読書・美術館・音楽

読書・美術館・音楽

えらいてんちょう(通称:えらてん)さんの『しょぼい起業で生きていく』読了

えらいてんちょう(通称:えらてん)さんの『しょぼい起業で生きていく』読了の画像

えらいてんちょう(通称:えらてん)さんの『しょぼい起業で生きていく』読了

地に足のついた言葉や内容で、とてもシックリきます

【NEO TOKYO CITY IN 38YEARS AFTER THE WORLD WAR Ⅲ (A.D.2019)】

【NEO TOKYO CITY IN 38YEARS AFTER THE WORLD WAR Ⅲ (A.D.2019)】の画像

【NEO TOKYO CITY IN 38YEARS AFTER THE WORLD WAR Ⅲ (A.D.2019)】

設定が今年だよ!それに来年、東京オリンピックあるよ!

『庄野潤三の本 山の上の家』家族と家について

 『庄野潤三の本 山の上の家』家族と家についての画像

『庄野潤三の本 山の上の家』家族と家について

ちっとも大げさなことは言わないで、やさしい、平明な言葉づかいで、書いていることがそのまま、こちらの胸へひとつひとつ、しっかりと入って来る。

【私が写真を撮るのは自宅の周辺だ!】『Early Coler』ソール・ライター

【私が写真を撮るのは自宅の周辺だ!】『Early Coler』ソール・ライターの画像

【私が写真を撮るのは自宅の周辺だ!】『Early Coler』ソール・ライター

私が写真を撮るのは自宅の周辺だ。神秘的なことは馴染み深い場所で起きると思っている。なにも、世界の裏側まで行く必要はないんだ。

『最愛の子ども』 松浦理英子 読了

『最愛の子ども』 松浦理英子 読了の画像

『最愛の子ども』 松浦理英子 読了

女子高生3人が演じる疑似家族(ファミリー)

太田市美術館・図書館(美術館部分)②

太田市美術館・図書館(美術館部分)②の画像

太田市美術館・図書館(美術館部分)②

ことばをながめる、ことばをあるく(詩と歌のある風景)展

【『海岸線の歴史』 松本健一】海から日本を考えてみる

【『海岸線の歴史』 松本健一】海から日本を考えてみるの画像

【『海岸線の歴史』 松本健一】海から日本を考えてみる

物理的に見ても、日本の海岸線の長さは、アメリカの1.5倍、中国の2倍。想像以上に海に接している部分が長い、世界有数の国です。

【この物語の家族が暮らすような家をつくっていきたい!】庄野潤三さんとその家族

【この物語の家族が暮らすような家をつくっていきたい!】庄野潤三さんとその家族の画像

この物語の家族が暮らすような家をつくっていきたい!

三冊の本とも作者の庄野潤三さんとその家族をモデルにした、丘の上の新しい家に住む家族の話。

『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』鴻上尚史 読了

『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』鴻上尚史 読了の画像

『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』鴻上尚史 読了

第二次世界大戦の特攻作戦で9回出撃して、9回帰ってきた佐々木さんのお話です。

ティグラン・ハマシアン&ハービー・ハンコック TOKYO JAZZ 2018/09

ティグラン・ハマシアン&ハービー・ハンコック  TOKYO JAZZ 2018/09の画像

ティグラン・ハマシアン&ハービー・ハンコック TOKYO JAZZ 2018/09

先週末はTOKYO JAZZで、ティグラン・ハマシアンとハービー・ハンコック見てきました。

横須賀美術館にて『 三沢厚彦さんのANIMALS』展 2018/08

横須賀美術館にて『 三沢厚彦さんのANIMALS』展 2018/08の画像

横須賀美術館にて『 三沢厚彦さんのANIMALS』展 2018/08

横須賀美術館に三沢厚彦さんのANIMALSを見に行ってきました。以前の作品に加えて、想像上の動物やドローイングなど増えて楽しい・・・。

【利休の茶室「待庵」】 「建築の日本展」森美術館② 建築家の家づくり

【利休の茶室「待庵」】 「建築の日本展」森美術館② 建築家の家づくりの画像

【利休の茶室「待庵」】 「建築の日本展」森美術館②

一番の見所は、利休の茶室「待庵」が復元されていて、中に入ることができることだと思います。