埼玉県飯能市の混構造、新築住宅デザイン

1階:鉄筋コンクリート壁構造の事務所、2、3階:木造の住宅の3階建て混構造の兼用住宅

埼玉県飯能市内の区画整理地域内の住宅です。市内の設備業者さんの事務所兼住宅です。1階が鉄筋コンクリート壁構造の事務所スペース、2階、3階が木造の住宅部分、3階建ての混構造の住宅です。混構造の利点は、1階部分は柱のない広い空間を取れること。2、3階は木造で、荷重が軽いので、通常の木造2階建てのように比較的自由な間取りが組めることです。

1階オフィスのエントランスポーチは、2階のバルコニーが張り出し、軒下になっています。

2階リビングに直接あがるための外タラップ

2階の住宅部分にはもちろん 内部階段がありますが、このエントランスポーチからも外部の階段を使っアクセスすることが可能です。片開きの木製門扉を開けてコンクリート製のタラップから・・・。

御影石の水盤で仕事の内容を表現する

エントランスポーチの軒下には、黒御影石で製作した水盤が備え付けられています。水盤から黒那智石に落ちる水をデザインして、事務所の顔として、設備工事会社の仕事を可視化しています。水盤の上部はガラスで内外が仕切られていますが、水は内部と外部を行き来している仕掛けです。

2階のリビングに続くのは、半円形の断面のコンクリート打ち放しの外階段。

アウトドアの打ち合わせスペース

外タラップの下は、緑に囲まれたデッキスペース。1階のオフィス部分から直接出ることができます。時には打ち合わせも緑に囲まれたアウトドアのデッキスペースで・・・。

2階から1階部分の庭を見る

WORKS:1F鉄筋コンクリート+2.3F木造の混構造(ハイブリッド)人工地盤の庭

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
その後の暮らし TOP