埼玉県入間市の新築木造住宅は建築設計事務所/独楽蔵へ

建築家目線で見る西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』

西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』は、建築家の妹島和世さんがデザイン監修をしたことで、話題になりました。車両の外観は、丸みを帯びた継ぎ目のないデザインが特徴的です。車内もよく見てみると、建築家らしい収まりが随所に見られます。細かなディテール部分の収まりなどを、設計者目線でみてみます。

側面からみると、やはり窓がずいぶん大きいのがよくわかります。窓が大きいということは、壁が少ないということ。内部から見ても壁も厚みも薄いので、これで、剛性(強度)が取れているのは、すごいなぁ〜と思います。継ぎ目のない一体成形の成せる技でしょうか・・・?

丸みのあるデザインで、座席自体のホールド感はないですが、ほどよい肘掛けの高さなど、包み込まれるような安心感はあり、ヘッドレストも利いています。アルネ・ヤコブセンがデザインしたエッグチェアのような雰囲気。シートの座面の色は、西武カラーの黄色いファブリックの背もたれ部分と、床のライトグレーの中間色で、ほどよいグラデーションになっています。

うすい肘掛けにシートのリクライニングボタンが、キレイに収まっています。これよく収まったなぁ・・・。窓枠を見ると外装の薄さがよくわかります。ガラスの収めも額縁を用いず、内壁と一体の収まり。窓下は座面と同じ高さ(たぶん400~450mm)。窓は、大きな透明ガラスのように見えますが、隅にいくほど、ドット柄の密度が濃くなって、こちらもグラデーションになっています。

汚れやメンテナンスを考えると、なるべく単色の床は避けたくなるが、かなり挑戦的な床仕上げだと思います。嘔吐物とか、雨の日の傘の滴とか大丈夫かなぁと、ちょっと興味津々。長尺モノ(1枚モノ)に見えますが、1m程度で分割できるようにはなってるようです。

シートピッチは1070mmで、レットアローと同じようですが、より広く感じられます。シートの下に機器類がなく、下が開いていることやもしかしたら、シート自体も少し薄いかもしれません。前のシートの背面についているテーブル(大)と肘掛けに収納された丸テーブル(小)

上部の物入れは棚がガラス製で、下から見えるようになっています。外部の開口部やブラインドは、その棚の中に収まるスッキリとしたデザイン。

ディテールの収まりの美しい、乗るとちょっとテンションの上がる女性らしい車両でした。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

【青梅市釜の淵公園内『旧宮崎家住宅』を見学】埼玉県の設計事務所 青梅市の家づくり

【青梅市釜の淵公園内『旧宮崎家住宅』を見学】埼玉県の設計事務所 青梅市の家づくりの画像

【青梅市釜の淵公園内『旧宮崎家住宅』を見学】埼玉県の設計事務所 青梅市の家づくり

『旧宮崎家住宅(重要文化財)』は、元々、埼玉県飯能市にほど近い、北小曾木村(現:青梅市成木8丁目)の山村にあった民家です。推定築200年。「広間型」と呼ばれる古い型式の間取りを持っている事や、この地方独特の杉皮と茅を交互に混ぜる屋根の葺き方が特徴的な古民家です。東京から埼玉にかけての当時の民家の形態や暮らしの様子がよくわかります。

横須賀美術館で、「せなけいこ展」

横須賀美術館で、「せなけいこ展」の画像

横須賀美術館で、「せなけいこ展」

世代を超えて、共通の話ができる絵本の原画展なので、我が家と同様に、家族3世代で鑑賞していたお客さんも多かった気がします。おばけ関連のグッズも充実で、いろいろ欲しくなります。

お盆の帰省 復路② トヨタ博物館

お盆の帰省 復路② トヨタ博物館の画像

お盆の帰省 復路② トヨタ博物館

まだ、渋滞しているらしいので、もうちょっと時間調整。たぶん近くにあるだろう、トヨタ博物館に行こうかと・・・。豊田市内にあるものだと勘違いしていたのですが、長久手にあるんですね・・・。道を戻るのはちょっとヤな気分ですが、せっかくなんでいくことに・・・。