家をデザインするということ(設計事務所の仕事)

家をデザインするということ(設計事務所の仕事)

友人や知人などお会いするいろんな方々に「自分が思い通りの建物をつくることが出来ていいですね・・・。」というようなことを、よくいわれます。それは、決して間違っているわけではありませんが、家を設計したり、デザインしているときは、自分の好きなようにデザインをしているという感覚ではないんです。

また、「ちょっと家のプランを考えてみてよ・・・。」とか「ラフの計画案を出してください」などと言われるようなこともありますが、頭の中につねにプランのストックがあって、パッと出てくるようなわけでもないですし、全体の計画と細かなディテールって、常に同時並行で考えている感じなんです。

やっぱり、実際にお客さんがいて敷地がないと、考えが浮かばないんです。同じカタチの敷地でも、方位や接道、高低差など、廻りの環境が違うだけで全く違った家になりますし、家族構成が同じでも、お客さん次第で、やっぱり全く違った家になっちゃうんです。

「家族のこと」や「お客さんのご要望」、「実際に家が建つ敷地」家を考えるにあたって、それらの要素が一番大きいと思いますが、その他に、予算のこと、建築の法規的なこと、耐震性などの構造的なこと、耐久性などメンテナンスのことなど・・・、家をカタチにするには、いろいろな要素が絡み合ってきます。単独にデザインを考えるというよりは、いろんな側面を考えていくうちに、自然とそういうカタチになっていくという感覚が一番近いかも・・・。

最終的な決め手になるのは、やはり「お客さんが”家”に何を一番求めているか・・・。」ということ。

その「志のようなもの」がブレないように家をつくっていくと、最終的にいい家になるような気がします。(いい家というのは、もちろん「そのお客さんにとって」という意味ですが・・・。)

そんなときは、お客さんも私たちも工務店さんも職人さんも「家づくり」に関わったすべての人々が、HAPPYな気持ちになります。そして、うれしことに、そのHAPPYな気持ちは家があるかぎり、ずっと続いていきます。

そう考えると、やっぱりいい仕事ですね・・・(笑)

独楽蔵 設計事務所 ホームページ TOP
コラム TOP