【いい空間はアプローチ(イントロ)が大事です!】埼玉の設計事務所 建築デザイン

【いい空間はアプローチ(イントロ)が大事です!】埼玉の設計事務所 建築デザイン

アプローチの演出は、相手の五感に働きかけて・・・

美味しい食事の前に、食前酒や前菜があったり、名曲には記憶に残るイントロがあるように、いい空間を創るためにも、そのアプローチの演出が大事になってきます。

いい空間は単独では存在しません。

いい茶室にも、いい露地(庭)がありますよね・・・。それは、普段の空間や時間の領域から変化したり、境界を越える際の合図、一呼吸になります。サッカーの長谷部選手ではないですが、「心を整える」ための、少し改まった時間や空間です。

今回の現場は、オフィスの応接室の改修工事。

エレベーターから降りて、全体の色調や明るさを抑えられたアプローチを抜けると、明るい応接室に・・・。アプローチの毛足の長いタイルカーペットで、床を柔らかく仕上げて踏みしめた際の感覚を変えます。いつもと違う空間の領域に入ったことを足の裏からも感じさせます。、一転して、床と壁の境の巾木は、アルミの金属仕上げ。床と対照的な堅くて、鈍い光沢を空間のメリハリに・・・。また、アプローチ専用のエアコンを設けて、室温を適度に保ち、外部の空間と肌感覚でも違いを出していきます・・・。

大事なお客様を応接室にお迎えするために、左右に書棚を配置しました。書棚の上部には照明を取り付けてあります。本をライトアップして、光の演出も加えます。ライトアップの照明は、扉の裏側に・・・。扉を開けることはないので、埋め込みにせず、建具の框でちょうど隠れるように制作してあります。

WORKS:この空間の完成写真はこちら

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
コラム TOP