【旧家の敷地の中の一軒家】子育て世代のシンプルライフ(川越市)

【旧家の敷地の中の一軒家】子育て世代のシンプルライフ(川越市)

小さいお子さんのいる子育て世代の住宅。これから、お子さんの成長とともに、ベビーカーや自転車、遊具などますます道具が増えてきそうな雰囲気です。雨や雪の日など、傘を持ちながら玄関ドアの鍵の開閉、車からの荷物の出し入れ、ベビーカーの折りたたみなど・・・なかなか大変な作業も増えて日常の大きな問題です。こんな時に、玄関先に屋根ある大きなスペースがあると、両手を使って、落ち着いて支度ができるので便利ですね。

ここで、注意が必要になってくるのが、方位の問題です。リビングの大開口がある南面に、大きな屋根が被っているとせっかくの日差しを遮ってしまいますから、全体の平面計画の中で、玄関とポーチの位置関係をしっかりと考える必要があります。これは、敷地が道路に面している方角、またカーポートの位置によってもかなり変わってくる要素でもあります。

この住宅は敷地の西側からアプローチする配置で、1階部分の大きな下屋の中にポーチと玄関を含んでいます。この下屋が建物を袴のように囲むことで、建物全体を大きく見せるとともに、重心を低くして安定感をもたせています。

関連記事:【ARAIさんの家 引き渡し】埼玉の設計事務所による川越の家づくり 2017/05/09
関連記事:【玄関木製建具(開き戸)】設計事務所の家づくり 川越の住宅設計 2017/04/22
関連記事:【住宅の現場(川越)】埼玉の設計事務所の家づくり 2017/04/11
関連記事:【丁寧な仕事の積み重ね:ガルバニウム鋼板の現場加工】 埼玉の設計事務所の家づくり 2017/03/11
関連記事:【埼玉県川越市で住宅の上棟】埼玉の設計事務所の家づくり

独楽蔵(設計事務所)ホームページ TOP
WORKS TOP