ブログ

ブログ

【設計事務所 家づくりの現場】塗り壁(漆喰&聚楽)の下塗りの様子(入間市)

【設計事務所 家づくりの現場】塗り壁(漆喰&聚楽)の下塗りの様子(入間市)の画像

【設計事務所 家づくりの現場】塗り壁(漆喰&聚楽)の下塗りの様子

入間市の新築住宅の工事現場です。家の内部の工事は、大工、塗装工事が終了しました。現在は、左官屋さんが漆喰と聚楽壁の下塗りの作業をしている段階です。グレーの壁の部分が塗り壁の箇所。今は塗り終えたばかりなので、まだ、壁が乾いていない状態です。今の段階は下塗りの状態なので、グレーの壁ですが、期間をおいて壁が乾燥したあとに、上塗りで仕上げていきます。最終的には白いマットな漆喰壁と和室は、土色の聚楽壁になります。

【リビングとバルコニーの境界線を探る】設計事務所のリノベーション(入間市)

【リビングとバルコニーの境界線を探る】設計事務所のリノベーション(入間市)の画像

【リビングとバルコニーの境界線を探る】設計事務所のリノベーション

3階の住居は外部の空間が限られているため、バルコニーの形状は快適性や利便性を向上させる上で、とても重要になってきます。奥行き900mmのバルコニーだとテーブルや椅子も置けない「ただあるだけのバルコニー」になってしまいます。また、バルコニーを単に広げるだけでは、リビング空間が狭くなってしまいます。居住スペース+収納ゾーンを確保することを考えながら、リビングとの境界線を探っていきました。

【デッキ材(セランガンバツ材)の高圧洗浄】家のメンテナンス

【デッキ材(セランガンバツ材)の高圧洗浄】家のメンテナンスの画像

【デッキ材(セランガンバツ材)の高圧洗浄】家のメンテナンス

我が家のデッキテラス2箇所(セランガンバツ材&中古枕木)は川のそばにあるので、湿気が高く、かなり条件の厳しい環境にさらされています。地面からの湿度を防いで、デッキ材の耐久性をあげるためにデッキテラスの下には水勾配のあるコンクリート土間(±防湿シート)を打設していますが、ゴミでデッキ材の目地が詰まったり、デッキ材が湿気で膨張するとコンクリートとデッキ材の間の湿気が抜けにくくなり、材料の劣化が早まるようです。

【薪ストーブのある暮らし】 今日はちょっと涼しくなったので薪割り

【薪ストーブのある暮らし】 今日はちょっと涼しくなったので薪割りの画像

【薪ストーブのある暮らし】 今日はちょっと涼しくなったので薪割り

今日は少し涼しかったので、駐車場のコンクリートの上にずっと置きっ放しになっていた材木を薪に・・・・。しばらくぶりに、チェンソーの刃を新しく交換してみたら、あまりにも簡単に切れちゃうので、ビックリ!最初はこんな切れ味だったのか・・・。10年くらい前のことなので忘れてしまいました。

『白露 草露白(くさのつゆしろし)』【12:00&17:00の光】 設計事務所のアトリエの環境

『白露 草露白(くさのつゆしろし)』【12:00&17:00の光】 設計事務所のアトリエの環境の画像

『白露 草露白(くさのつゆしろし)』【12:00&17:00の光】 設計事務所のアトリエの環境

事務所の建物の周りは大きな雑木に囲まれていて、その枝葉が張り出しているので、夏の時期は室内まで日差しが届くことはあまりありません。ただ、半地下のホール部分は木製の大きな窓が、扇状に東から西の方角までぐるりと180°廻っているので、太陽の動きがよくわかります。約1m地面を掘り込んだ半地下の空間からは、森の中で寝転んだときのような木の葉越しの光がきれいです。夕方になると地平線すれすれに高度が低くなった太陽から、夕陽色の光が差し込みます。

【タモ材(無垢材)の壁をつくる】設計事務所の家づくり(入間市)

【タモ材(無垢材)の壁をつくる】設計事務所の家づくり(入間市)の画像

【タモ材(無垢材)の壁をつくる】設計事務所の家づくり(入間市)

入間市の新築住宅の現場です。数ヶ月続いた大工さんの作業も、もう少しで終了です。今日のお仕事はキッチンカウンター廻りの壁に、タモ材(無垢材)の縦羽目板を張る作業。出隅(90°曲がる角の部分)は、スッキリと見せるために同じ材料を『留め(とめ)』で回しています。

【30年前の単板ガラスのアルミサッシをペアガラスに】設計事務所の家づくり

【30年前の単板ガラスのアルミサッシをペアガラスに】設計事務所の家づくりの画像

【30年前の単板ガラスのアルミサッシをペアガラスに】

築30年の建物に着いている既存のアルミサッシ、30年前はペアガラスがまだまだ普及していなくて、単板ガラスが一般的でした。部屋のリフォームをしても、単板ガラスでは、室内の断熱性能が悪いので、リフォームの優先事項として『ペアガラス』導入は上位のほうにある気がします。サッシ自体を現在の製品に交換できればいいのですが、サッシの交換工事には、どうしても外壁の補修が発生して(足場もかけないといけないので)予算もかかるので、既存のサッシを利用して、アタッチメントを使ってガラスのみを交換することに・・・。

既存のグラスウール(断熱材)を『アクアフォームNEO』に変更して断熱性能をUP!

既存のグラスウール(断熱材)を『アクアフォームNEO』に変更して断熱性能をUP!の画像

既存のグラスウール(断熱材)を『アクアフォームNEO』に変更して断熱性能をUP!

築30年の重量鉄骨造の3Fオフィス部分を住宅にリノベーションする工事です。既存の内壁、天井に張られていた石こうボードを剥がすと、内部にグラスウール(断熱材)が現れました。30年前のモノであると考えると、比較的キレイに施工されています。しかし、構造的に熱気が籠もりやすいので、断熱性能をあげるために断熱材を取り除いて、現場発泡ウレタン断熱『アクアフォームNEO』を施工しました。

【建築設計事務所 アトリエ屋上庭園の芝刈り】2020/09/08

【建築設計事務所 アトリエ屋上庭園の芝刈り】2020/09/08の画像

【建築設計事務所 アトリエ屋上庭園の芝刈り】2020/09/08

今日も暑くなりましたが、夕方には少し気温も下がったので、屋上の芝刈り作業を行いました。暑くて、2週間程度ほったかしの状態になっていたので、雑草もかなりはびこっていますが、一度、芝刈りをしたあとに雑草取りはしようと思います。

【STORM & SUNNY】奥武蔵 設計事務所のアトリエ(窓辺の風景)

【STORM & SUNNY】奥武蔵 設計事務所のアトリエ(窓辺の風景)の画像

【STORM & SUNNY】奥武蔵 設計事務所のアトリエ(窓辺の風景)

台風20号の影響は関東でも・・・。ときおり、強い雨が降り出します。そして、突然、晴れて、気温が上がったり・・・。

【入間市の家づくり】古い幅広の板戸をリペアして再利用

【入間市の家づくり】古い幅広の板戸をリペアして再利用の画像

【入間市の家づくり】古い幅広の板戸をリペアして再利用

今回は、以前の住宅(解体)で使用していた『板戸』をリペアして再利用します。和室に使用していた幅1150mm、高さ1760mmの大きな板戸が4枚残っています。仮置きで仕舞っておいた蔵から取り出して、改めて見てみます。驚くことにこの板戸、1枚板なんです。以前の家で、すでに50~60年は使用されている引き戸なのですが、若干の割れがあるだけで、反りも狂いもありません。他の建物で使われていたモノが、以前の家で転用されたのか、この家のために作ったモノなのかは、定かではありませんが、少なくとも半世紀前のモノだというのは確かなこようです。

『オフィス→住宅』リノベーション (壁&断熱材の解体完了)

『オフィス→住宅』リノベーション (壁&断熱材の解体完了)の画像

『オフィス→住宅』リノベーション (壁&断熱材の解体完了)

埼玉県入間市の住宅リノベーションの現場です。築30年の鉄骨3階建て 住居兼オフィスの建物で、オフィスとして使用されていた3階部分を住宅に改修しています。元々あった室内側の壁下地:石膏ボードがキレイに解体されました。壁の内部、天井裏部分には、以前のグラスウール(断熱材)が敷き込まれていましたが、それもすべて取り除きました。室内の断熱環境を改善するために、新しく現場発泡ウレタン材の断熱材(アクアフォーム)を施工するためです。