には陣屋を中心とする武家屋敷や街道の結節点にあたる商業町として発展してきました。

【川越 芸者横丁(弁天横丁)&トンネル路地】ヘリテージマネジャー養成講座

【川越 芸者横丁(弁天横丁)&トンネル路地】ヘリテージマネジャー養成講座の画像

【川越 芸者横丁(弁天横丁)&トンネル路地】ヘリテージマネジャー養成講座

蔵造りの街で有名な埼玉県川越市。まさにその蔵造りと呼ばれる建築様式の古い土蔵や商家が立ち並ぶ「蔵造りの町並み」を過ぎて、札の辻の交差点を北側に少し歩いたところに、戦前からの花街だった路地があります。芸者横丁や弁天横丁などと呼ばれて賑わっていたそうです。

【歴史的建造物の保全・活用専門家(ヘリテージマネージャー)養成講習会 第5回目】

【歴史的建造物の保全・活用専門家(ヘリテージマネージャー)養成講習会 第5回目】の画像

【歴史的建造物の保全・活用専門家(ヘリテージマネージャー)養成講習会 第5回目】

第5回目は川越市内で、古い建物の実測調査の実習です。(2017/12)

旧七ツ梅酒造(田中藤左衞門商店):深谷宿

旧七ツ梅酒造(田中藤左衞門商店):深谷宿の画像

旧七ツ梅酒造(田中藤左衞門商店):深谷宿

その旧街道に面した旧七ツ梅酒造は、現在も敷地の中に、本家、店蔵、精米蔵、釜屋、酒蔵などが点在して残っています。そして、それぞれの建物を、リノベーションの後、再利用して、豆腐屋、カフェ、居酒屋、古書店、骨董屋、映画館(深谷シネマ)などの店舗や集会場として現在も使用されています。

【登録有形文化財(建造物)の活用ついて】ヘリテイジマネージャー養成講座

【登録有形文化財(建造物)の活用ついて】ヘリテイジマネージャー養成講座の画像

【登録有形文化財(建造物)の活用ついて】ヘリテイジマネージャー養成講座

「国宝」や「重要文化財」は、国が「指定」している文化財。間違えやすいトコロなのですが、この「登録」と「指定」には大きな違いがあります。登録有形文化財(建造物)は、単に文化庁に登録してあるだけなので、建物の窓を変えたり、看板をつけたり、用途を変えて活用すること割と自由にすることができるのです。