【独楽蔵のアトリエ全景】入間市 設計事務所

アトリエの環境

ホームページを見てから事務所を訪れる人は、以外にアトリエが街中にあるので、ちょっとびっくりするみたいです。それも、そのはず、駅からは徒歩6分ですし、目の前には入間市役所があります。

敷地は、ケヤキやコナラ、ソロ、エゴ、イロハモミジなどの武蔵野を代表する木々に囲まれているので、廻りとはちょっと違った雰囲気があるかもしれません。道行く人たちが、「何の建物だろう?」と不思議がりながら、通り過ぎていきます。

自然に囲まれて仕事をしたいと思って植えた樹木がこんなに大きくなりました。掃除とか大変ですが、みんなも楽しんでくれるのでうれしいです。

道路側から独楽蔵(こまぐら)全景

木々に囲まれているだけで、門や塀は設けていない。独楽蔵のアプローチ。
敷地内の駐車場に抜ける小径は、コンクリートの路面に、薪置き場がアクセント。

独楽蔵建築デザインの人工地盤 屋上緑化(芝庭)

設計事務所 独楽蔵の半地下ホール(RC造)の屋上は、屋上緑化のために厚み土が200mm程度入っています。そのグランドカバーは芝。この人工地盤は、2階の室内から直接出ることのできるアウトドア空間でもあります。また、土の断熱性のために、階下の空間を夏は涼しく、冬は暖かい室内空間を保ってくれます。

芝と厚さ約20cmの土の「気化熱」と「断熱性」のおかげで、かなり涼しいんです。「打ち水大作戦」などというイベントもあるようですが、自然が毎日、勝手にセッセと打ち水をしてくれている感じです。階下の室内は感覚的には、蔵の中に入って、ひんやりする感じに似ているかもしれません・・・。猛暑の時でも、そこまでは室温が上がりません。そういえば、蔵も、厚い土壁に覆われていますから、体感は似ているはずですね・・・。

土のおかげで、屋根の防水層も温度変化が少ないですし、直射日光も浴びないので、紫外線に材料の劣化も少なく、ただいま28年間メンテナンスフリーです。

ですから、トータルのメリットに比べれば、芝のメンテナンス作業程度は、かわいいモノなのです・・・・。「芝刈り」や「雑草取り」など、芝の管理の勉強にも一役買っています。

ブリッジの向こうは、カフェ アマルフィとテナントオフィス
2階左側のR屋根がBOXING GYM、右部分が書斎になっています。(上部に小屋裏あり。)

半地下ホールの換気塔
人工地盤上の軒先。ワークスペース
上には露天風呂もあるよ

屋上緑化(芝庭)のボクシングジム K. COUNTRY BOXING GYM

内装は構造用合板にペンキ仕上げ。狭いながらもリングもあります。

アウトドアボクシング K. COUNTRY BOXING GYM

独楽蔵アトリエの駐車スペースに、リングロープを張って外部空間でボクシング。道行く人も、足を止めてスパーリングを眺めていきます。通りにこんな賑やかさがあっても、たのしいですよね・・・。
通りからは、2階の正面にサンドバッグが・・・。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
WORKS TOP

関連リンク(クリックすると開きます)

関連記事:【ムカゴの採れる設計事務所?】建築家のアトリエ(入間市)
関連記事:【ブリッジ+階段+駐車場+バスケットゴール】 設計事務所のアトリエ
関連記事:【ケヤキの保水力】設計事務所 武蔵野のアトリエ
関連記事:設計事務所アトリエの道端「こども文庫」
関連記事:【カフェ アマルフィ(アトリエの敷地内)】
独楽蔵建築デザインの人工地盤 屋上緑化(芝庭)
関連ブログ:【芝生の管理もデザイン次第】設計事務所 独楽蔵のアトリエ
関連ブログ:【雑草と山野草との境界線】設計事務所 アトリエの環境
関連ブログ:【芝+土の気化熱・断熱性】
関連ブログ:【隣の芝が青いのには・・・、訳がある】 (本日 朝の業務は芝刈り)
関連ブログ:【芝のお手入れ:エアレーション】埼玉の設計事務所 奥武蔵のアトリエ 2017/03/17
関連ブログ:【新車購入:芝刈り機のことですけど・・・】入間市の設計事務所 アトリエの環境 2016/07/29
関連ブログ:【設計事務所アトリエ:人工地盤の屋上緑化】 梅雨の間の芝の成長 2015/06/02
関連ブログ:【屋上緑化】 屋上の芝のメンテナンス 設計事務所 アトリエの環境 2012/06/15
アウトドアボクシング K. COUNTRY BOXING GYM
関連ブログ:Kカントリーボクシングジムの練習風景 2012春(入間市) 2012/04/04