『無垢材(杉板)とアルミ』埼玉の設計事務所 デザインの考え方

『無垢材(杉板)とアルミ』デザインの考え方

杉板に負けない素材感を出すために・・・

杉板を下のほうから、重ねながら張っていく工法『杉板南京下見張り』の外壁とその壁を四角に切り取るアルミサッシ。杉板には『木材保護塗料』が塗られていますが、浸透タイプの塗装なので、木目や節などの木材の風合いは残ったままです。そこに使用しているアルミサッシは、アルミ色。

アルミサッシには、黒、白、ダークブラウン、アルミ色、ステン(チタン)色など、様々な色のバリエーションがあります。窓廻りの素材や色合いで計画によって、いろいろな色のアルミサッシを使い分けます。しかし、その他の建築材料を選択する際も同様ですが、基本的には、その材料の素材そのものの色を選ぶようにしています。ですから、アルミサッシでいえば、多く使用するのは、アルミ色、ステン(チタン)色のモノ。

フェイクの色が入ると、杉板のホンモノの素材感に負けてしまうことがありますし、使われているその他の、すべての素材が偽物のように見えてしまう危険性もあるからです。

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
ブログ TOP

関連記事

【床に座る部屋と椅子に腰掛ける部屋】設計事務所の家づくり

【床に座る部屋と椅子に腰掛ける部屋】設計事務所の家づくりの画像

【床に座る部屋と椅子に腰掛ける部屋】設計事務所の家づくり

「床に座る部屋=和室(畳の間)」と「椅子に腰掛ける部屋(洋室)」とでは、座った場合に視線の高さが40~50cm程度違ってきます。視線の高さが違うので、当然、庭の風景や周りの見え方も変わってきます。和室のような床使いの空間は、その視線に合わせて部屋の重心も低めに設定したほうが、落ち着く空間になるように思います。

【築10年の建物で、大工さんの凄さを見る】

【築10年の建物で、大工さんの凄さを見る】の画像

10年前のに設計した建物で、大工さんの技の凄さを見る

木材は、含水率や経年変化で収縮しますが、収縮の程度は一様ではなく、方向によって異なります。板目方向の収縮率が最も大きくて、柾目方向の約2倍。長さ方向の収縮率は小さくて、横方向の1/10以下です。

真夏に直射日光(日差し)を室内に入れずに温度上昇を防ぐ方法

真夏に直射日光(日差し)を室内に入れずに温度上昇を防ぐ方法の画像

真夏に直射日光(日差し)を室内に入れずに温度上昇を防ぐ方法

梅雨の長雨の後は、びっくりするくらい暑い日が続きます。このくらいの気温になるともちろんエアコンは必須ですが、少しでも部屋の温度上昇を防ぐためには、室内に直射日光を入れないことが大事です。