川越新宿町 街中の家(三軒両隣の家:真ん中の家)

川越新宿町 街中の家(三軒両隣の家:真ん中の家)

川越駅から徒歩5分。街中の暮らし

土地の面積が限られる街中で有効なテラスハウス。隣家との壁と共有して、連続して建っている建物のことで、いわゆる長屋です。共有する壁以外、庭やカースペースなどは各住戸専用なので一戸建てに近い感覚かもしれません。

今回の計画は、JR川越駅から徒歩6分の3つ並びの敷地にテラスハウスのような形態で、それぞれ独立して一戸建てを建てるということ。それぞれ3件の住宅は、個別の建物ですが、三軒両隣として、緑やデッキテラス、空地などの環境は、緩やかに共有しようというものです。

川越新宿町 街中の家(三軒両隣の家:真ん中の家)イラスト計画案
WORKS インデックス
独楽蔵ホームページ TOP

関連記事:【通りに開く!オープンマインドなカーポート】
関連記事:【スギ無垢フローリングが気持ちのいい、川越市新宿町の住宅】
関連記事:【Merry Christmas!】
関連記事:【スギの無垢フローリングの経年変化】
関連記事:【切妻屋根が4つ】
関連記事:【水色→天井 青色→壁 白色→壁】 寝室の壁紙 川越の家づくり
関連記事:【 川越市新宿町の家 足場が外れました。】手作りの家づくり
関連動画:【川越の住宅現場 内部木工事完了時】
関連記事:【アクアフォーム(断熱材)は、工事中も涼しい】川越の家づくり
関連記事:【グリーンがきれいな建築現場】 設計事務所の家づくり
関連記事:設計事務所の家づくり【5/16(大安)川越市新宿町で住宅の地鎮祭がありました。】