【建築の設計で一番大事なこと】ずばり「予算計画」です!埼玉 設計事務の家づくり

【建築の設計で一番大事なこと】ずばり「予算計画」です!

いい計画が出来上がっても、算に合わなければ、机上の空論

建築の設計業務をする上で、一番大事なことってなんでしょう?

平面プランでしょうか?配置計画?それとも、デザイン?、耐震性や耐久性といった実務的な要素もあります・・・。

どれも大事な要素ですが、全体の計画の前提となるまず初めの要素は、ずばり「予算計画」です!

いい計画が出来上がっても、それが予算に合わなければ、それはまさに机上の空論ですから・・・。

計画は、まず初めに、お客さんから、ご要望やおおまかな予算をお伺いするところから始まります。

それに合わせて計画をご提案・・・。

予算が潤沢にあるプロジェクトなど、まずありませんので、全体の予算の配分も重要です。

同じ金額でも、出来ることは様々・・・。

常に「予算をどう使うか?」の選択の分かれ道がやってきます。

その選択肢を、お客さんにいかに多く提案するか、また、いかに魅力的な解決策を提示できるか・・・なども、設計者の腕の見せ所です。

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
コラム TOP