材料

材料

【一括りに木材といっても使う部位で樹種もいろいろ】設計事務所の家づくり(川越)

【一括りに木材といっても使う部位で樹種もいろいろ】設計事務所の家づくり(川越)の画像

【一括りに木材といっても使う部位で樹種もいろいろ】設計事務所の家づくり(川越)

床はヒノキの無垢板(節なし)、壁は合板に塗装の上、杉の無垢板 目透かし張り(節なし)、造り付けダイニングテーブル、天板はタモの無垢材、枠はタモ集成材(塗装前)

【日本瓦葺きの住宅(いぶし瓦)瓦葺きの様子②】設計事務所の家づくり

【日本瓦葺きの住宅(いぶし瓦)瓦葺きの様子②】設計事務所の家づくりの画像

【日本瓦葺きの住宅(いぶし瓦)瓦葺きの様子②】設計事務所の家づくり

入間市内の新築住宅の建築現場です。
三州瓦の『いぶし瓦』葺きの様子です②寄せ棟の隅棟や外壁との取り合い部分など、役物の部分などの収まり写真です。

【入間市の木造新築住宅現場】日本瓦葺き(いぶし瓦)の様子 (設計事務所の住宅デザイン)

【入間市の木造新築住宅現場】日本瓦葺き(いぶし瓦)の様子 (設計事務所の住宅デザイン)の画像

【入間市の木造新築住宅現場】日本瓦葺き(いぶし瓦)の様子

この住宅には2つの屋根材を使用しています。1つは、ガルバニウム鋼板。耐久性があり、軽量で耐震性に優れているのが特徴です。主に軽量化に有利な2階部分の大屋根で使用しています。もう1つが日本瓦です。1階部分の面積が大きくて、袴のように1階の下屋根がぐるりと回り込むので、瓦を使用すると、どっしりと安定感や風格のある建物の外観にピッタリです。1階部分の屋根に使用すると、人の目線に近くて、瓦の素材感を感じやすいですし、その部分は平屋なので重量の負担も軽減されます。

内装床タイルの飾り張り よ〜く覗いてみると・・・飯能市

内装床タイルの飾り張り よ〜く覗いてみると・・・飯能市の画像

内装床タイルの飾り張り よ〜く覗いてみると・・・

300mm角タイルに、50mmのモザイクタイルの飾り張り。このモザイクタイル、よ〜く覗いてみると、タイルの中にも、模様や色むらがあるんです。

【古い家の千本格子を家の表舞台に・・・】

【古い家の千本格子を家の表舞台に・・・】の画像

古い家の千本格子(古建具)をリメイク。家の表舞台に・・・

長年、台所の隅に隠れていた引き違いの千本格子。建て付けも悪く、動かさないまま家具の後ろに隠れていました。ひとまわりサイズを大きくして、格子も補修、最後に再塗装。

デザインや使い勝手の耐久性について考える

デザインや使い勝手の耐久性について考えるの画像

デザインや使い勝手の耐久性について考える

材料は、「木・土・砂・草・紙」、すべてが自然素材の空間です。「ガラスは違うじゃないか!」という声も聞こえて着きそうですが、原料が珪砂・ソーダ灰・石灰ということで、大目に見て下さい。

なにからできてる?

なにからできてる?の画像

なにからできてる?

杉板(床)、米松(梁)、ラワン合板(壁・天井)、ラワン(窓)、そして、ペンキ(白)以上。

家の外部の配色

家の外部の配色の画像

家の外部の配色を考える 所沢市小手指

建物の外部の色を決める際に、建物を主役として目立たさせるのではなく、植栽や住み手の暮らしの背景として、風景になじむように考えたほうがうまくいく場合が多い気がします。商業建築の場合は、ちょっと違いますが・・・。

和紙&白木とコンクリート打ち放しは、とっても相性がいい

和紙&白木とコンクリート打ち放しは、とっても相性がいいの画像

和紙&白木とコンクリート打ち放しは、とっても相性がいい 川口市

和紙とコンクリート?白木とコンクリート?一見、相性が悪そうな素材通しですが・・・、実はとっても相性がいいんです!

【外壁:杉板(南京下見板)経年変化10年 ③】

【外壁:杉板(南京下見板)経年変化10年 ③】の画像

【外壁:杉板(南京下見板)経年変化10年 ③】

南面&軒なしで、塗るのが一番めんどくさい場所だったということもあり、10年間メンテナンスをしていない箇所です。
①南からの直射日光の紫外線&温度差 ②直接の雨に濡れる ③川に近いので、湿気がある
などの厳しい条件から、塗装面はかなり劣化しています。

タイルのある水回り空間

タイルのある水回り空間の画像

タイルのある水回り空間

ほかにはない質感のタイル。ちょっとあるだけで、空間のイメージも変わってきますね・・・。

同じフローリングでも塗装で全然違います!

同じフローリングでも塗装で全然違います!の画像

同じフローリングでも塗装で全然違います!

左右のサンプルとも同じオーク材ですが、表面の塗装が違います。上からちょっと見ただけではわかりませんが、実際に触ってみたり、光に当ててみると違いがよくわかります。右がクリアコート塗装仕上げ、左が自然オイル塗装仕上げのモノ・・・。