blog

blog

埼玉県富士見市の推定築50年の空き家をリフォームして賃貸住宅に活用

埼玉県富士見市の推定築50年の空き家をリフォームして賃貸住宅に活用の画像

埼玉県富士見市の推定築50年の空き家をリフォームして賃貸住宅に活用

その反面、増加しているのが「空き家」です。日本全国の空き家(賃貸用・売買用・二次利用を除く)は、約350万戸(2018年時点)。その数は全住宅の5.6%にも及びます。今後、2030年には470万戸に増えることが推定されています。空き家の増加は、不動産としての有効活用の機会損失にもつながっている一方、防災、防犯、衛生、景観の面からも、地域に不利益をもたらしています。

【昔ながらの「茶の間」を現代のLDKに】埼玉県日高市の古民家リノベーション

【昔ながらの「茶の間」を現代のLDKに】埼玉県日高市の古民家リノベーションの画像

【昔ながらの「茶の間」を現代のLDKに】埼玉県日高市の古民家リノベーション

日高市高麗川に建つ築100年の古民家リノベーション。表(南側)の和室の続き間は客間としてそのまま残して、北側の二間を小ぶりなLDKと寝室に改造しました。小ぶりなLDKは、まさに昔から「茶の間」があった場所。掘り炬燵があって、家族が食事やだんらんなどをするスペースでした。

木造新築住宅の建つ広い敷地に楽しく有機的で管理の手軽な庭空間をご提案(埼玉県狭山市)

木造新築住宅の建つ広い敷地に楽しく有機的で管理の手軽な庭空間をご提案(埼玉県狭山市)の画像

木造新築住宅の建つ広い敷地に楽しく有機的で管理の手軽な庭空間をご提案

敷地が100坪を超えると、外部空間の雑草や庭の管理がとても大変になりますので、快適な暮らしを続ける上で、管理に手間のかからない計画をあらかじめ考えておくことが重要です。数年後の風景を考えながら、管理のしやすい魅力あるお庭を提案しました。

入間市の『ユナイテッドシネマ入間』の隣、「area-T-one」のテナント募集中

入間市の『ユナイテッドシネマ入間』の隣、「area-T-one」のテナント募集中の画像

『ユナイテッドシネマ入間』の隣、「area-T-one」のテナント募集中

『ユナイテッドシネマ入間』の隣、「area-T-one」は、店舗兼オフィスの木造賃貸物件です。敷地の中に点在したグリーンスペースが冬でも空間に彩りを添えています。B棟は現在、テナント募集中です。面積は15坪です。

2023年1月の暮らしの相談デスクが終了しました。

2023年1月の暮らしの相談デスクが終了しました。の画像

2023年1月の暮らしの相談デスクが終了しました。

暮らしの相談では、現在、住宅のリノベーションを検討中のお客様の家で使うための古い木製建具を渡辺さんに見立ててもらって、ご提案したり、他県で住居兼レストランをするための、物件についてのご相談などがありました。「暮らしの相談デスク」では、特に予約は必要ありませんが、時間をかけて相談したいような内容の場合は、事前に時間をお教えしてもらうとお待たせせずに対応できるかもしれません。

【普段見慣れた暮らしを見つめ直す】中古住宅のリノベーションのススメ

【普段見慣れた暮らしを見つめ直す】中古住宅のリノベーションのススメの画像

【普段見慣れた暮らしを見つめ直す】中古住宅のリノベーションのススメ

元々は、煤けた土壁でしたが、シックイを塗り直しして、柱や天井をリペアすると、明るく上品な空間になりました。背景が良くなると、古くさく感じていた置物たちも、空間を彩る立派なアイテムに生まれ変わったような気もしてきます。普段、見慣れているインテリアも、少し手を加えるだけで、見間違えるような初々しい空間に生まれ変わります。

2023/01/14(土)refactory_antiques「暮らし相談デスク」のテーマは「澄む/棲む」

2023/01/14(土)refactory_antiques「暮らし相談デスク」のテーマは「澄む/棲む」の画像

2023/01/14(土)refactory_antiques「暮らし相談デスク」のテーマは「澄む/棲む」

今年最初の「暮らし相談デスク」は、1/14(土)。テーマは「澄む/棲む」です。1月の冷たくピンと張り詰めた空気のように澄んだ気持ちで、「暮らし」を再考してみると、いいアイデアが浮かぶかもしれません。そんな暮らしやご家族のお話を皆さんと共有できたらと思っています。その他、現在のお住まいやインテリア、庭などで気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、雑談をするような感覚でお気軽にお声がけ、ご相談下さい。

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なりの画像

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

完成した新居を引き渡す日は、お客さまはもちろん、私にとっても感慨深い瞬間です。なかでも小さなお子さんが、家中を走り回ったり、無垢材の床に寝転がったりと、五感をフルに使って家を楽しんでいる様は、見ているこちらまで心が躍ります。

【仕事納めと正月飾り】入間市の建築設計事務所の家づくり

【仕事納めと正月飾り】入間市の建築設計事務所の家づくりの画像

【仕事納めと正月飾り】入間市の設計事務所の家づくり

2022/12/29(今日)は、今年の仕事納め。春日部で古民家の改造の打ち合わせです。先日、お邪魔して建物の調査をして、現況の平面図を作成したので、今日はその図面を見ながら、お客さんと新しい暮らしについてのお話です。お客さんやご家族にご希望をお伺いしながら、暮らし方を再構築していく作業は、とても楽しいものです。

BS朝日放送「辰巳琢郎の家物語 リモデル きらり」で放送された所沢市の住宅リノベーション

BS朝日放送「辰巳琢郎の家物語 リモデル きらり」で放送された所沢市の住宅リノベーションの画像

BS朝日放送「辰巳琢郎の家物語 リモデル きらり」で放送された所沢市の住宅リノベーション

埼玉県所沢市で、先祖代々、34代続く神社の宮司さんのお住まい。厳かな歴史のなかで、受け継いできたものを大切にしながら、未来へ続く新しいものと融合させていくことを、私自身も体感させていただいた、実に貴重なプロジェクトでした。こういった番組で、新しい暮らしを丁寧に紐解きながら、住まいのあり方を紹介していただくことができて、思いがけないクリスマスプレゼントをもらったような、うれしい気持ちでした。

建築設計事務所アトリエの大掃除(窓ガラス拭き)

建築設計事務所アトリエの大掃除(窓ガラス拭き)の画像

建築設計事務所アトリエの大掃除(窓ガラス拭き)

アトリエの庭の雑木は、ほとんどの葉が落ちて、落ち葉を集めた堆肥づくりも終わりました。暮れの大掃除の最後は、窓ガラスです。事務所には、エントランス、ホール、中庭、裏庭とたくさんのガラスがあるので、半日仕事になりました。

BS朝日 辰巳琢郎の家物語【トトロの森の神社を守る 34代続く宮司さんの家】2022年12月24日(土)12:00~12:30放送予定

BS朝日 辰巳琢郎の家物語【トトロの森の神社を守る 34代続く宮司さんの家】2022年12月24日(土)12:00~12:30放送予定の画像

BS朝日 辰巳琢郎の家物語【トトロの森の神社を守る 34代続く宮司さんの家】2022年12月24日(土)12:00~12:30放送予定

昨年リノベーションした所沢の日本家屋ですが、BS朝日 「辰巳琢郎の家物語(リモデル☆きらり)」で放送されることになりました。Nさんは元々小学校の教師で、60歳を前に定年され、現在34代目の宮司を務めていらっしゃいます。奥様は小学校の養護教諭。3人のお子さんと一緒にご実家のそばで暮らしていましたが、ご両親が亡くなった後、今回、築40年の伝統的な日本家屋を、現代の暮らしに合った家にリノベーションされることになりました。