【利休の茶室「待庵」】 「建築の日本展」森美術館② 建築家の家づくり

【利休の茶室「待庵」】 「建築の日本展」森美術館②

一番の見所は、利休の茶室「待庵」が復元されていて、中に入ることができることだと思います。

「待庵」は国宝として京都に現存していますが、
見学には予約が必要で、当然のことながら内部に入ることはできません。

「待庵」は、極小の2畳(たたみがちょっと大きくて、1918mmあるのですが・・・)の茶室で、
天井高も低い部分で1800mmしかありません。

これは図面では、なかなか理解できない寸法なので、
体感できる機会があって本当によかったです。

実際に、内部に入ってみると狭さや暗さは、まったく感じなくて・・・、
ほんとうに広さ感覚や床の間の寸法、窓の位置が、
ちょうどいい塩梅の空間だなぁ・・・と思いました。

片流れの天井(2180mm)や障子が、かなり効果的なことがよくわかりました。

これは必見(必体験)です!ぜひぜひ。

独楽蔵ホームページTOP
コラムTOP