ディテール

ディテール

【床に座る部屋と椅子に腰掛ける部屋】設計事務所の家づくり

【床に座る部屋と椅子に腰掛ける部屋】設計事務所の家づくりの画像

【床に座る部屋と椅子に腰掛ける部屋】設計事務所の家づくり

「床に座る部屋=和室(畳の間)」と「椅子に腰掛ける部屋(洋室)」とでは、座った場合に視線の高さが40~50cm程度違ってきます。視線の高さが違うので、当然、庭の風景や周りの見え方も変わってきます。和室のような床使いの空間は、その視線に合わせて部屋の重心も低めに設定したほうが、落ち着く空間になるように思います。

【築10年の建物で、大工さんの凄さを見る】

【築10年の建物で、大工さんの凄さを見る】の画像

10年前のに設計した建物で、大工さんの技の凄さを見る

木材は、含水率や経年変化で収縮しますが、収縮の程度は一様ではなく、方向によって異なります。板目方向の収縮率が最も大きくて、柾目方向の約2倍。長さ方向の収縮率は小さくて、横方向の1/10以下です。

直射日光(日差し)を防ぐ

直射日光(日差し)を防ぐの画像

直射日光(日差し)を防ぐ

梅雨の長雨の後は、びっくりするくらい暑い日が続きます。このくらいの気温になるともちろんエアコンは必須ですが、少しでも部屋の温度上昇を防ぐためには、室内に直射日光を入れないことが大事です。

ロールカーテンの収まり

ロールカーテンの収まりの画像

ロールカーテンの収まり

ロールカーテンは、窓枠の下に収めたり、BOXを作ったりいろいろな収まりが考えられます。写真の開口部は、木製で、景色を建具と木枠のフレームで切り取りたかったので、外側に出してしまいました。

コンクリートの擁壁(ようへき)ついて考える

コンクリートの擁壁(ようへき)ついて考えるの画像

コンクリートの擁壁(ようへき)ついて考える

コンクリートの土留めを擁壁(ようへき)といいます。あまりに高い擁壁(ようへき)は、周囲の環境や風景を無機質で、冷たいモノにしてしまいがち・・・。