埼玉県入間市の木造新築住宅/リフォームは一級建築士事務所/独楽蔵へ

家づくりのために、現地で実際に物件を見ながら購入のためのアドバイス

メールで、土地のご購入を検討されているご家族から連絡がありました。現在、家づくりのための敷地を探している段階で、ちょっと気になっているという物件があるということで、一緒にその物件を見てくれないかというご相談でした。プロの視点から、実際の物件(土地や建物)を見て、客観的にどう感じるかアドバイスがほしいとのことです。

そのような業務もやっていますので、すぐにお返事して、お客さんと一緒に物件を確認することになりました。敷地は閑静な住宅街の中にあって、築50年の2階建て木造住宅が残っている状態でした。見るポイントは、方位(陽当たり)、形状、法規的問題点、地盤、湿気、道路の接道などの敷地に関することや、建物の屋根や外壁、基礎などの劣化の状態、今後のメンテナンスについて、現状の耐震性など多岐にわたります。

現在の状態を細かく説明しながら、この条件で考えられる家づくりについて、建物を解体して新築をする場合、既存の住宅を活用してリノベーションした場合など、可能性を探っていきました。

この住宅は、細かな問題点もありますが、敷地形状や陽当たりもよく、数ヶ月前まで、以前の住人が暮らされていたそうで、庭の草花や建物の隅々にも愛着が感じられて、とてもいい印象を受けました。昨日はあいにく、室内の鍵がなかったので、住宅内部が確認出来なかったのですが、日を改めて内部の状態を確認した上で、ご説明したいと思っています。

土地や住宅は、とても高い買い物ですので、第3者かつプロの客観的な助言やアドバイスがあると、購入を判断する際の手助けにもなりますし、なにより安心される方が多いです。

来週6/8(土)9(日)の「have a LIFE day」では、「暮らし相談デスク」(無料)も、いつも通り行っていますので、このような土地のことや、住まいや住環境にまつわるご相談も、お気軽にお話しください。

アンティーク/ @refactory_antiques
暮らしの相談 / @nagasaki_komagura
季節の草花 / @lamontagneflower
食卓とうつわ / @yui_itoh
革のメンテとオーダー / @ito_leather_studio
本と暮らしの案内人 / @eat___read ※6/8(土)のみ

▪️guest
香りのこと/ @jodan.jp
和菓子/ @tanno_wagashi
Coffee/ @toirowa_home

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、オフィスや古民家、中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

今年も網戸の季節になりました。

今年も網戸の季節になりました。の画像

今年も網戸の季節になりました。

6月も後半になって、日中は夏のような暑さになりました。我が家も、ガラス戸を開け放って、ようやく網戸の季節になりました。庭の向こうの高麗川からは、涼しい川風が流れてきて、朝夕はちょっと肌寒いくらいに部屋の中を冷やしてくれます。

【6月の「have a LIFE day」は6/8(土)9(日)】

【6月の「have a LIFE day」は6/8(土)9(日)】の画像

【6月の「have a LIFE day」は6/8(土)9(日)】

住まいや住環境にまつわるご相談やアドバイスをしている「暮らし相談デスク」(無料)も、いつも通りのんびり行っています。お住まいの家や庭での悩み、DIYやリノベーション、土地や建築法規、耐震補強、お金のことなど、気になることや不明な点は、お気軽にお声がけください。

【木の家:家づくりのあと、家族が増えてうれしい】

【木の家:家づくりのあと、家族が増えてうれしい】の画像

【木の家:家づくりのあと、家族が増えてうれしい】

この家のご家族が、家づくりをしていたのは約3年前。家族はご夫婦2人だけでしたが、今年の年賀状で無事にお子さんが産まれたということがわかりました。先日、連絡をとって、赤ちゃんに会いに、狭山市の家にお邪魔しました。