【ガイナーレ鳥取(サッカーJ3)の芝生事業】設計事務所の家づくり&庭づくり

【ガイナーレ鳥取(サッカーJ3)の芝生事業】

設計事務所の家づくり&庭づくり

今朝、J-WAVEを聴いているとガイナーレ鳥取(サッカーJ3)の芝生事業を紹介していました。スタジアムのある弓ヶ浜半島の耕作放棄地を利用して、芝生の生産、販売をしようというものです。芝生事業には、いくつかのきっかけがあったそうです。

①もともと鳥取県は全国有数の芝の生産地であること

②クラブの財源が限られているため、当初からスタジアムの芝生の生産、管理、運営をガイナーレのスタッフが行っていたので、ノウハウがあること

③スタジアムのある米子市、境港市が位置する弓ヶ浜半島の地質は砂地で水はけがよく、豊富な地下水があること

④人口減少、高齢化による耕作放棄地が増えていること

⑤西洋芝が、砂地でも育つこと

弓ヶ浜半島は砂州なので地盤が砂地なのですが、子どもの頃は地面といえば砂でしたし、そーいえば、家の近くには高低差のある砂山も、たくさんありました。

確かにその頃、スコップで地面を掘ると、そこらじゅうですぐに水が出たことを良く覚えていますが、地下水が豊富だったんですね・・・。

地下水があるのは「淡水レンズ」の効果らしいです。「淡水レンズ」とは、海水と淡水の比重差から、地下水(淡水)が海水(塩水)の上に、レンズ状の形に浮いている状態だそうです。知らんかった・・・。

今日の放送でも、米子市長のメッセージもあり、行政と連携した事業だということがよくわかりました。
この芝生事業は、少し前にも、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで紹介されていました。(写真はそれです。)

子どもの頃、よく遊んだ土地にそんな特性があっただなんて、ちょっとビックリです。

全国にガイナーレの芝生が増えるといいですね・・・。近所のホームセンターでも、芝生の産地をよく見てみたいと思います。独楽蔵の家づくりでも、ぜひ使って見たいです。

独楽蔵ホームページTOP
コラムTOP