建築

建築

横須賀美術館で、「せなけいこ展」

横須賀美術館で、「せなけいこ展」の画像

横須賀美術館で、「せなけいこ展」

世代を超えて、共通の話ができる絵本の原画展なので、我が家と同様に、家族3世代で鑑賞していたお客さんも多かった気がします。おばけ関連のグッズも充実で、いろいろ欲しくなります。

お盆の帰省 復路② トヨタ博物館

お盆の帰省 復路② トヨタ博物館の画像

お盆の帰省 復路② トヨタ博物館

まだ、渋滞しているらしいので、もうちょっと時間調整。たぶん近くにあるだろう、トヨタ博物館に行こうかと・・・。豊田市内にあるものだと勘違いしていたのですが、長久手にあるんですね・・・。道を戻るのはちょっとヤな気分ですが、せっかくなんでいくことに・・・。

愛知トリエンナーレ&豊田市美術館

愛知トリエンナーレ&豊田市美術館の画像

愛知トリエンナーレ&豊田市美術館

お盆の帰省の復路は、渋滞の要所、神戸、京都、大津、四日市をスムーズに抜けました。最後の関門:御殿場から海老名は、どうやら夜遅くまで渋滞してそうだったので、豊田で半日、時間調整することに・・・。

【お盆の帰省 寄り道からの寄り道】投入堂

【お盆の帰省 寄り道からの寄り道】投入堂の画像

【お盆の帰省 寄り道からの寄り道】三徳山 投入堂

折角、岡山県奈義町まで来たので、ついでに投入堂に寄り道していこうと思いました。奈義町は鳥取とは県境の街なので、地図上で見ると、「三徳山三佛寺 投入堂」は、ちょうど真上(北)に向かったトコロ。なんとなく近いような気がしていました。

お盆の帰省 寄り道「奈義町現代美術館」

お盆の帰省 寄り道「奈義町現代美術館」の画像

お盆の帰省 寄り道「奈義町現代美術館」

車で帰省する際は、大概、どこかに寄り道をするのですが、今回はあまり時間に余裕がなかったので、あまり道を外れて遠くに行かないように、岡山県奈義町に・・・。

水戸藩の藩校「弘道館」

水戸藩の藩校「弘道館」の画像

水戸藩の藩校「弘道館」

飾り気はないけれど、とても気品がある収まりのいい空間です。まさに質実剛健。岡山の閑谷(しずたに)学校に訪れた時も感じましたが、学舎(まなびや)の空間は、やっぱりいいですね。

囲炉裏のある住まいbest5-現代に生きる伝統的な空間!

囲炉裏のある住まいbest5-現代に生きる伝統的な空間!の画像

囲炉裏のある住まいbest5-現代に生きる伝統的な空間!

住宅のポータルサイト HOMIFYの特集記事です。「囲炉裏のある住まいbest5-現代に生きる伝統的な空間!」茨城県日立に建つ別荘が取り上げられています。

久しぶりに水戸芸術館に行って思ったこと

久しぶりに水戸芸術館に行って思ったことの画像

久しぶりに水戸芸術館に行って思ったこと

水戸芸術館は磯崎新さん設計で、完成してから29年経過。私自身はたぶん25年ぶりの訪問です。久しぶりの芸術館は、当時の印象そのままの姿でした。管理も行き届いていて、芝もきっちり刈り込んであります・・・。

木下さんちの玄関建具

木下さんちの玄関建具の画像

川越市 木下さんちの木製玄関建具(制作)

木下さんの玄関は、ちょっと広めのガラス引き戸

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館の画像

金沢21世紀美術館

廻りには、美術館、博物館、文学館、兼六園、市役所などに囲まれたホントの意味で市の中心部に立地。敷地を含めて建物自体にも、中心性があります。もともと学校があった場所だったらしい。

越前和紙と畳の床の間

越前和紙と畳の床の間の画像

越前和紙と畳の床の間

帰省の帰路、寄り道(金沢)②

帰省の帰路、寄り道(金沢)②の画像

帰省の帰路、寄り道(金沢)②

金沢市立玉川図書館に・・・。谷口吉生さんが設計、父親の谷口吉郎さんが総合監修をした建物です。