水戸芸術館は市民のスタンダードになる

久しぶりに水戸芸術館に行って思ったこと

水戸芸術館は、磯崎新さん設計で、完成してから29年経過しています。私自身は、おそらく25年ぶりの訪問です。久しぶりに再会した芸術館は、驚くほど当時の印象そのままでした。管理も隅々まで行き届いており、芝もきっちり刈り込んであります・・・。

管理者によって良くも悪くも変化する建築空間

一般的に、このような不特定多数の人々が利用する施設というものは、管理者による、ちょっとした改修や、看板やサインなどの後付け、利用者による使われ方が変化などによって、当初のカタチや、思想を見失ってしまうケースが多くあります。水戸芸術館もまた、そのひとつではないかという懸念をひそかに抱いていたのですが、それはいい意味で裏切られました。むしろ、ここだけ、時間が止まっているような錯覚を覚えるほど、25年前と変わらぬ空間でした。

水戸の市街地は、他の地方都市同様に、不景気や人口減少などを抱えて、淋しくなっている印象を受けましたが、水戸芸術館だけは、まったくその変化に動じることなく、威風堂々としています。時間が止まったような錯覚さえ覚えるような、ちょっと不思議な感じがします。それがある意味、建築というよりも、遺跡や墓標のような記念碑的な側面を感じることもありますが、決して人々に忘れられて、元気のなくなった空間ではありませんでした。

市民が集まる空間として生き続けている水戸芸術館

ギャラリースペースで行われていた無料の市民美術展を少し覗いてみたのですが、作品の多さ、多様性、そして何よりその熱量に圧倒されました。昔から受け継がれた市民の気質もあると思いますが、この施設がありつづけることによって、芸術に触れる、感じる、創る機会が維持されていて、どっしりと水戸の地に根づいています。

約30年前の竣工当時と比べて、時代の空気感もずいぶん変わってきました。建築は、より軽くて、薄くて、透明なもの。建物自体の存在感やディテールをなくすモノが重宝されています。そんな変化をふまえると、水戸芸術館のように、重厚で、主張のある建物というのは、スタイル的にも財政的な面でも、敬遠される存在なのかもしれません。

しかし、たぶん水戸芸術館は、今後も生き続け、時代を超えて受け継がれ、やがて水戸のスタンダードになっていくのかもしれません。

関連コラム:『マチネの終わりに』とステファニー・アルゲリッチ(水戸芸術館にて)

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
コラム TOP






関連記事

【青梅市釜の淵公園内『旧宮崎家住宅』を見学】埼玉県の設計事務所 青梅市の家づくり

【青梅市釜の淵公園内『旧宮崎家住宅』を見学】埼玉県の設計事務所 青梅市の家づくりの画像

【青梅市釜の淵公園内『旧宮崎家住宅』を見学】埼玉県の設計事務所 青梅市の家づくり

『旧宮崎家住宅(重要文化財)』は、元々、埼玉県飯能市にほど近い、北小曾木村(現:青梅市成木8丁目)の山村にあった民家です。推定築200年。「広間型」と呼ばれる古い型式の間取りを持っている事や、この地方独特の杉皮と茅を交互に混ぜる屋根の葺き方が特徴的な古民家です。東京から埼玉にかけての当時の民家の形態や暮らしの様子がよくわかります。

建築家目線で見る西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』

建築家目線で見る西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』の画像

建築家目線で見る西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』

西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』は、建築家の妹島和世さんがデザイン監修をしたことで、話題になりました。車両もよく見てみると、建築家らしい収まりが随所に見られます。細かなディテール部分の収まりなどを、設計者目線でみてみます。

横須賀美術館で、「せなけいこ展」

横須賀美術館で、「せなけいこ展」の画像

横須賀美術館で、「せなけいこ展」

世代を超えて、共通の話ができる絵本の原画展なので、我が家と同様に、家族3世代で鑑賞していたお客さんも多かった気がします。おばけ関連のグッズも充実で、いろいろ欲しくなります。