埼玉県狭山市の木造新築住宅デザイン

【アンティークの足踏み式のミシン台の天板を作り替える】狭山市の木造新築住宅の現場

狭山市の新築木造住宅の現場です。大工さんの作業が終了して、現場も工事完了まで約1ヶ月となりました。お客さんとの打ち合わせで決めることもずいぶん少なくなってきました。今日は建築以外の家具や照明、カーテンや外部の話などを中心に・・・。

打ち合わせの際に、お客さんからコーヒーを差し入れてもらいました。暖かい飲み物がありがたく感じられる季節になってきました。折角なので、汚れ防止の養生をした状態ですが、取り付けが完成したダイニングテーブルで打ち合わせをしながら頂きました。段々、家が出来上がった後の風景が見えてきます。以前からお客さんに「足踏み式のミシン台を飾り棚として再利用したいので、ミシンの機械を取り外して、天板を交換したい」と頼まれていました。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

この住宅の完成した様子はこちら↓
WORKS:【温故知新なふたりの、こだわりに溢れた上質な暮らし】

リメイク後のミシン台はこちら↓
【足踏み式シンガーのミシン台のリメイク】

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top