【焼杉(縦羽目板 )の腰壁】倉吉白壁土蔵群(鳥取)

【焼杉(縦羽目板 )の腰壁】倉吉白壁土蔵群(鳥取)

白い漆喰壁と黒い板張りの腰壁が特徴的な倉吉白壁土蔵群

黒い腰壁は、焼いた杉板を使った縦目板張り。
西日本では、割とよく見かける工法ですが、なぜだが東日本では伝わっていません。

起源についてもよくわからないらしいので、とても不思議なトコロです・・・。

杉を焼くことで、表面に炭化層を作って、
風雨や日差し、塩害、虫などに対して、耐久性を高める効果があります。

杉板は壁に張る前の、板の段階で、焼き加工を行います。

最近ではバーナーで焼いた杉板も流通しているようですが、
従来は、三枚の杉板を三角柱の煙突状に縛って、
その穴の中に詰めた「おが屑」に火をつけて内側を燃やしたそうです。

この方が炭化層が厚いので、耐久性も高いらしいです。

60~70年もつともいわれています・・・。