乾燥が大事!来シーズン以降の薪づくり

乾燥が大事!来シーズン以降の薪づくり

薪は、含水率を20%以下にしないと薪ストーブには使えません。正確にいうと、含水率が高くても、燃やすことはできます。燃やすことはできるのですが、熱が薪の水分を水蒸気にするために浪費されてしまうので、火が燃えていても、ストーブも部屋も全然暖かくならないんです。その上、煙突にすす(タール)が付着しやすくなるので、ストーブ本体にとってもいいことは何もありません。

ですから、作った薪は、少なくとも半年から一年は乾燥させる必要があります。今、作っても使えるのは次のシーズン以降なんです。

チェンソーを使った際にたくさん出るおがくず。パッと見や、触っても乾いているように見えますが、ビニール袋に入れてしばらく置いておくと周りは水滴だらけ。こんなに水分が残っているのかとビックリします。やっぱり、含水率が高いんですね。容易に確認できます・・・。

少し大きなホームセンターに行けば、含水率が測定できる「含水率計」もありますので、使って見るのもいいかもしれません。