埼玉県狭山市の新築木造住宅デザイン

【シンプルだけどホンモノに囲まれた上質な暮らし】

今回の敷地は埼玉県狭山市の住宅街と市街化調整地域の際(きわ)に位置します。敷地の東側は住宅が建ち並んでいる市街化地域、西側から北側にかけて広大な田園が拡がる市街化調整地域です。北東の方向には田畑の奥に智光山公園の緑を眺めることが出来ます。

施主は若いご夫婦です。建て主さんの祖父の代から暮らしている敷地には、ご両親の住宅に連結して祖父母の住宅が建っていましたが、現在、空き家になって使われていませんでした。その家をリノベーションするのか、新たに建て直すのか・・・、「家づくり」は、まずはその方向性を決めることから始まりました。

目 次(クリックすると開きます)

古い住宅を改修するか、新築を建てるか

古いモノを大切にしたいご夫婦は、当初、古い家を直して暮らしたいお考えでした。実際にリノベーションを考えるために、その家も調査させてもらいましたが、建物自体は十分に改築して使える状態でした。ただ、元々の家自体が大きいので、使わない部屋がたくさん出来てしまうことや、居住性を現代のスペックに合わせようとすると、やはり家全体を直す必要があるので、余計な部分にお金がかかってしまうことなど、様々な理由から、新たに木造新築住宅を建てることになりました。

リビングの続き間の和室からリビング方向を見る。

ダイニングテーブルとペンダントライト

造り付けのダイニングテーブルの上には、ライトグレーのペンダントライト。神棚の下がり壁と同じ色調で、とても印象的です。このペンダントライトはデンマークFritz Hansen(フリッツ・ハンセン)社の「SUSPENCE」。ご夫婦のチョイスです。数多くのデザイナーと協力して生まれたFritz Hansen(フリッツ・ハンセン)社の家具は、北欧デザインの代名詞です。

ダイニングスペースの奥の窪みはAVボードとテレビ置き場、その上部は神棚になっています。神棚の高さは1650mm、少し低めに造って日常的な使い勝手に考慮してあります。

リビングの「使う壁」は杉の無垢材

キッチンカウンターとリビングの北側の壁は、モノを飾ったり、張ったりするための「使う壁」。杉板の無垢材なので、押しピンや釘、ビスなど何処でも使うことができます。杉の無垢板ですが、節無しの材料なので、上品な雰囲気があります。

造り付けのダイニングテーブルとアームチェア

ダイニングテーブルは造り付け。天板の材料はメラミン板ですが、日常的に手の触れる縁の部分はタモ材(無垢材)でつくってあります。カウンターと一体になっているので、丸棒の脚一本で固定してあり、テーブルを囲むように座ることが可能です。お掃除も楽ちんです。

ダイニングの椅子はマルニ木工さんのアームチェア。これもお客さんのチョイスです。とても美しいシルエットで、しっかりと包まれるような座り心地も抜群です。アーム部分がダイニングテーブルに干渉しないように、あらかじめテーブルの高さを通常より20mm上げて、取り付けました。

リビングの東側方向を見る

リビングの続き間(和室)、戸襖の開閉の様子と玄関へのガラスドア。

キッチンは濃紺色のモザイクタイル

杉板の目透かし張りの収まり

キッチンの脇には3面違い棚の食器庫があります。リビングの造り付け収納の上部は、配線のコネクターやコンセントを集結させて通信のステーションにすれば、配線がスッキリです。

和室は造り付けの掘りごたつ形式

掘りごたつ形式のテーブルを制作した上がり座敷。L型の戸襖を閉めれば個室空間に・・・。

玄関内部

玄関からリビング方向を見る。障子の明かり取りの向こうは上がり座敷の和室

玄関ドアは製作の木製ドア。お客さんのイニシャルの「H」をデザイン化。

玄関脇のシューズクローク。住宅の入り口はアールコーブのポーチの側面にあります。

アールコーブの玄関ポーチ

アールコーブ(くぼみ空間)を利用したこの家の玄関ポーチの正面には、スリット状のガラスをはめ込んだショーケースがあります。ショーケースは季節の飾りや好きな小物を飾ってもらうためのデコレーションスペースになっています。家の内部(プライベートスペース)と社会(パブリックスペース)の接点に位置する空間(玄関)を彩る暮らしのための仕掛けです。白い背面が開き戸になっていて、室内のシューズクロークの中から開閉できるようになっています。

玄関ポーチのショーケースは、白い背面が開き戸になっていて、室内のシューズクロークの中から開閉できるようになっています。

2階の寝室&予備室